コスタリカの教育

2020. 3.25  東海放送人九条の会 会員  高野春広  



高野春廣さん

 新型コロナウイルス感染拡大で、小学校が臨時休校となりました。小学校1年生と3年生の孫・2人の面倒を毎日ジジ・ババで見ています。母親が出勤する朝7時から夕食を食べ終える午後7時まで、勉強させたり、本読みさせたり、時には外へ連れ出したりとへとへとの毎日です。学校のありがたさをつくづく実感する毎日です。
 さて、コスタリカについての2回目、テーマは教育です。
 1949年、小中学校の義務化と就学前教育から高校までの無償化がコスタリカの「平和憲法」で定められました。
 義務教育の期間は、その後順次拡大されて、就学前教育2年間と高校の2年間(コスタリカは中高一貫で5年のところが多い)が付け加えられて、13年間となったと聞きました。
 就学前教育(幼稚園)の義務化は拡大中で、1年のところと2年のところがあるとも聞きましたが、いずれにしろ義務教育の期間は、日本より長いようです。
 この間の授業料はもちろん無料です。加えて大学も奨学金が充実していて実質的には無料。つまり幼稚園から大学までの教育無償化が実現しているのです。
アリアス元大統領  前回紹介したアリアス元大統領の言葉を借りれば、軍隊を廃止して得た「平和の配当」は、まず教育に当てられたのです。この「配当」・教育を受ける権利は、人口の約1割の「移民」を含め、コスタリカに住むすべての人々にあるということです。
 日本と違って、小学校や中学校でも落第・留年する子どもがいます。一定の学力がないと進級できません。例えば100点満点で60点以上ないと落第ということになります。ですから、就学率108%などという奇妙な学年も統計上出てくるのだそうです。
 学力をしっかりつけてから進級・卒業させるという考え方を基本にしているからなのですが、中には卒業できないまま就職してしまう生徒も出てきます。そういう人たちのために、中途退学者用の支援プログラム、奨学金、夜間中学などの制度を設け、活用を薦めているということです。
小学校の中庭 生徒たち  では、実際の学校はどんな様子か見てみよう、というので首都サンホセにあるハイチ小学校を訪ねました。児童数1,300人ほど。校舎は立派とは言えませんが、中庭や廊下は色彩豊か、子どもたちの笑顔がいっぱいで明るい雰囲気です。教室はこじんまりしていて30人学級だそうです。この学校もそうですが、コスタリカの多くの学校が2部制で、 午前組、午後組に分かれて子供たちは登校します。
 コスタリカには民主主義形成研究所を併設した選挙最高裁判所というのがあります。この仕組みについては後日報告したいと思っていますが、そのくらい民主主義と選挙を結び付けて大切にしています。
 小学校では児童会の役員選挙で体験的に学びます。担当のジャネット先生にうかがいました。
 「44学級から、それぞれ一人ずつ委員を選び、選挙管理委員会をつくり、選挙活動の管理を担います。児童会の会長になりたい子どもは仲間を誘って政党をつくります。毎年大体4つか5つできます。みんなのためになること、みんなでできることを公約にします。たとえば"分別できるごみ箱を増やす"とか"読み聞かせをする"とか。コスタリカの国政選挙は政党を比例で選ぶ仕組みですので、児童会も政党・公約づくりから始めるのです。
ジャネット先生  選挙期間は1週間で、お祭りのようにしてみんなが楽しんで参加できるように工夫します。選挙のキャンペーンは休み時間に繰り広げます。ディベートや政党のプレゼンテーションは特別授業で2時間使います。音楽なども入れて、全校の子どもたちが盛り上がるようにして参加します。
 児童会の選挙権は1年生からありますが、お隣りの幼稚園では4歳から模擬投票をしています。もちろん子供の実態に合わせて、候補者の写真や花の絵を使って政党の旗にしたりしてね。自分で考え、自分で選ぶ、こういう文化を小さいうちから身に付けることが大切だと思っていますので」。
 クラブ活動も盛んなようです。私たちが帰ろうとしたら、音楽クラブの子どもたちに引き留められ、コスタリカの国民的な楽器マリンバの演奏を聴かせてくれました。
マリンバの演奏  中学校を訪れる機会には恵まれませんでしたが、NHKの解説委員をしていた小出五郎さんがかつてコスタリカへ行き、授業参観をした時の感想を著書の中で述べておられます。「中学校の授業で生徒の討論の活発なことに驚いた。討論の準備をし、意見を述べ、意見を聴く。それがコスタリカという国の教育を貫く柱になっていることがよく分かった。そこにあるのは、人間を大切にするという精神である。人間が大切にされてこその平和である。私は平和教育が実にしっかりと根付いていると思った」と。
 また「私が見たのは特別な授業だったのかと、後で取材し確かめてみたが、そうではなく、コスタリカの普通の授業の在り方である」とも述べておられます。「平和教育」というと、私たち日本人はなんとなく身構えてしまうのですが、コスタリカでは「平和」を実に豊かに幅広くとらえ、それを教育全体を貫く芯というかベースに置いているように思います。このコスタリカの「平和教育」については次回触れます。




やぐら「目次」に戻る