イラク派兵違憲判決

池住義憲原告団長の講演を聴く

文責:佐藤隆三    



  7月5日、愛大九条の会設立二周年記念シンポジュウムが愛大車道校舎でありました。パネリストに、自衛隊イラク派兵差し止め名古屋訴訟の原告団長、池住義憲さんが出るというので講演を聞きに出掛けてきました。
アサガオ   イラク戦争への協力により、日本がテロに巻き込まれるという議論があるなかで、名古屋訴訟では、「加害者にならない権利」を中心に闘われたと言われています。
   日本は現在戦争中なのです。皆さんは戦争加害者となっているんですよ、ということを突きつけたのが4.17判決だと池住さんは語ります。
   以下はその報告です。

   司会者から紹介された池住さんは、両手に巻物を持って立ち上がった。「あの4月17日、法廷におられた方、裁判所の前におられた方いらっしゃいますでしようか。」という問いかけに、何人かが手を上げた。
   「当日、雨が降っておりまして、1時半から法廷が始まりました。そして、青山裁判長に代わって、高田裁判長が判決の要旨を読み始め、最初は政府解釈について、坦々と10分、11分、そして、12、3分ごろでしようか、バグダッドが戦争地域であるという話があり、『えっ!』と思ってみんながぐっと前に乗り出したあと、現在イラクで行われている航空自衛隊の活動は政府の憲法解釈に立ち、イラク特措法を合憲だとしても、武力の行使を禁じたイラク特措法2条2項、戦闘地域での活動を禁じたイラク特措法2条3項に違反し、かつ憲法9条第1項に違反すると――要旨のところで読んでいただいて、私は法廷のなかにいまして身体が震えるくらいに、我が耳をうたぐるぐらいにビックリしました。私が座っている前にふたりの若手の弁護士がいました。その前に川口さん(弁護団事務局長)がいまして、川口さんが後ろを振り向いて、「よし、やった。これだ」と言ってですね、こういう旗を6本用意しておりまして、これとこれを出そうというふうにして、ふたりの弁護士が、いま私が持っているのが実物ですけれども、これを持ちましてですね、法廷の外で待っている120名ぐらいの方々のところに走っていきました。 クマゼミ いまここで、バラっとやりますから、みなさんもその時の臨場感で、画期的な判決ですからね、やはり力を得るためにね、いつもこの時の瞬間を力にしていくということがね、必要だと思います。さぁ、2人の弁護士が法廷の外に走ってきまして、雨が降ってます。みなさん、傘をさしてるイメージで待っていてくださいね。」「みなさーん」と言って、池住さんは、2本の垂れ幕を拡げました。そこには、「画期的判決」「自衛隊イラク派兵は憲法違反」と大書きされています。 しばらくの間、会場内は笑いと大きな拍手につつまれていました。

   この画期的な判決がなぜ出たか。
   第1の理由はたいへんシンプルです。提訴しなければこの判決はなかったんです。声を上げなければこの判決はなかった。もう、理屈を越えてとにかく声を上げた。諦めずに上げ続けた。そして4年2ヶ月に渡って全国の仲間と一緒に闘いつづけた。
   平和憲法施行後61年目の365日目、2008年の5月2日にこれが確定しましたから60年と365日目でした。61年間もかかった。
   でも私たちが永い間取り組んできたことが、たまたま名古屋に3人の良心的裁判官がいて、普通の裁判官がいて、そして原告団と3,268名の原告のグループと114名の名古屋の弁護団と、全国各地にいる多くの原告、弁護団と支援者がいて、みんなでこれは勝ち取った判決というふうに思っています。
   更に深く言えば、これはこの4年2ヶ月の間たたかった判決だということを遙かに越えた意義を持っています。
  1959年の砂川事件の伊達判決、1973年の長沼ナイキ訴訟の福島判決、60年代になりますと、ベトナム反戦、60年安保、70年安保、反基地闘争、90年代には湾岸戦争の直後に平和的生存権の権利侵害と銘打った市民平和訴訟がありました。そして2003年の1月下旬から札幌をかわきりにして、名古屋そして熊本に至るまで全国11の裁判所で12の裁判があり、結果は敗訴敗訴の連続でした。
旧立田村の赤蓮   砂川事件と長沼ナイキ訴訟では第1審で憲法9条2項に違反をするという判決が下りましたが、これは、上告、最高裁で覆されました。しかしその辺りの闘いがずっと蓄積されて、京都の判決文の中に平和的生存権のことに関して少しでも前進する記述があり、大阪の敗訴判決のなかにも表現があり、熊本でもそれが起こり、こういうものが蓄積され、名古屋の1審でも田近判決というのがありました。そこでは平和的生存権を基底的権利と認めるという判決でした。
   少しずつ前進をしてそれが2008年4月17日、名古屋高裁で結実をした。戦後61年をかけて初めて日本が行っている憲法違反の行為を同じ国家機関である司法府がはっきりと違憲と認めた。これは私は本当に画期的だと思います。

