NBN「靖国」試写会を毎日が報道     
    大西代表運営委員のコメントも紹介

編集部    



  名古屋テレビが5月1日、報道関係者を招待して映画「靖国」の試写会を行いました。実際に映画を見てから自民党国会議員が問題にした点を検証しようと、公開で試写会を行ったことは報道機関として評価されるべきでしょう。
   この試写会の模様は2日の毎日新聞で報道されました。記事の中で本会代表運営委員の大西さんのコメントも紹介されていましたので、毎日新聞の記事を紹介します。



映画「靖国」試写会
反応多くが好意的    〜名古屋150人出席〜
ニセアカシアの花

  全国で上映中止が相次いだドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」。東海地方初の大規模試写会が1日、名古屋市中区の名古屋テレビ放送であり、150人の出席者が話題作に見入った。 上映終了後の反応は多くが好意的だった。
   上映支援運動をしている斉藤亮人・名古屋市議は「靖国神社で何が起きているのかを知らない人も多い。ぜひ見るべきだ」と話した。
   東海放送人九条の会の大西五郎・代表運営委員は「日本人が靖国をどうとらえているかが浮き彫りになっており、外国人監督の目線ならではの作品。反日でも反靖国でもないと思った」。
   書店経営の木村直樹さんは「時には右翼と言われる自分が見ても問題があるとは感じない。靖国を取り巻く情景が濃縮されたような作品だ」と感想を述べた。
   「靖国」は名古屋市千種区のミニシアター「名古屋シネマテーク」が3日からの公開を予定していたが「客の安全が図れない」などの理由で4月上旬に上映延期を決定。
   名古屋テレビが「東京などでは試写会が相次いでいるが、名古屋にはない。表現の自由を考える場を提供したい」とシネマテークに打診して試写会を開いた。6月末からの上映を決めたばかりのシネマテークの平野勇治支配人も会場を訪れ「公開に向けて多くの人の理解を得るために心強い場となった」と話していた。



関連記事

    注目  映画「靖国 YASUKUNI」試写会を見て


    注目  映画「靖国」試写会を見て 〜放送と新聞を素材に〜







やぐら「目次」に戻る