改憲を参院選では口をぬぐって
選挙後に国会でという安倍戦略

2016. 6.21  代表委員  大西五郎



大西五郎代表委員

 今週22日に参議院選挙の公示を控え、19日にNHKテレビやインターネットの動画配信サイト「ニコニコ動画」で与野党9党首による「参議院選挙にどう臨むか」という討論番組がありました。
 安倍首相は今年の年頭会見では「憲法改正は参院選でしっかり訴えていく。国民的な議論を深めていきたい」。また3月の参議院予算委員会でも「私の在任中に憲法改正をなしとげたい」と云っていたのに、ネット番組では「今回の参議院選では争点とする必要はない」と主張を変えました。  これには報道陣もびっくり。各新聞は首相の心変わりというより国会戦術を批判しました。20日の各新聞の記事の見出しを見てみますと、



【朝日新聞】

改憲論議「次の国会から」 首相、秋にも憲法審査会で 条文「選挙結果受け議論」 首相、改憲の争点化は慎重
(21日)改憲めぐり首相発言「次国会で議論」でも「争点化は不要」


【毎日新聞】

改憲 次期国会で議論 首相 参院選争点にせず
(21日)首相 遊説で改憲語らず 「争点隠し」野党は批判


【読売新聞】

(20日の新聞では触れず)
(21日) 改憲項目 議論 首相秋に照準 自公、参院選争点化は回避


【中日新聞】

「改憲「次の国会から議論」 首相意向 審査会で具体的条文
(21日・参考)選挙で憲法重視  自公候補ゼロ 朝日・東大共同調査
世論調査では「憲法改正NO」が賛成を上回っている


 安倍首相が参院選で憲法改正を引っ込めた理由には最近の世論調査で「安倍首相のもとで憲法を改正することに「反対」が「賛成」を上回っていることがあると思います。
 例えば、共同通信が今月の12日から13日にかけて行った調査では、「あなたは安倍晋三首相の下での憲法改正に賛成ですか、反対ですか」の問いに、「賛成」は35.9%しかなく、「反対」が48.2%と多数でした(分からない・無回答が15.9%)。
 「あなたは、集団的自衛権の行使を容認した安全保障関連法を評価しますか」では、「評価する」が38.4%に対し、「評価しない」が49.7%(分からない・無回答が11.9%)。
 また朝日新聞が18日・19日に行なった、調査でも、「今度の参議院選挙でどの政党を支持していますか」の問いに、自民党32%(38)、民進党7%(8)、公明党6%(7)、共産党3%(3)、おおさか維新2%(1)などでしたが、「支持する政党はない」が37%(33)でした(括弧内は6月4,5日の調査結果)。
 そして「国会は自民党が多くの議席を占めています。自民党だけが強い勢力を持つという今の状況はよいことだと思いますか」の質問には「よいことだ」23%に対し、「よくないことだ」が59%でした。「いまの野党が自民党に対抗できる勢力になることを期待しますか」では、「期待する」59%、「期待しない」32%でした。
 人々が「自民一強」「安倍一強」といわれるいまの国会情勢に危うさを感じているのではないでしょうか。このことが安倍首相の「ひとりよがり」の政治的手法に待ったをかけているように私には思えます。
 安倍首相は選挙で争点を隠して、選挙後に「信任を受けた」と強権的手法を講ずるのはやめるべきです。




やぐら「目次」に戻る