「侵略」と認めたがらない安倍首相、またも
「評価は歴史家に任せたい」の国会答弁

2015. 2. 5    代表委員  大西五郎



「反省とお詫び」は引き継がず


大西五郎代表委員

 今年は第二次世界大戦が終わって70周年に当たることから、安倍首相は8月15日に「安倍談話」を発表する意向です。この「安倍談話」で、先の50周年の村山談話、60周年の小泉談話が「過去の植民地支配と侵略に痛切な反省と心からのお詫び」を述べたことを引き継ぐのかどうか問題になっています。
 「村山談話を全体として引き継ぐ」とは云いますが、安倍談話は未来志向のものにするといいますが、「反省とお詫び」はこれまでのところこの文言は新しい談話では継承しないつもりのようです。



またぞろ「侵略という定義は
学界的にも、国際的にも定まっていない」


 安倍首相は2013年4月の参議院予算委員会で「侵略という定義は学界的にも、国際的にも定まっていない」と答弁して世間をアッと云わせました。中国や韓国から厳しい批判の声が挙がり、アメリカのマスコミからも歴史修正主義ではないかと指摘された過去を持っています。
 この発言がきのう(2月4日)の衆議院予算委員会でもまた出てきました。民主党の細野豪志政調会長の質問に対して「多くの日本人の命が失われ、国土は焦土と化した。結果に対して政治の指導者、戦争指導者に大きな責任があるのは当然のことだ」と述べ、当時の指導者の責任に言及しました。しかし細野氏が「我が国は国策を誤ったと認めるべきではないか」と質したのに対しては「それぞれの判断がある。歴史については歴史家に任せたい」と述べるにとどめました。(2月5日毎日新聞)
 安倍首相は「当時の指導者の戦争の進め方(負けてしまったこと)には指導者として責任があるが、戦争をする方針を決めたことについての責任は問わない。すなわち責任があるとは云わない」という態度です。



「日本人の命の責任は
国の最高責任者である私にある」と云うなら


シナマンサク

 またこの予算委員会では、「イスラム国(IS)」による日本人人質事件についても問題になりました。細野氏が首相の中東訪問中に「イスラム国」の攻撃を受けている国や人々に2億ドルの支援を表明する演説を行なったが、「拘束された湯川氏と後藤氏が危機にさらされる中、言葉を選ぶことも必要だった」と述べたことに対して安倍首相は「多くの難民を受け容れている国々を孤立化させ、困窮化させることは正にISの思うつぼだ。日本のできる支援、連帯を表明することは極めて大切だ。2人がこのような結果になったのは大変残念だ。日本人の命を守る責務はすべからく国の最高責任者である私にある」と述べました。
 安倍首相は「国の最高責任者である私」とか「内閣総理大臣である私」「私の内閣で」というフレーズが好きなようで、しばしば使います。集団的自衛権の行使容認でも「国民の生命財産を守る責任が私にはある」と云いました。
 武力で守るのか、平和国家としてのメッセージを発することによって安全を守るのか、日本が過去に犯した誤りをきっぱりと反省していることを内外に発信することこそが内閣総理大臣としての務めではないでしょうか。




やぐら「目次」に戻る