安保法制の影が 地方の政治にも及んでいる

2015. 8. 8    代表委員  大西五郎



安倍支持率低下で平野氏岩手知事選断念


大西五郎代表委員

 岩手県知事選に立候補を表明していた現参議院議員の平野達男氏が7日に知事選出馬断念を表明しました。平野氏は元民主党野田内閣の復興大臣。現在は新党改革に所属しています。知事選には無所属で立候補し、自民党と公明党が支援を打ち出してしていましたが、現職で三選を目指す現職の達増拓也氏の優勢が明らかになったため、出馬を取りやめました。
 平野氏は立候補断念の理由として「県政ではなく国の安全法制のあり方が争点になった。私の本意と大きくかけ離れた状況だ」と述べました(中日新聞)。  新聞各紙の分析によりますと、もともと平野氏に立候補を持ちかけたのは自民党で、小沢一郎氏の影響が強い達増知事を追い落として、岩手県政を自民党に奪還することを狙いましが、参議院で審議中の安全保障関連法案をめぐる与野党対立の影響で、自民党と安倍首相の支持率が低下していることが情勢判断に影響したようです。
 平野氏は現職の参議院議員ですから、平野氏が議員を辞職して立候補すると、知事選の後に参議院議員の補欠選挙を行わなければなりません。「仮に知事選と参院補選に連敗すれば、自民党内で『安倍首相では来年の参議院選は戦えない』という声が高まり、首相の求心力が一気に下がる可能性もあった。こうした情勢から、首相側近は7月下旬に谷垣幹事長に『平野氏が知事選を断念すれば、知事選と補選の2連敗はさけられる』と助言した」(朝日新聞)そうです。


仙台市議選でも安保法案自民に逆風


睡蓮

 今月2日に投票が行なわれた宮城県仙台市の市議選で、自民党は18議席から16議席に減らしました。前回選挙では5つの全選挙区ともトップ当選は自民党でしたが、今回は自民党のトップ当選は一人もいませんでした。公明党も得票を減らしました。
 代わって躍進したのは共産党で、5つの選挙区で7人が当選し、うち三つの選挙区でトップ当選を果たしました。仙台市議選で共産党が選挙区でトップ当選したのははじめてのことだそうです。
 「共産党が大きく得票を伸ばしたことが永田町に波紋を広げている。安保関連法案の国会審議が影響しているとみられ、公明党からは『逆風になっている』との声が上がった。」「『地方で苦労して選挙している中、政府が足を引っ張っている』と苛立ちを隠さなかった」とも毎日新聞は伝えています。


埼玉知事選(9日投票)でも自民劣勢


 あす9日には埼玉知事選挙の投票が行われますが、報道各社の調査では、自民党が推す総務省官僚の新顔が多選の批判もある現職の上田清司氏にリードを許していると伝えられます。
 結果は間もなく明らかになります。多分報道各社の推測どおりになるでしょう。安倍首相には”お友達”からどんな情勢分析が伝えられているのでしょうか。耳ざわりのいい情報しか伝わっていないような気がします。それですと彼の常套句の「最高責任者」が判断を誤る危険があり、「守るべき日本の国民の安全」も危うくなります。マスコミも耳の痛いことをどんどん指摘すべきです。




やぐら「目次」に戻る