「アベノミクス選挙」が終わった途端    
      「改憲」を言い出した安倍首相

2014.12.17    代表委員  大西五郎



選挙では専ら「アベノミクス」


大西五郎代表委員

 12月14日に投票が行なわれた衆議院選挙は自民党が単独で議会定数の過半数を上回る290議席、公明党の35議席と合せると憲法改正を発議できる3分の2を上回りました。
 安倍首相は翌15日の記者会見で「予想をはるかに上回る国民の支持を得ることができた。『アベノミクスをさらに前進させよ』との国民の声をきくことができた」(中日新聞)と述べました。
 安倍首相は「今度の選挙はアベノミクス選挙だ。日本の経済を再生させるのはこの道しかない」と専らアベノミクスへの支持を訴えました。



「集団的自衛権」「改憲」訴えた?


 ところが15日の記者会見では「公約でも街頭演説でも、集団的自衛権の一部容認を含めた閣議決定に基く法整備を来年の通常国会で行なうと訴えた。国民の支持を頂いた」と述べ、 のこんぎく さらに「憲法改正は自民党結党以来の主張だ。最も重要なのは国民投票での過半数の支持だ。国民的な支持と理解を深めるため党総裁として努力していきたい。」(同)とあらためて改憲への意慾を示しました。
 安倍首相は街頭でも訴えたといいますが、朝日新聞の調査では、首相は2日の公示後全国で74回街頭演説しましたが、安全保障政策にふれたのは全体の半分にも満たない31回で、「集団的自衛権」という言葉を使ったのは13回。選挙戦後半の5日間は一度も使っていません。「憲法改正」も街頭では一度も触れませんでした。(朝日新聞12月17日「安倍政治その先に」第2回)



自民党は48%の得票で75%の議席獲得(小選挙区)


 マスコミでは「自民大勝」と報じていますが、詳細に見てみますと、小選挙区と比例代表をあわせた自民党の獲得議席は290で、改選前より5議席減らしています。
自民党の全候補が小選挙区で獲得した票は25,461,454票で、得票率は48%と半分にも満ちていません。それなのに獲得した議席は223で、小選挙区の295の議席に対する獲得率は75%と、得票率を大きく上回っています。比例代表では得票率33%で38%の議席獲得率です。
 小選挙区制の制度的欠陥によって自民党が漁夫の利を得たといえます。



安倍内閣の安全保障政策不支持 55%       
          共同通信選挙後世論調査


 また安倍首相は「アベノミクスも集団的自衛権でも国民の支持を得た」と言いますが、共同通信が選挙直後の12月15〜16日に行なった全国緊急電話調査では、「アベノミクスで今後景気が良くなると思いますか」と聞いたところ「思わない」が62.8%、「思う」は27.3%でした。「憲法解釈変更による集団的自衛権行使容認などこれまでの安倍政権の安全保障政策を支持しますか」では、「支持する」は33.6%しかなく、「支持しない」が55.1%でした。また「憲法改正に賛成ですか、反対ですか」では「賛成」が35.6%、「反対」が50.6%、「分からない・無回答」が13.8%(17日中日新聞)でした。安倍首相が言うように「アベノミクスも、集団的自衛権の行使でも、国民の支持をいただいた」などと言えるような状態ではありません。



腰を据えて「九条守ろう」を拡げましょう


 安倍首相のいう「戦後レジームからの脱却」は日本国憲法の民主主義、平和主義を敵視し、政府の権力を国民の権利の上に置こうとするものです。「憲法改正に党総裁として努力する」(15日の記者会見)と言っています。今こそ腰を据えて「九条を守ろう」で巾広い結集を作り出しましょう。




やぐら「目次」に戻る