改憲めざす団体が総会 1000万署名など提起
         九条の会も負けずにがんばりましょう!

2015. 3.20    代表委員  大西五郎



大西五郎代表委員

 早期の憲法改正を目指す「美しい日本の憲法を作る国民の会」が19日、衆議院第1議員会館で本年度の総会を開き、憲法改正に向けて1千万人の賛同者を集める活動を展開し世論を盛り上げる、10月末までに改憲の早期実現に賛同する国会議員の署名を発議要件である衆参両院で3分の2以上集めるなどとした2015年度の運動方針を決めました。総会には自民党、民主党、維新の党、次世代の党の国会議員54人も出席しました。(20日朝日新聞による)
 「美しい日本の憲法を作る国民の会」はジャーナリストの桜井よしこ氏、杏林大学名誉教授の田久保忠衛氏、元最高裁長官で日本会議会長の三好達氏が代表を務めていますが、桜井よしこ代表は「志を同じくする安倍晋三政権である今が憲法改正の最大のチャンスだ」と述べ、改憲運動を積極的に盛り上げるよう求めました。
 産経新聞Web判によりますと、自民党の古屋圭司前国家公安委員長はあいさつで「改憲をめぐる各党の共通認識は、緊急事態条項の必要性だ」と強調、緊急事態条項の創設を急ぐべきだ」と訴えました。次世代の党の平沼赳夫党首は「みんなが一致結束しないと改憲は難しい」と指摘。民主党の渡辺周元防衛副大臣は「理想論だけで国家は守れない」と改憲の必要性を訴えました。
ピンクの梅の花  民主党からも議員が改憲を目指す団体の総会に出席してあいさつしているのですね。民主党は17日に岡田克也代表ら党幹部が衆参両院の憲法審査会への対応を協議しましたが、憲法審査会の審議の前にまず安倍首相の立憲主義への考え方や、首相が「憲法はGHQの素人が8日間で作り上げた代物」と発言したことを踏まえ、現憲法への認識を質すことで一致しました。
 しかし19日の朝日新聞によりますと、民主党は2005年に地方分権や国連の集団的安全保障活動などを憲法に位置づける「憲法提言」を公表し、党内で改憲推進派と反対派が混在していて、改憲に絶対反対というわけではないようです。
 民主党の腰が定まらないのに、改憲派は着々と運動を進める構えで、各都道府県ごとに「県民の会」を作ろうとしており、神奈川、栃木、高知などには既に作られていて、熊本では「女性の会」もできています。憲法改正を求める1000万署名を集めると云っています。
 でもそれを恐れる必要はありません。それを上回る運動を展開すればいいのです。九条の会はすでに各都道府県にできています。「美しい日本の憲法を作る国民の会」が1000万署名ならば「九条を守ろう」の署名をその倍以上集めればいいのです。
 安倍首相を先頭に改憲派が動きを強めています。今年は私たち九条の会にとって特別に大事な年になりそうです。心を決めて、私たちの決意を改憲派に示すため積極的に集会に参加するなど今まで以上に力を出し合いましょう。




やぐら「目次」に戻る