首相が一転
    「我々はポツダム宣言受け入れた」と云うが・・

2015. 6. 2    代表委員  大西五郎



「ポツダム宣言は読んでいない」と言った首相だが


大西五郎代表委員

 「ポツダム宣言は詳しく読んでいない」と国会で答弁した安倍首相が一転「我々はポツダム宣言を受諾し、その後の東京裁判の諸判決を受け入れた」と述べました。
 5月20日の衆議院の党首討論で、共産党の志位委員長が「日本の戦争は間違った戦争だったという認識はあるか」と問いかけたのに対し安倍首相は間違った戦争と思うかどうかを明らかにしませんでした。そこで志位氏がさらに「戦後の日本はポツダム宣言を受諾して始まった。ポツダム宣言は日本の戦争を世界征服のための戦争で侵略だったと判定している。」と指摘すると、安倍首相は「ポツダム宣言のその部分はつまびらかに読んでいないので、論評は差し控えたい」と述べました。(5月22日の拙著<ものみやぐら>参照)



「ポツダム宣言を受け入れた」


 2日の朝日新聞とNHKのニュースによりますと、安倍首相は1日の安全保障関連法案の特別委員会で、連合国側が日本の無条件降伏を勧告したポツダム宣言と、戦争指導者を裁いた東京裁判(極東国際軍事裁判)について ガクアジサイ 「我々はポツダム宣言を受諾し、その後の東京裁判の諸判決を受け入れた。それに尽きる」と述べました。(都合が悪ければ詳しく読んでいないで逃げようとしたのか?)
 民主党の細野豪志政調会長がポツダム宣言の第6項は日本の戦争を「世界征服の挙」と断じていることを挙げて首相の認識を質したのに答えたものです。安倍首相はポツダム宣言について「6項の世界征服を含めて、当時の連合国側の政治的意図を表明した文書だ。政府としては同項を含め、ポツダム宣言を受諾し、降伏したことに尽きる」と答弁しました。またサンフランシスコ講和条約に言及し、「(日本は)極東国際軍事裁判所の判決を受諾しており、それに異議を唱える対場にはそもそもない」とも述べました。


指導者責任にも言及


 さらに、指導者の責任について、「戦争の惨禍を二度と繰り返してはならないという決意で、戦後の平和国家としての歩みを進めてきた。そうした結果を生み出した日本人の政治指導者には、それぞれ多くの責任があるのは当然のことだろうと思う」延べました。



本人の覚悟なのか、当時の政府のことを云っているのか?


 朝日新聞は「首相の答弁は戦後70年に合わせた談話発表を前に、欧米やアジア諸国から『歴史修正主義』と懸念されていることを払拭する狙いもあるとみられる」と論評していますが、彼は本心から「ポツダム宣言の通りだ」と思っているのでしょうか。彼は「私は」というフレーズを避けているように思えます。つまり「ポツダム宣言は当時の政府が全面的に受け入れたのだ」「それに尽きる」「私の政治信条とは違う」と云っているように私には思えますが、皆さんはいかがでしょうか。




やぐら「目次」に戻る