NNN調査で集団的自衛権行使反対 62.5%、
    安倍内閣支持率は 41.1% と誕生以来最低

2015. 6.15    代表委員  大西五郎



大西五郎代表委員

 NNNが6月12〜14日に新安全保障法制や安倍内閣について世論調査を行い、その結果を14日夜のNNNニュースで発表しました。
 国民の間には、法案が憲法に違反しているという疑念や安倍内閣の審議の進め方に強い不満があることがうかがえる結果でした。このため安倍内閣への支持率も内閣結成いらい最低となりました。
 以下各質問項目に添って回答内容を見ていきましょう。


[集団的自衛権の行使反対62.5%]

Q  安全保障関連法案のなかには、憲法の解釈を変えることによって、同盟国などが攻撃を受けた場合、日本が攻撃をされたことと見なして、反撃することができる集団的自衛権の行使を、実際に行なえる内容が含まれています。あなたは、実際に、集団的自衛権を行使できるようにすることでよいと思いますか、思いませんか。

 (1)思う

23.8%

 (2)思わない

62.5%

 (3)わからない、答えない

13.7%


[集団的自衛権の行使は憲法に違反する51.7%]

Q 衆議院の憲法調査会での審議で、出席した3人の憲法学者全員が、法案に含まれている集団的自衛権の行使について、憲法違反にあたると表明しました。これに対して安倍内閣は、これまでの憲法解釈の範囲内にあり合憲だと説明しています。あなたはこの法案には、日本国憲法に違反する内容が含まれていると思いますか、思いませんか。

 (1)思う

51.7%

 (2)思わない

16.8%

 (3)わからない、答えない

31.6%


[安倍内閣は法案の内容を国民に十分説明していない78.7%]

Q あなたは、安倍内閣が、この法案の内容について、国民に十分に説明していると思いますか、思いませんか

 (1)思う

12.5%

 (2)思わない

78.7%

 (3)わからない、答えない

8.8%


[今国会での法案成立はよくない63.7%]

Q あなたはこの法案を、今の国会で成立させることでよいと思いますか、思いませんか。

 (1)思う

19.4%

 (2)思わない

63.7%

 (3)わからない、答えない

8.8%


[アベノミクスは順調に進んでいない56.2%]

Q あなたは安倍総理が進めている、大胆な金融緩和、財政出動、成長戦略を組み合わせる、アベノミクスといわれる経済政策は、順調に進んでいると思いますか、思いませんか。

 (1)思う

21.8%

 (2)思わない

56.2%

 (3)わからない、答えない

22.0%


[安倍内閣支持率は3カ月連続低下]

Q あなたは、阿倍晋三連立内閣を支持しますか、支持しませんか

 (1)支持する        41.1%
         (前回5月調査)  43.5%
         (前々回4月調査) 46.6%
 (2)支持しない       39.3%
         (前回5月調査)  35.4%
         (前々回4月調査) 37.7%
 (3)わからない、答えない  22.0%


[安倍首相支持は「他に代わる人がいないから」33.8%]

Q 支持する理由は何ですか(1〜3位)

 (1)他に代わる人がいないから

33.8%

 (2)支持する政党の内閣だから

21.3%

 (3)安倍総理の人柄が信頼できるから

17.6%


[不支持の理由「政策に期待が持てないから」43.7%]

Q 安倍内閣を支持しない理由は何ですか(1〜3位)

 (1)政策に期待がもてないから

43.7%

 (2)安倍総理の人柄が信頼できないから

22.5%

 (3)支持する政党の内閣でないから

12.6%


<参考>
 最初の質問(あなたの支持している政党は・政党支持率)の答え


 自民党

40.8%

 民主党

13.1%

 日本共産党

5.2%

 公明党

3.8%

 維新の党

3.2%

 社民党

1.7%

 生活の党

1.7%

 新党改革

0.1%

 支持政党なし

28.4%

 わからない・答えない

3.7%



安倍内閣支持率についての個人的な感想


 この種世論調査での内閣支持率についていつも不思議に思うのは、内閣の政策や国会運営については否定的な回答が多いのに、内閣支持率が高いことです。
菩提樹の花  今回のNNNの調査でも、安倍内閣が進める新安保法制など内閣が進める政策に否定的な答えが多く、普通なら内閣支持率はもっと低くなると思うのに、最初に内閣支持率を聞いていますが、それなりの支持率の高さを維持しています。社会学者で元法政大学教授の五十嵐仁さんが提起しておられるように、個々のテーマについて賛否を聞いてから、最後に「では、このような政策を行っている内閣を支持しますか」と聞くべきだという提起をもっともだと思います。報道機関に提起していきたいと思っています。


 ※なお、NNNの調査はこれ以外にも質問がありますが、インターネットで「NNN世論調査」を検索しますと、読むことができます。




やぐら「目次」に戻る