調査の度に下がり続ける安倍内閣支持率
朝日42%、日経48%で 発足以来最低に

2014. 7.29    代表委員  大西五郎



大西五郎代表委員

 朝日新聞が7月26・27日に全国世論調査を行ない、結果を29日の朝刊で発表しました。それによりますと、安倍内閣を支持すると答えた人は前回7月4、5日の調査より2ポイント下がって42%で、第二次安倍内閣発足以来最低になりました。不支持は3ポイント増えて36%でした。
 日経新聞も7月25〜27日に調査を行ないましたが、内閣支持率は6月の調査より5ポイント下がって48%となり、日経の調査では始めて50%を割りました。
 各新聞社や通信社はこのところ毎月世論調査を行なっていますが、調査の度に安倍内閣の支持率は下がり続けています。



原発再稼働に国民は「ノー」


 朝日新聞の調査では、九州電力川内原発の再稼働への賛否を問いましたが、再稼働に賛成は23%しかなく、反対が59%で、「今後、原子力発電は、技術と管理次第では安全なものにできると思いますか、それとも人間の手に負えない危険性があると思いますか」の質問には「安全なものにできる」は25%しかなく、「人の手に負えない危険性がある」が63%でした。
 日経新聞の調査でも、川内原発の再稼働に賛成は35%で、反対が52%でした。国民は安倍首相の言う「世界一安全な技術」を信用していないことがわかります。



集団的自衛権で政府説明に根強い懸念


 日経新聞は、政府が集団的自衛権行使容認を閣議決定したことについての評価を問いましたが、政府の言う「抑止力が高まる」としたのは33%しかなく、「そうは思わない」が47%と政府の説明に疑問を持つ人の方が多く、また、政府が武力行使は必要最小限度に留めるなどの「新3要件」によって行使の範囲に歯止めがかかると言っていることについても、「歯止めがかかる」は23%しかなく、「歯止めがかからない」と思う人が53%で、集団的自衛権行使についての政府の説明に疑念を抱いている人が多いことも分かりました。



内閣支持率低下の原因は強引な安倍首相の手法


 最近の新聞社のどの世論調査でも安倍内閣の支持率が下がり続けているのは、「私のことを右翼・軍国主義者と呼びたいなら呼んだらいい」という安倍首相が国民の声に耳を傾けずに、「戦後レジームからの脱却」「強い日本を取り戻す」という自分が掲げたスローガンの実現にひた走る姿に、国民が「このまま行くと昔の日本に戻るのではないか」という危惧を抱いているからだと思います。
 安倍首相は自分がやりたいと思うことばかりをやろうとするのではなく、国民が何を望んでいるかに思いを致すべきです。



(参考)


内閣支持率

朝日新聞

日経新聞

支持する

42%(44%)

48%(53%)

支持しない

36%(33%)

38%(36%)


川内原発再稼働

朝日新聞

日経新聞

賛 成

23%

35%

反 対

59%

52%

※( )は前回調査(朝日 7月4、5日  日経6月)




やぐら「目次」に戻る