集団的自衛権の憲法解釈変更反対 64%
〜 毎日新聞世論調査で 〜

2014. 3.31    代表委員  大西五郎



大西五郎代表委員

 毎日新聞が3月29、30日に行なった全国世論調査で「集団的自衛権を行使できるようにした方がいいと思いますか」という質問には「思う」は37%しかなく、「思わない」が57%でした。さらに「憲法改正をせずに憲法解釈の変更で集団的自衛権を行使できるようにするという安倍首相の進め方について」賛否を聞いたところ、「賛成」と答えた人は30%しかなく、「反対」と答えた人が64%に上りました。
 二つの質問に対する回答の数字の差は、集団的自衛権を行使できるようにする方がいいと考えている人の中にも憲法を改正せずに解釈変更だけで行使を容認することはおかしいと考えている人もいることを示しています。
 安倍首相が集団的自衛権の行使へ突き進んでいることが民意に逆らっていることは、この調査結果からも明らかになりました。
 この世論調査では4月からの消費税増税についても質問していますが、「景気への影響は一時的」と考えている人は48%で、「長引く」と答えた人は41%。「影響ない」という人も7%いました。しかし消費税増税で「家計の支出を抑えようと思う」人が67%いました。
 消費税は来年10月に更に10%にひきあげることも予定されていますが、10%への引き上げに反対が70%もありました。そして「1年前に比べて、景気が良くなっていると実感していますか」では「実感している」は26%で「実感していないが71%でした。
 それなのに、安倍内閣への支持率は55%でした。安倍首相が進めようとしている政策には賛成しない人の方が多いのに、支持率が高いということはどう理解したらいいのか、答えを出すのは難しいようです。



[主な質問と回答]

集団的自衛権を行使できるようにすることに賛成 37%反対 57%
憲法解釈の変更でそれを行なうことに賛成 30反対 64
安倍内閣を支持しますかする 55しない 27 関心ない 17
安倍内閣を支持する理由は何ですか 
    自民党の首相だから11
    指導力に期待できるから27
    政策に期待できるから30
    政治のあり方が変わりそうだから31




やぐら「目次」に戻る