安倍首相、滋賀県知事選の敗北に
集団的自衛権が影響したと認める

2014. 7.17    代表委員  大西五郎



大西五郎代表委員

 7月15日に投票が行なわれた滋賀県知事選挙は、無所属で立候補した民主党の前衆議院議員の三日月大造氏が、自公が推薦した元内閣官房審議官の小鑓隆史氏に1万3千票余りの差を付けて当選しました。
 滋賀県では一昨年の衆議院選では全選挙区で自民候補が民主候補を破り(三日月氏は比例復活当選)、昨年の参議院選でも自民候補が圧勝しており、この選挙では当初小鑓氏優勢が伝えられていました。しかし7月に入ってから形勢に変化が見られ、石破幹事長や菅官房長官ら自民党の幹部や公明党の山口代表なども応援に駆けつけましたが、結果は三日月氏が勝利しました。
 7月に入ってというのは、7月1日に自民党と公明党の協議が合意に達し、政府が集団的自衛権に関する従来の憲法解釈を変更し、行使を容認する閣議決定を行なったということと関連します。また東京都議会でセクハラやじが問題になり、衆議院でもセクハラやじがあったことも明らかになりました。石破幹事長「集団的自衛権やセクハラやじ問題に有権者や県政以外で支持に影響が出ていることは否定しない」(8日記者会見・毎日新聞)と集団的自衛権問題で自民党推薦候補から有権者が離れていっていることを認めました。
鬼百合  当選が決まった翌日の新聞は「集団的自衛権も影響」(中日)、「集団的自衛権影響」(毎日)、「集団的自衛権など逆風 与党戦略練り直し」(日経新聞)、「集団的自衛権逆風か」(産経)こぞって集団的自衛権の閣議決定が有権者の反発を買ったと評価しました。朝日は「原発再稼働に批判」を第一に挙げ、「集団的自衛権が影響との見方がある」「閣議決定で雰囲気変わった」と伝えました。
 安倍首相は14日に衆議院で行なわれた集団的自衛権に関する集中審議で、民主党の海江田代表から「滋賀県知事選の結果に、集団的自衛権の行使を容認する閣議決定と記者会見を行なったことが影響していると思わないか」と質問されて「集団的自衛権の議論が影響していないというつもりは毛頭ない」と答え、集団的自衛権に対する県民の反発があったことを認めました。
 各種世論調査でも、集団的自衛権の行使容認には国民の過半数が反対しており、憲法を改正せずに内閣の解釈変更で従来行使できないとしてきた国の方針を変えることには3分の2前後の人が反対しています。  安倍内閣の支持率は、発足以来50%以上を保ってきましたが、ここへきて支持率が下がっています。最近の調査を見てみますと、
◆朝日新聞 6月21,22日調査 支持率43%(49%)、不支持33%(30%)
◆毎日新聞 6月27,28日調査 支持率45%(49%)、不支持35%(33%)
◆共同通信 7月1,2日調査 支持率47.8%(52.1%) 不支持40.6%(33.0%)
◆読売新聞 7月2,3日調査 支持率48%     不支持40%
   ( )は前の月の調査
 彼の口癖の「国家を代表している」というならば民意に添った政治を行なうべきで、「影響していないというつもりはない」というならば集団的自衛権の行使容認を一旦白紙に戻すべきです。




やぐら「目次」に戻る