最 近 の 情 勢 の 特 徴

2015. 1.26    代表委員  大西五郎



[1] 安倍首相「戦後70年新談話」構想
    「反省」と「お詫び」引き継がず


大西五郎代表委員

 安倍首相は年頭の伊勢神宮参拝後の記者会見で、今年が戦後70年の節目の年に当たり、新しい「総理大臣談話」を出す意向を明らかにしました。首相は「村山談話、河野談話など歴代内閣の談話を"全体として引き継ぐ"と言いながら、25日のNHKの日曜討論では「今まで重ねてきた文言を使うかどうかではなく、安倍政権としてどう考えているかという観点から出したい」と述べ、これまで村山談話や小泉談話で述べられた「過去の侵略戦争と植民地支配に対する反省とお詫び」に触れない談話にする意向を明らかにしました。
 なお、菅官房長官も9日のBSの番組で「村山談話や河野談話と同じものを出すなら新たに談話を出す必要はない。戦後70年で日本は世界に例のない平和と自由、経済成長を成し遂げた国で、そうした歩みをアピールすべきだ」と述べています。



[2] NHKで「政治」自粛強まる


 お笑いコンビの爆笑問題が7日未明に放送されたTBSラジオの番組で、NHKの「初笑い東西寄席2015」という番組の司会をしたが、放送前にスタッフに「ネタ見せ」をした際に政治家ネタは全て没にされたことを明らかにしました。太田光と田中裕二は「(直接政治的圧力が加わったものではないが)局側が自粛したのだ。最近自粛が色濃くなっている」と語りました。



[3] NHKで自粛強まる (2)


 21日の毎日新聞夕刊の「特集ワイド」によりますと、俳優の宝田明さんがNHKの番組で反戦の訴えを司会のアナウンサーに遮られるということも起きました。
 昨年12月3日にNHKの「ゆうどき」という番組で、宝田さんは自身の近況や「ゴジラ」出演の思い出とともに、幼少時旧満州でソ連軍の侵攻を受けて命からがら引き上げた経験を語り、「戦争は人間の大罪」と語りました。女性アナの「戦争を全く経験していない若い人に伝えたいことは」と問われ、「無辜の民が無惨に殺されるようなことがあってはいけませんね。国家の運命というのは、たかが一握りの人間の手によってもてあそばれている運命にあるんですよ。だから間違った選択をしないよう、国民は選挙を通じて、そうではない方向の人を選ぶのか、あるいはどうなのか・・・」と言ったところで、男性アナウンサーが突然、「その辺は各自、思うところがあるでしょうから、個々の選択がありますけれどね」と制止するように割ってはいり、「戦争を知っている世代としてこれからもいろんな演技を見せていただきたいです。ありがとうございます」とコーナーの終了を宣言し、宝田さんの話を遮りました。


[4] NHKで自粛強まる (3)


 23日の朝日新聞によりますと、「幹部が過剰に籾井会長の意向を忖度している」という声がNHKの現場から起きています。
 昨年12月には、原発や貧困問題を取り上げた番組が衆院選後に繰り延べになりました。担当した職員は「安倍政権への配慮ではないか」と受け止めています。ある幹部は「批判されそうなことには予防線を張る。籾井会長の下、そんな雰囲気が重くのしかかっていることは否定しない」と言います。
 籾井会長は権力との距離が問われる公共放送のトップなのに政府寄りの発言が目立ちますが、別の幹部は「多様な見方があることを踏まえ、時には政権批判も必要なのが報道機関。その感覚を籾井会長は持っていない」と話しています。




やぐら「目次」に戻る