倉本聡さんが「民意無視 首相は独裁者」
選挙の時のマスコミの報道も問題と批判

2015. 7.23    代表委員  大西五郎



大西五郎代表委員

 愛知私学教職員組合連合会や私学をよくする愛知父母懇談会、愛知県高校生フェスティバル実行委員会などが主催して毎年夏に名古屋でサマーセミナーが開かれていますが、今年も7月18日から20日まで、淑徳中学、高校、大学を会場に開催されました。このセミナーでは各界の著名人が講師を務めていますが、「北の国から」などの脚本家として知られる倉本聡さんも講師として参加、20日に「あなたは文明に麻痺していませんか〜真の文明とは〜」という特別講義を行いました。
 倉本さんは安全保障関連法案に反対する市民団体「戦争をさせない1000人委員会」の呼びかけ人の1人ですが、講義の後中日新聞のインタビューを受け、安全保障関連法案の衆議院での強行採決など現政権の政治運営について次のように批判しました。



戦争の過去を忘れないで


 倉本さんは東京の出身。国民学校1年生の時に太平洋戦争が始まり、空襲で自宅が焼失した経験を持っています。
 「弾の飛んでくるヒュルヒュルという音や機関銃掃射で狙われる音など、皮膚感覚で体験しないと、『戦争』が何かわからないだろう」と自分の経験を話し、安保法案成立を目指す政治家には「賛成するなら、首相も含めて自分が前線に立つべきだ」と憤りました。



民意無視 首相は独裁者に


 他国を武力で守る集団的自衛権の行使容認を柱とした安保関連法案が衆院を通過しましたが、倉本さんは民意を押し切って採決したことについて「首相は民意を無視しており、政治家というより独裁者になりつつある」と批判しました。そしてその一方で、「選挙で自民党を選んだ国民にも問題がある」と述べました。昨年末の衆院選で安倍首相は経済問題を主たる争点とし、自民党が大勝しましたが、「選挙の陰に安保法制が隠れていたことに気づかなかったわれわれの責任であり、それを伝えなかったマスコミの責任でもある」と指摘しました。



マスコミは「安保も争点」とはしたが、アベノミクスに焦点


 倉本さんが指摘した点を実際の報道で見てみます。総選挙は12月2日に公示され、14日に投票が行なわれました。2日の新聞各紙は「経済(アベノミクス)。集団的自衛権、原発再稼働が争点」と指摘しています。ただ集団的自衛権について「争点」に挙げながら、問題点を詳しく指摘することにはなっていませんでした。



(各紙の主な記事)


朝日

・各党公約 経済政策、集団的自衛権、原発 浮かぶ距離感
・「集団的自衛権行使容認「評価しない」 でも投票は「自民」多く(1日)
・8党首討論会 首相「物価目標達成を」「財政再建、黒字化来春までに達成」
・中東機雷除去 公明代表と見解ずれる(2日)
・各党第一声 自民・アベノミクスを前面 野党・争点の多様化を模索(3日)


毎日

・8党首討論 首相経済に集中 一強維持狙う自民党(2日)
・「経済」で論戦の火ぶた 各党首第一声 首相「安保」封印 民主は消費税避け(3日)


中日

・8党首討論会 専守防衛めぐり激論 経済政策 党首攻防(2日)
・各党第一声 成果と格差訴え 寒風日本どの道へ(3日)


読売

・アベノミクス論戦 安保法制あいまい表現 舌戦経済に集中 ・8党首討論会詳報 景気・消費で応酬(2日) ・経済政策9党競う アベノミクス争点 第一声景気に重点(3日) ・社説「経済戦略の強化最優先にせよ」(16日)


公示2日後に早くも揃って議席予想


選挙公示2日後の12月4日に各紙が一斉に「選挙結果の予測」を発表しました。


朝日

・自民300議席超す勢い 民主伸び悩む 各選挙区の情勢

毎日

・自民300議席越す勢い(全国電話調査)

読売

・自公300超す勢い(序盤の情勢)

中日

・自民過半数から大幅増も(選挙区情勢)


そして15日の朝刊は各党の獲得議席をどう伝えたか


朝日

・自民大勝 3分の2維持 首相、改憲論議を推進表明
・経済に争点一本化奏功 改憲「国民的理解に努力

毎日

・自民横ばい 291議席 自公3分の2維持 共産倍増

読売

・自公圧勝325 全議席の2/3上回る 「自民支持」10ポイント増

中日

・自公3分の2維持 首相「経済と安保を最強に」
・安倍カラー加速 野党沈む
・(16日)首相「安保法制に信任 改憲、(原発)再稼働も実現」


 選挙でマスコミは集団的自衛権で正面から国民に問題を提起しなかったし、アベノミクスは伝えても、安倍首相のいう効用を伝えるだけで、アベノミクスが持っている問題点を提起しなかった。倉本さんが指摘されたように、マスコミの責任は重いと思います。




やぐら「目次」に戻る