品川正治さんの講演から

    日本国憲法九条は
             戦争を人間の眼で見てる

文責  佐藤隆三       



アカシアの花

  六月三日、市民会館で開かれた全国革新懇、革新・愛知の会主催の「講演と音楽の夕べ」に行ってきました。そこで、経済同友会の終身幹事で、全国革新懇の代表世話人でもある品川正治さんの講演を聴き、すばらしい感動の体験をしましたのでここに憲法に関わる部分の報告をさせていただきます。

   会場は中ホールでしたが、後ろには立ち見も出るほどの盛況で、品川さん自身「この熱意ある会合にお招きいただきましたことは、私にとって忘れることの出来ないひとつの想い出になる」と述べ、「自己紹介かたがた私の信条のよって来たるところを申し上げて、皆様方のこれからの活動に少しでも役立つようにお願いしたいと思っています」と講演を始められました。



「若い君たちを死なして…」と三好達治さん


  品川正治さんは一九二四年生まれ。最初の二十二年間は大日本帝国憲法の下で臣民として、あとの六十二年は日本国憲法の主権者たる国民のひとりとして生きてきました。小学校に入ったころには満州事変が始まり、中学に入った時にはシナ事変と呼ばれる日中戦争が始まります。高等学校に入ったときには太平洋戦争が勃発、戦争に明け暮れた日本だったのです。
   品川正治さんは京都の三高に現役で入学します。当時の状況について「私が入学した時には学生だと云っても徴兵猶予はなくなった年です。高等学校に入りました時には、あと二年しか学問ができない、二年の間にどうしても読んでおきたい本、身につけておきたい学問については、この残された二年の間に終えてしまう、そういう感じをすべての学生が持っておりました。一浪、二浪、三浪の人たち、これはもう明日招集令状が来てもおかしくない、そういう状況でした」と述べています。
   授業が終わると先生の方から学生に向かって深々とお辞儀をされる。あの学生は既に招集令状を貰っているはずなのに、最後の授業として俺の授業に出てくれた。そういう感じがその先生の態度に現れていて、学生にも先生の気持ちが伝わる。それはどのクラスでもそうだった。というのは召集令状を受け取ってから最後の授業に出ている学生というのがどのクラスにもいたからです。
伊吹山の高山植物「二輪草」    「学校は寛大だった」と品川正治さんは話します。このまま授業をつづけることは難しいだろう。軍需産業に勤労奉仕に行っている人、戦場に赴く人がいます。このまま授業をつづけるのは止そうと学校当局は決断します。それで、あの先生の講義を一度だけでも聴いてみたいという学生の要望を聞き取り、特別講義が開かれた。
   物理学者の湯川秀樹さんの講義、あるいは哲学者の田辺元さんの講義などが行われます。そのなかで品川正治さんが感動を込めて話されたのは詩人の三好達治さんのことでした。
   「当時日本の詩壇の代表的な存在でした三好達治さんという方がおられたんです。春の岬という詩集をお出しになって、たいへんな人気も持っておられました。この方は一度も教壇で講演された経験のない方なんです。しかし学校当局は福井の田舎に隠棲しておられた三好さんを呼んでこられた。三好先生の講義はたいへんな人気でした。ところが、五日間の講義が終わりまして『これで講義を終わります』とおっしゃった途端に壇上で号泣されたんです。『若い君たちを死なして俺が詩を作れるか』、そうおっしゃって動かれないんです。最後はうずくまる。頭を抱えてうずくまわれてしまう。それを学生のほうが宥めすかして教員室までお連れした。そういう記憶は私にとっても忘れられない記憶なんですね。」



