BPOがNHKのクローズアップ現代に
放送倫理違反があったと意見書を発表

2015.11. 7    代表委員  大西五郎



大西五郎代表委員

 BPOがNHKのクローズアップ現代の"やらせ問題"について「重大な放送倫理違反があった」という意見書を6日に発表しました。この問題について新聞各紙は7日朝刊で一斉に伝えました。  問題となった番組は昨年5月にクローズアップ現代で放送された「追跡"出家詐欺"〜狙われる宗教法人〜」で、多重債務者が出家して戸籍名を変え、債務記録の照会を困難にする様子を放送しました。番組の中で債務者が出家詐欺のブローカーを訪れる場面で、二人は初対面のように紹介しましたが、実は旧知の間柄だったというものです。
 NHKは「過剰な演出で、視聴者に誤解を与える編集があったが、やらせではない」と言っていましたが、BPOは「多重債務者がブローカーを訪ねた形になっていたが、2人が会った場所は多重債務者が管理するビルの空き部屋だったし、2人が相談する様子を隠し撮りしたように見せかけたが実際は記者も同席していた。NHKが云う"やらせ"と視聴者一般の感覚とは距離があり、「報道番組で許容される範囲を逸脱しており、重大な放送倫理違反があった」と指摘しています。



総務相や自民党の番組介入を各紙が重視
読売新聞はこの問題に触れず


渓谷の紅葉

 番組のやらせやそれに近い演出は問題ですが、新聞各紙が注目したのはBPOが初めて放送問題に政府閣僚や与党国会議員が介入したことに対してこれを批判する意見を付したことです。
 放送行政を管轄する高市総務相が「クローズアップ現代の問題でNHKを厳重注意した問題や自民党の情報通信戦略調査会がNHKとテレビ朝日の幹部を呼びつけて放送番組の内容を問い質したり、自民党国会議員の勉強会で「マスコミを懲らしめるためには広告料収入をなくせばいい」という発言があったことなどに対して「放送の自由と自律に対する圧力」とBPOとして初めて政府・与党の放送への介入を批判しました。BPOの川端委員長は記者会見で「世間がBPOを受け入れているのはその第三者性と専門性にある。政府の口が直接入ることになれば、『政府の別働隊』と言われ信頼されなくなる」とBPOの中立性を犯すなと云いました。


 新聞各紙の報道では政府・与党からの介入問題の方を重視した編集になっていました。

朝日新聞は「自民聴取「圧力」と批判 政府の介入許されない 番組は『倫理違反』」
毎日新聞は「BPO政府の介入批判 NHK番組事実歪曲と批判」
中日新聞は「BPO『自民の圧力』批判 やらせ問題NHKも『演出逸脱』」
日経新聞は「重大な倫理違反 NHK『クロ現』やらせ疑惑 政府と自民党の『介入』強く批判」
産経新聞は「総務省や自民党も(介入を)批判 BPO『クロ現』に重大な放送倫理違反」
読売新聞は「BPO『重大な倫理違反』 NHK演出事実を歪曲 NHK再検証予定なし」で、

読売新聞だけが総務相や自民党の圧力に触れていませんでした。




やぐら「目次」に戻る