映像の世紀「世界は地獄を見た」
〜ビデオを見た学生の感想から〜

沖野 皓一     



  戦争について考える素材として、毎年、大分前の番組ですが映像の世紀『世界は地獄を見た』を見せて、感想、意見を書いてもらっています。
沖野さんが勤めている大学の九条の会ニュース    今年も学年始めに書いてもらったのですが、これまででいちばん良い内容の感想が多く寄せられました。まずその一部をご紹介します。
   「このビデオを見てわかったことは、戦争は私が今までに学んできて想像していたよりも、はるかに恐ろしいものであったということです。」
   「戦争の映像を見ると、いつも、ごくわずかでも自分の中で戦車や戦闘機をかっこいいと思っていたことが、いかに馬鹿げたことかと感じてしまう」
   「今、私は20歳で、今まで一度も空から爆弾が降ってきたことなどなく、銃を持ったことも、(銃を)向けられたこともないことは、この世界の歴史において、本当は奇跡のような瞬間なのかも知れない」
   「こんな恐ろしい映像を見たのは初めてだ。……ただ一つだけ、神風なんて父も母も息子を弾丸にするために育てていたのじゃないだろうに……」
   「第二次世界大戦という言葉は知っていたけれど、どういう戦争だったかは知りませんでした。(略)戦争はなぜ起こるんでしょうか」
   「よくぞこれほどの映像が残っていたなと感心しましたし、残し続けなければとも痛感しました」
   「『戦争』については、何度もこのような機会にビデオなどで見せられる。そのため私たち学生は戦争について何となく分かった気になってしまう。複雑な背景や人間の心理は、論理的な文章などから推察したい。そのため学生のうちにもっと活字に触れたい。映像メディアで社会を知ることは楽だが、私たちは文字を使って思考するので、文字から学ばなければ意味がない」
   「この先もう戦争がないなんて言い切れない。戦争を起こさないためにも、今回自分が感じたことをこの先何十年、何百年先の人々にも伝えていく必要があると思う。自分も日本人であることから顔をそむけず向き合わなければいけないと思った」
アジサイ
  番組は第二次世界大戦が市民を巻き込み、武器を持たない市民を大量に殺した戦争であったことを描いています。
   例年の感想では「もう、戦争なんて起きてほしくない」と、戦争は嫌だけど、自分と関係ないところで起きてしまうもの、という他人任せの内容が多かったのですが、去年あたりから、少しずつ変わって来ているのです。戦争について考える。自分は何をすれば良いのか、何が出来るのか。他人ごとでは無く、自分の問題として向き合おうとする姿勢が感じられるようになったのです。
   昨年から、歴史の事実としての『戦争』を描いた番組が多く放送されるようになりました。本を読むのが不得意な若者たちも、映像を見るのは得意です。そして、偏見なしにそのメッセージを読み取る能力を持っています。ただ、親の収入が減り、高い学費を払うために過酷なアルバイトに時間とエネルギーを吸い取られ、テレビを見る暇などはほとんどないから、毎年必ず何本かの番組を見せているのです。
   『改憲』を社の方針とする読売新聞が1981年から行っている世論調査で、今回は15年ぶりに『改憲反対』が改正賛成派を上回り、「九条を守れ」という人が6割に達していることが分かりました。「九条の会」の草の根の運動の成果だという意見もあります。
   しかし、国会議員を中心とした政界の動きは、『改憲』に向けて着実に準備を整えていますし、映画『靖国』の上映に対する圧力や、NHKの『戦争』や『貧困』を扱った番組に対する不快感をあからさまに示すNHKの経営委員長や、自民党議員の動きが伝えられます。こうしたせめぎあいはこれからますます激しくなるでしょう。
  それだからこそ、伝えるべきことをしっかり伝え、ここにご紹介したような若い世代の率直さを信頼しながら、今年も「九条の会」の活動を広げて行きましょう。


2008年6月7日      





やぐら「目次」に戻る