「この男たちは死にに行くんだ」と


   当時は子どものときから忠君愛国の精神的な動員を受けています。そのころ品川正治さんが思い悩んでいたのは、「本当にこの国は間違いを犯してないのか、国家が戦争をやってるときに、国民のひとりとしてどう生きるのが正しいのか、どう死ぬのが正しいのか」ということでした。
シャゲ    品川正治さんは二年生の秋に招集令状を受け取ります。それで鳥取の連隊に入りました。ここで入隊の日に異常なショックを受けることが起こります。
   「私たち一緒に入った全員百二十名、これが与えられた軍服に着替え終わった途端に、全連隊に響き渡る非常呼集がかかったんですね。私たちはなんのことか全然判りませんでした。しかし、『今日入った全員は完全武装して営庭に整列しろ』そういう命令が発せられて、みなあわてて完全武装した格好で営庭に出て行きました。それに向かいあった格好で、鳥取連隊全員二千数百名が整列しておられたんです。連隊長がやおら演壇に上がられ、非常呼集の意味を云われた。『全員は今日入隊した兵隊の顔をよく見ておけ、この男たちは死にに行くんだ。この男たちを殴ったりするような将兵がおれば俺は即座に斬るぞ』そうおっしゃられた。私たちも招集を受けて軍隊に入った以上は戦死を覚悟しておりました。しかし、軍隊ではっきりと区別されて、この男たちは死にに行くんだと言われたことに、入隊した全員は非常に強い衝撃を受けました。」
   そして、本当に言われたとおり、二週間しか鳥取の連隊にはいなくて、中国の黄河の南、まだ落としていない西安と向かい合っている最前線に送られます。
   「たった二週間しか基礎訓練を受けておりませんでしたが、私は擲弾筒兵(てきだんとうへい)として、明けても暮れても戦場に立っておりました。白兵戦も経験しました。また迫撃砲の直撃を受けて、何時間かまったく意識がなくなって、そのまま戦場に倒れていたという経験もあります。」
   品川正治さんは椅子に座って講演をされていました。私はご高齢のためだと思っていました。ところが、「いまこのように座らせていただいているのも、まだ足に破片が残っている、そういう状況でございます。」ということだったのです。
   しかし品川正治さん自身はこのような悲惨な戦争体験があるにもかかわらず、これまで戦争の生の体験をあまり語ってこなかったと云います。それは私以上に悲劇的な戦線におられた方たちの実情をある程度知っていて、その人たちと比べると「私も中国で戦争しました」とは口幅ったくて言えないなぁという感じが強かったと言います。
伊吹山の高山植物「立坪すみれ」    その悲劇的な戦線とは、南太平洋のニューギニアとかガダルカナル、或いはビルマのインパール、フィリピンのレイテでの戦闘です。ここで戦った人たちで敵の弾に当たって死んだ人は二割、多く見積もっても三割です。あとは全員餓死している。その餓死もほんとうに口にするものが何もなくて餓死したわけではなく、「もう俺をここで放っておいてくれ、もうここでさよならさしてくれ」と部隊に言って、その場にしゃがみこんでしまう。その日がその方の戦死の日になる。軍隊の内規では「隊と分かれたその日をもって戦死とする」となっています。ご家族にはその日に戦死したと伝わっていきます。
   もうひとつの悲劇的戦線は、硫黄島とか沖縄、サイパン島、アッツ島などです。ここでは玉砕しか方法がない。勝つなんてことは考えられない。それを覚悟で戦闘を続けておられた方々です。