   判決の意義と今後に向けてということに絞っていくつかポイントをお話します。
   1つはこのシンポジュウムのタイトルですけれども「戦争加害者にならずに生きるには?」となっています。
   皆さんは戦争加害者となっているんですよ、「ならずに」ではなく、いまなってるんですよ、ということを突きつけたのが4.17判決です。この中には、いまイラクに送っている航空自衛隊がアメリカ軍と一体化して武力の行使をやっているということを明確に書いてあります。空自がやっていることは武力行使を自らやっていると評価せざるを得ないというふうに書いてあります。つまり、日本は現在戦争中なのです。加担中どころか参戦中、戦争中。山田朗証人のやり取りの中でありましたけれども、米軍を運ぶ、軍需物資を運ぶということは後方支援活動です。現代の戦争において後方支援というのは戦闘行為の重要な部分であり、基幹をなす部分であってこれなしには戦争の行為、遂行ということはありえない。つまり、私たちが送って、空自がやっていることにより、まさにイラク戦争そのものを私たちが担っているということです。
クマゼミ   国会議員のみなさん、福田さん、認識甘くないですか。いや、九条のみなさん、私たち市民のみなさん、いま戦争中ですよ、そういう認識ありますか。青山さん、上杉さん、坪井さん(裁判官)はそういうふうに、全ての人に戦争認識の甘さを問うているのではないか。

   この判決は、内容もさることながら、その呼びかけそのものはとっても歴史的に大きな意味を持っていると思います。
   9条があるから戦争に巻き込まれずに済んだ。とんでもない。朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争、イラク戦争、アフガン、みんな加担をしてきました。ところが裁判所は全部判断を逃げてきました。ところが今回初めて踏み込んでやってくださった。

   それから今回の違憲判決は、政府の解釈に立って政府の定義で、しかも、政府が出した証拠、例えば衆議院、参議院の委員会での議事録、それから防衛庁長官が言った言葉、政府から出た証拠に基づいて判断したとしても、少なくとも現在イラクで空自がやっていることは、憲法9条1項違反としました。
   三権分立、法治主義を否定しないのであれば、行政府、立法府はこの国家機関である司法府の憲法に基づいた判断、違憲立法審査権ではっきりと結論が出て確定したわけですから、これを尊重して、政策を見直していかなければならない。
   しかし、判決の法的拘束力はありません。損害賠償請求の場合は別ですけれども、派兵差し止め、違憲確認のことに関しては法的拘束力はありません。
   司法府は司法府の役割を果たしてくれた。司法府は、主権者のみなさん、こんどはあなた方ですよ、と呼びかけています。しかし行政府は「そんなの関係ねえ」「大臣を辞めて暇が出来たら読みますよ」「上告で主張する機会を奪うってことは憲法違反ですよ」などと、わけの判らないことを言っている。こういう風にしか言えないくらいに反論できないのです。

ラベンダー   平和的生存権のことに関しては、読めば読むほどこれは素晴らしいですね。
   憲法第3章に書いてある基本的人権、具体的には集会の自由、言論出版の自由、思想・良心の自由、等々、こういう基本的人権は平和でなければ存立しないと明確に言いました。だから平和であるということ。加担も加害も被害も受けない、平和に生きること。これは全ての基本的人権が存立する基になるものなんだという、つまり、平和は権利だということを明確にここに書いてあるという風にいま身体で受け止めています。
   しかもそれは被害者になるだけでなくて、加害者、加担者それから加害行為に加わらせられそうになる方は、戦争の準備行為が行われ、そうした恐怖がふりかかるかもしれないという段階で、私たちは裁判所に権利侵害、苦痛ということで差し止め請求と損害賠償請求をすることが出来ると言う風に書いてあります。
   戦争の準備行為が進められているだけ、まだ加担者にさせられそうな段階でも裁判所に救済を求めて訴訟を起こすことが出来る。裁判という土俵に乗ることが出来るということになったのが、この判決です。
   現在行われているイラクでの海兵隊、それから横須賀へのジョージワシントン、それから嘉手納、佐世保、沖縄、各務ヶ原、二本松、そういうところの周辺でですね、日米軍事再編で準備行為が進められている。そうすると、その周辺にいる人は環境権とか騒音だけの裁判だけではなくて、平和的生存権の権利侵害ということで、裁判の土俵に乗ることが出来ます。簡単に裁判で勝てるわけではありません。全国各地でこの平和的生存権の権利侵害を使って裁判を起こし、圧力を掛けていく。
   判決が出て喜んでいるだけでは何も変わりません。行政府に対しての働きかけと、立法府に対しての働きかけ、なにはさておき、これを市民に広めて、深めて、仲間を作って、そして、平和的生存権の権利侵害訴訟というものを全国各地でやっていく。
   今回の名古屋でのいろいろな戦略のノウハウ、やり方、理論そういうものをフルに生かして、向こう5年、10年、いままで61年かかりました。向こう61年間の視野をもって、日本を変えていくというくらいの出発点、起点となるのが4月17日ではなかったかと思っています。



愛大九条の会では、2周年シンポジウムをDVD(500円)にして販売しています。詳しくは愛大九条の会にお訊ねください。
    (クリックするとHPが開きます。「資料」の項目から入って下さい。)


4.17名古屋高裁判決全文紹介



関連記事

    注目  イラク派兵違憲判決、  中谷雄二原告団弁護士の講演を聴く

    注目  九条の生命力を示すイラク派兵違判決 (小林武愛大大学院教授)

    注目  名古屋高裁が画期的判決  〜空自イラク活動は違憲〜

    注目  空自のイラク派遣、違憲判決  〜新聞により反応さまざま〜



やぐら「目次」に戻る









  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