政権と一体化した読売の改憲主張
権力の監視がジャーナリズムの役割り

2016. 9.27  代表委員  大西五郎



首相が所信表明で改憲議論の深化を呼びかけ


大西五郎代表委員

 9月26日に臨時国会が召集され、安倍首相の所信表明演説が行なわれました。この演説で安倍首相はアベノミクスや一億総活躍、地方創生などの課題に取り組んで、結果を出していくと強調しました。しかし、所信表明を紹介した新聞各紙の記事は「原発、沖縄・・(などの)懸案素通り」(中日新聞)、「TPP最優先」(朝日)、「改憲野心隠す」(毎日)と新聞は所信表明で本心を明らかにしていないという評価でした。


行政府の長が「国会の責任」を云々する誤り(9月27日毎日社説)


 首相の改憲志向ついて27日の毎日新聞の社説は「首相は在任中の実現を目指す改憲について『(改正)案を国民に提示するのは、私たち国会議員の責任』と言い切り、衆参憲法審査会で議論を深めるよう求めた。だがこの言い方には疑問がある。まず、行政府の長である首相が憲法改正の発議が国会の『責任』だと発言している点だ。憲法改正がまるで既定方針であるかのような点も気になる。参院選の結果、確かに改憲勢力は発議に必要な多数を占めた。だからといって、選挙で改憲案が争点として議論されたわけではない」と指摘しています。



改憲は喫緊の課題か(9月27日中日社説)


 「(憲法を)改正しなければ、国民の平穏な暮らしが著しく脅かされる恐れがあり、改正を求める声が国民から澎湃と湧き上がっているなら、国会で憲法改正を議論し、堂々と国民に問い掛ければいい。しかしそうした政治状況ではなく改正を煽るとしたら、権力の乱用との批判は免れまい」と批判しています。



野党に憲法論議参加を呼びかける読売新聞(9月27日社説)


 安倍首相は参議院選挙のときには「改憲は選挙の争点ではない」と云っていましたが、所信表明では「改憲案提示(は)『議員の責任』」と「改憲議論の深化を呼びかけ」ました。これを受けて読売新聞、産経新聞は社説で「憲法改正論議をすすめよ」の主張でした。  読売新聞の社説「野党は憲法論議を前向きに」で、「憲法改正は、国の最高法規をより良いものにする重要な作業だ。与野党は、幅広い合意形成に努力せねばならない。」と野党に憲法改正論議への参加を呼びかけました。
 産経新聞も9月27日の社説「『数の力』を改革に向けよ」で、「日本を取り巻く環境は厳しさを増している。国民に不人気な政策、痛みを伴う政策であっても必要性を説き、推し進めることこそ、安倍政権に課された課題である。東・南シナ海で一方的な海洋進出を図る中国を念頭に『わが国の領土、領海、領空は、断固として守り抜く』というのは当然だ」「武装集団による離島への不法上陸のような『グレーゾーン事態』への対処は、現状の安保関連法の下では困難である。不断の見直しが迫られていることを、もっと訴える必要がある」と憲法改正により踏み込んだ主張をしています。



「敵基地攻撃能力も検討したい」と読売新聞社説(9月15日)


コスモス

 さらに読売新聞は9月15日にも「敵基地攻撃能力も検討したい」と憲法第9条を否定する社説を掲げました。  「北朝鮮の核とミサイルの脅威が新たな次元に入った。それに見合う日本の防衛体制を構築することが急務である」として、「日本の安全確保には、自衛隊が敵基地攻撃能力を保持する選択肢を排除すべきではあるまい」「現在自衛隊は専守防衛の『盾』、米軍は報復攻撃の『矛』の役割を担う。米軍の第7艦隊などは北朝鮮を直接攻撃できる大量のミサイルを保有している。その攻撃力の一部を自衛隊が補完することは日米同盟の抑止力を高めよう」と主張しました。
 産経新聞は憲法第九条の「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争の解決手段としては、これを永久に放棄する」という条文をどう読んでいるのでしょう。
 自民党の改憲案では「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動としての戦争を放棄し、武力による威嚇及び武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては用いない」としながら、第2項で「前項の規定は、自衛権の発動を妨げるものではない」として、敵基地の攻撃を容認しています。
 安倍政権はこの自民党改正案の実現を目指しており、読売新聞の「敵基地意攻撃論」は自民党改憲案の先取りです。  マスコミ・ジャーナリズムは権力をチェックする役割を持っています。権力が暴走しそうになった時にこれを制止する役割があります。「敵基地攻撃論」は安倍政権が憲法の改正項目として思い描いている構想で、日本国憲法の真価を踏み外した暴論です。読売新聞の主張は政権と一体化した考え方で、ジャーナリズムの自殺行為です。
 読売新聞の反省を求めたいと思います。




やぐら「目次」に戻る