トラウマは60年経った今も消えない


   もうひとつ戦争体験を残すことのこだわりがあります。それは戦場でのトラウマです。
   「なぜ、どうしてあなただけそんな戦争から生き残ったの」とひと言問いかけられるとあとの言葉が出ないと品川正治さんは言います。
   品川正治さんの話は戦場での体験に進みます。「ある激しい戦闘で、私から十四、五メートル離れた防塁にいた戦友が大きな声で『やられた』という叫び声を上げたんです。私は擲弾筒兵です。壕でもう一人の戦友と一緒にいたんです。その男の顔を見ました。激しく頭(かぶり)を振りました。ダメだ、私に言っているんですね。また、現実に雨霰(あめあられ)のように敵弾が飛んでくるなかで自分の壕を飛び出してそこに助けに行くということは客観的に考えてみても無理だったろうと思うんです。しかし『なぜあの戦友を助けなかったのか』という大きなトラウマが残りました。復員して私が大学に戻っておりましたときに、その亡くなった戦友のお母さんが東京まで私を訪ねてこられたんです。島根県の山奥から。それで息子の最後を一番よく知っているのは品川正治さんだろうから、話してくれと言われたんですけれども、私はオモテを上げることさえできませんでした。」と述べています。
伊吹山の高山植物「山延胡策ヤマエンゴサク」
  しかし、そういう悲惨な戦線で戦い、生き残った方たちも今ではほとんど亡くなっており、品川正治さんは、いま自分の体験を伝えなければ、戦争の悲惨さが伝わらないんじゃないかと考えるようになります。
   「トラウマというのは六十年たった今でも消えることがないんです。そういうことを承知の上で私は、もう今お話しないとこれから伝わらなくなるんじゃないか。そういう気持ちを抱えて八十歳を超してからようやく自らの戦闘体験を人の前でお話するってことを自分の課題としてやってきました。」と自らの決意を説明します。
   そして自身の体験から、戦争は国家という抽象的なものが起こすのではなく、戦争を起こすのは人間だとして次のように解明します。
   「私は戦争というものに関して、学生時代、国家が起こした戦争のなかで国民の一人としてどう死ぬのが正しいのか、また抽象的に国家は本当に理性的に動いているのか、ということで悩みました。それこそが人生の課題だったんです。ところが戦争が終わってみて自分で哲学を勉強しておったわけですが、何を勉強しておったのかという後悔に捕らわれました。
  はっきりしていることは戦争というのは地震でもありません、天災でもありません。また、国家という抽象的なものが起こすんじゃないんです。戦争を起こすのも人間なんです。戦争を起こした方が利益が上がる、或いは日本の場合をとりますと軍部が政権を握った方がいいとか、そういう形で戦争を起こすのも人間だ。それを許さず止めることができるのも人間だ。おまえはどっちなのか、その問いこそが本当の問いじゃないか、国家が起こした戦争のなかで国民の一人として正しく生きるというのはどういう生き方なのか、そればかり考えていた自分が惨めでした。しかし、先ほど申し上げましたように戦争を起こすのも人間だ、止める努力が出来るのも人間だ、これをはっきりと自覚しましてからはこれが私の座標軸になりました。俺はどっちなんだ。それをはっきりと問う。これが戦後の私の一貫した生き方になっております。」



九条まで読んできて、声が詰まる


   講演は、品川正治さんが初めて日本国憲法に接した日のことに移っていきます。この日のことは今でもまざまざと憶えていると品川正治さん。
リンゴの花   「中国で終戦を迎え翌年の五月山陰の千崎という港に復員して参りました。その復員船のなかで日本国憲法草案が発表された日の新聞、もうボロボロの新聞です、それは朝日もあれば毎日もあれば読売、山陰日報などもある、それら民家から集めてきた新聞を各隊に配り、おまえ達は明日上陸する、日本国憲法草案が既に発表されておる、これをよく読んで帰れ、という趣旨だと思うんです。
  隊長がその新聞を受け取って、『品川、大きな声で皆に読んでくれ』そうおっしゃって私に渡されたんです。今の日本国憲法の前文から始まって、九条のところまで来ましたときに全員が泣き出したんです。私も声が詰まって読めなくなりました。いくらなんでも成文憲法に戦争放棄をはっきりと明文化し、陸海空軍は持たない、国の交戦権は認めない、そこまで書いてくれたのか、そこまで日本国は踏み込んだのか、これでやっと生きていける、というのが実戦に参加した兵隊の気持ちでした。三百万を超す日本人の命を奪い、二千万を超す中国人を中心にアジア・太平洋地域の人々の命を奪い、親しい戦友を亡くし、二度と戦争をしない国にしないといけないという気持ちは、実際に戦った部隊ほど強かったんです。しかしよもや憲法でそれを決めるとは考えもつかなかったんです。そういう意味で、これなら死んだ戦友の霊も慰められる。これなら、これからのアジアの人たちとの接触、交渉もできる。はっきりとアジアに対する贖罪もこの姿勢ならやっていける。これなら日本国のために最大限の努力をしようじゃないか。そういう気持ちで本当に全員が泣きました。私の部隊で泣かなかった男はひとりもいない。私も黙って新聞を隊長に返しました。九条を読み終えて、『これ以上読めません』、そう言って返しました。隊長も嗚咽していました。」
   なぜ日本は憲法九条を持つことが出来たのか。品川正治さんは当時の軍隊に着目します。
   「あの憲法を論議する期間、一九四六年の二月から十一月の公布までの間、その間日本は軍がなかったんです。あれだけたくさんの陸海空軍を中国、太平洋地域に軍という格好で展開しておった。私たちも未だ復員していない時期です。それこそ何百万という数の軍を持っておったわけなんですが、陸軍省も海軍省もなかったんです。参謀本部も軍司令部もなかったんです。どこが統括しておるのか。厚生省の復員援護局というところが、たった一つの局が日本軍の親玉だったのです。その時に日本国憲法が論議されておるんです。それで成立したんです。」



