朝・毎・中日は「総活躍」に? 読売・産経は評価
第三次安倍内閣改造に新聞の評価分かれる

2015.10. 8    代表委員  大西五郎



大西五郎代表委員

 安倍首相による内閣改造が行なわれ、7日、新内閣が発足しました。閣僚の所属する政治団体からこの内閣も“右寄りお友達内閣”であることは閣僚の顔ぶれがわかった時点(7日午後)で<ものみやぐら>に書きましたが、きょう(8日)新聞各紙は新内閣についての評価を載せました。
 それを見てみますと、朝日新聞と毎日新聞、中日新聞はあまり高い評価はしておらず、批判的な論調でした。安倍首相がアベノミクスの3本の矢として「2020年までにGDPを600兆円にする」「現行1.41の希望出生率(若い世代が希望通りに子どもを持った場合に想定される出生率)を2020年代半ばに1.8とする」「(親などの介護で仕事を辞めざるを得ない)介護離職をゼロにする」を政策の目標として掲げたことに対しても、「新3本の矢見えぬ道筋 『現実離れの目標』疑問の声」(朝日)、「新3本の矢 問われる具体策」(毎日)、「説得力欠く首相の方針?」(中日)などと疑問符を付けています。
 改造の目玉にした「1億総活躍担当相」についても、朝日新聞は「机上の空論に聞こえる」「選挙向けのアピールを繰り返しているようで信じられない」という街の声を紹介するとともに、担当相になった加藤勝信氏が記者会見で報道陣から今後のスケジュールを問われると、「まずは早急にこれから議論するべき点を詰める」と答えることに留まったことを紹介しました。毎日新聞は「『1億総活躍』不明瞭」として、「首相自身が『緊急に実施すべき対策第一弾』を年内に実行する」と述べたことを紹介し、急ごしらえの政策であることを指摘しました。中日新聞も「総活躍?内閣に難題」と新三本の矢も含めて実現性に疑問を呈しています。
ホトトギス  これに対して読売新聞と産経新聞は首相の新しい経済政策に期待するという論調で、読売新聞は安倍首相が記者会見で「未来に挑戦する内閣」と述べたことを紹介するとともに、「TTP合意追い風」「島尻氏起用沖縄に配慮」「首相、憲法改正に向け意慾」など首相の方針を詳しく紹介しています。
 産経新聞は名古屋で配達されるのは前の日に東京・大阪で発行された紙面で、一日遅れとなりますが、インターネットで検索しましたら、「内閣改造 結果を出す時期迎えた」「1億総活躍の具体化を急げ」「TPPを本来のテコに」「憲法改正へ首相『国民との論議深める』」「拉致問題、普天間問題・・にじむ解決への決意」という応援の見出しが読めました。
 日経新聞は基本的には安倍内閣支持ですが、読売や産経ほど露骨ではなく、今日の紙面では「『経済優先』再び」「一億総活躍年内に対策」と首相の方針を紹介する一方、「『新3本の矢』具体化急務」「『GDP600兆円』・財政再建の両立 経済政策待ったなし」「TPP・景気対策・・・課題山積 参院選への影響懸念」と安倍内閣の課題も指摘して、中立的なスタンスも見せていました。




やぐら「目次」に戻る