コスタリカタイトル

2020. 1.21  東海放送人九条の会 会員  高野春広  



高野春廣さん

 1月20日に通常国会が召集されます。この国会に政府が提案する新年度予算案の「防衛費」は、初めて5兆3千憶円規模になり、6年連続で過去最大を更新するといいます。
 中米の国・コスタリカには軍隊がありません。軍事費はゼロです。コスタリカ憲法12条で「常設の組織としての軍隊はこれを禁止する」と1948年に定めて以来ずうっとです。
 軍隊を捨てるって? 軍隊が無くて国の安全は保てるの? 再軍備の動きは? など、疑問や期待を抱きながら、コスタリカを訪れました。一年余り前のことですが、今なお、じわじわとコスタリカで感じたことが迫ってきます。
 東海放送人九条の会の代表をしていた大西五郎さんが亡くなってから、本欄が寂しくなっているので・・・との投稿依頼が昨年の暮れ、ありました。大西さんの達意の文章と筆まめには遠く及びませんが、氏を偲びながら、今年1年何回かに分けて、コスタリカのことを記してみたいと思います。

 1回目のテーマは、「軍隊と予算」について。
 コスタリカ訪問にあたって私たち旅行団は、あらかじめ何人かのキーマンや関心のある施設に質問や要望を送っておき、限られた日程を有効に生かしたいと計画しました。
アリアス元大統領  まずお会いしたのが、「平和、不戦」「武装放棄こそ将来の道」を掲げ、42歳で当選し第43代の大統領を務めたオスカル・アリアスさん。就任中の1987年、中米紛争をしていたニカラグア、エルサルバトル、グアテマラの3国を回って対話を説き、和平調停に尽力し、ノーベル平和賞を受賞した方です。
 「軍隊を放棄した当時、国民はどう感じていたのでしょうか?」という質問に対して、アリアスさんは「軍隊を放棄したことは国民にとって、満足のいくことだったと思います。そしてその満足度は年月を経るとともに大きくなっています。現在たったひとりでも、あの時の判断を間違いだったと考える人はいないでしょうし、再軍備を考える者はひとりたりともいないと思います。
 軍隊を廃止したことによって、コスタリカに一番影響があった重要な点は、<平和の配当>を国民が享受できるようになったことではないかと思います。平和の配当というのは、軍隊がないことによって使えるようになった資源を有効に活用するということ。政府が武器を買ったり、軍隊を維持したりすることに費やさなくてよくなった資源を国民に振り分けられるようになりました。コスタリカにも警察はありますが、大きな武器は持っていません、人間生活の本質的な部分・教育、健康、環境、住居…に平和の配当をまわせることになったのです」と、話してくれました。
コスタリカの民族舞踊  アリアスさんは、「平和の配当」といううまい表現を私たちに話してくれましたが、映画「コスタリカの奇跡」の中では、「私たちは世界に実例を示してきました。軍が無くても国はなりたちます。むしろコスタリカには軍隊を持つことが経済的社会的発展の妨げです。戦車かインフラか選ばなければなりません。病院と学校を取るか機関銃を取るかです。我々の決断は済みました」「我が国は福祉国家になると決めました。一方近隣の国は軍事国家になっていきます。コスタリカが政治的社会的に安定しているのは人々の基本的ニーズが満たされているからです」と言っています。
 70年余り前、「兵士よりたくさんの教師を」「兵舎(軍参謀本部)を博物館に」を合言葉に、軍事費は教育費に回されました。さらに2011年には、「高等教育を含む公教育への公的支出はGDP(国内総生産)の8%以下になってはならない」と憲法上の規定をより高めました。
 帰国直後の中日新聞の1面に「日本の教育の公費割合がまた最低」という見出しで、OECD加盟国の中で、日本は最下位の2.9%、という記事をみて、さもありなんと思ったことを思い出します。
 2017年の国家予算の28.7%を教育費に充てていて、省庁内ではトップの割り振りだと聞きました。
 では、コスタリカの教育内容、教育事情は具体的にどうなのか?
 小学校を訪れたり、教育者に話を聞いたりしてきました。次回以降に報告します。




やぐら「目次」に戻る