ふつうの国とは、戦争する国


   世界には常備軍を持たないと規定している国はいくつかあります。しかしそれは国益のために常備軍を持たないと書いてあるだけです。日本の憲法は違います。日本国憲法は人間の眼で戦争を見ている。これは世界でたったひとつの憲法だと品川正治さんは言います。
伊吹山の高山植物「山猫の目草」   「戦争というものをどう見るか。日本国憲法の九条が世界でたったひとつ、戦争を人間の眼で見てるんです。どの国の場合でも戦争を国家の眼でみて規定してるわけなんです。国連も国家間の条約です。従って、戦争ということに関しましてはぎりぎり紛争を戦争にしない努力を重ねながらも、最後のところでは国連軍という規定も持ち、戦争ということに対しても規定をもっているわけなんです。
   日本は人間の眼で見ると言いましたが、今の戦争は戦国時代の名乗りを上げて戦うような戦争なんかありえないんです。ミサイルを使うんです。爆弾を使うんです。必ず、罪のない母親が死ぬんです。赤ん坊が死ぬんです。子どもが死ぬんです。それを知っておる日本は、戦争をやらない、どんなことがあってもやるべきではないと言う憲法なんです。」
   「普通の国にするということは戦争を、人間の眼で見るのではなく国家の眼で見るということなんです。」
  「国際会議をやってみて判りますが、必ず世界平和のためという形で論議するわけなんです。理念としては日本の憲法を誰一人としてケチをつけることが出来ないんです。しかし成文憲法として持てないというのが各国の状況ですね。それを日本が持ってるわけなんです。そういう国である、そういう憲法であるということ、これをどうして普通の国にした方がいいのか、そんなことはまったく論外だと思うんですね。」
   しかし、イラク派兵や解釈改憲など憲法をめぐる状況は厳しさを増しています。これらについて品川正治さんは、 「権力を握っている政党というのはこの六十年の間一度も日本を二度と戦争をしない国にしていくという決意をされたことがない。これだけ民度の高い国でそのねじれは六十年間つづいているんです。しかし、国民の支持を考えると憲法に手をつけるわけにはいかないということから、解釈改憲と称して、憲法の範囲内でここまで出来ると、そういう言い方で自衛隊を作り、有事立法を作り、特別措置法を作り、ついにイラクにまで自衛隊を出してしまった。その意味では私が泣いて受け取った九条は旗がボロボロになりました。本当にボロボロなんです。しかし旗竿はまだ国民が握って離さない、旗竿はしっかりと国民の側にあるんです。これが今の日本国憲法をめぐる情勢なんです。しかも、ここでまた国会で恒久派兵法という格好で、国連安全保障理事会の決議があれば自衛隊をそこに出すのが国際貢献上当然じゃないかという論議が起こってきております。もう破れないだろうと思った旗がかなり大きく裂かれようとしている。」と危惧し、人間の眼で戦争を見つめる日本国憲法九条をまもることの大切さと海外派兵恒久法の危険性を訴えていました。



関連記事

    注目  日本とアメリカとは価値観が違う

    注目  大きな感動を貰った品川正治さんの講演



やぐら「目次」に戻る












< 目 次 >

クリックで飛びます


・ 「若い君たちを死なして…」
           と三好達治さん

・ 「この男たちは
         死にに行くんだ」と

・ トラウマは
     60年経った今も消えない

・ 九条まで読んできて、
            声が詰まる

・ 普通の国とは、戦争する国
 



  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