イラク派兵違憲判決

中谷雄二原告団弁護士の講演を聴く

文責:佐藤隆三    



  7月17日、名古屋ボランティアセンターで、「市民と言論実行委員会」主催のシンポジューム「イラク派兵違憲判決をどう生かすか」が行われました。ここで、イラク派兵差止訴訟弁護団の中谷雄二弁護士の講演を聴くことが出来ました。
   これまで、判決直後の小林武愛大教授の憲法学者、証言者としての論評、愛大九条の会2周年シンポでの池住義憲原告団長の講演を掲載してきました。今回は、裁判の前線で闘った中谷雄二弁護士の話を報告します。
オニユリ   国際貢献や国益の名で、海外派兵が恒久化、自由化されようとしています。今回の違憲判決は、イラクでの空自の活動は政府の解釈に即して判断しても憲法9条1項違反であると判断しました。私たちは、この判決を今後の平和を守る運動にどのように生かすことが出来るでしょう。判決全文を読むと同時に、直接闘われた人たちの感想や闘いぶりからも、判決の意義を深めたいものです。
   以下は、中谷弁護士の講演の報告です。



覚悟がないかぎり書けない判決


  私は弁護士という実践家の立場から、この判決の意義と、判決をどうやって勝ち取っていったのか、私たちがこの判決をどう見るべきかという話をしたいと思います。そのことが判決をどう活かすのかという話につながっていくと考えています。
  往々にしてこういう判決がでると、すばらしい裁判官がいたという話になります。確かにすばらしい裁判官がいたと、私もそう思っています。あの3人の裁判官たちは非常にすばらしい。よく名前を挙げられるのが青山裁判長で、裁判長ばかり焦点が当てられます。合議体で構成するときには3人の裁判官のうち、過半数が一致しないと判決は出ません。そういう意味では少なくとも2人以上は、あの判決を書こうということに同意したわけです。定年になって辞められた青山裁判官だけでなく、若い裁判官たちもこの判決に同意したということです。

   この判決は違憲判決です。それも長沼訴訟以来35年ぶりという9条に関する違憲判決です。9条の問題というのは実は大変な問題だと私は思っています。9条の問題というのは政府にとってもっともイヤな問題なのです。憲法という最高法規と現実にある法律と、それから制度との矛盾がいちばん現れているところです。政府にとって一番弱点の問題だと言えます。その弱点の部分にわざわざ触れて、正面から違憲と書くことは極めて勇気が要ります。それは裁判官の生命をかける覚悟がないかぎり書けない判決です。あの判決をみるかぎり私は全員一致だったと思っております。あの判決をなぜ勝ち取れたのかを申し上げるときに言いたいと思いますが、あの裁判体は全員真面目にこの裁判に臨んだ、その姿勢は裁判の節々に現れていました。そういう観点からしても間違いなく全員一致の判決だったと考えています。その裁判官たち3人、辞める人だけでなく、これから長く裁判官を続けていく人が裁判官生命をかけて書いたということの重みを我々は感じ取る必要があるだろうと思うのです。
アサガオ   戦後の政治のなかで9条の問題というのは非常に微妙で、政府の弱点です。国家の機関の一員である裁判官が、その政府にとっての弱点と思われことについて判決を下すということはタイヘンであったろうと思います。身が震えるような思いでご決断しただろうと思います。そういう立場に彼らはありました。しかも、戦後日本国憲法が出来て以来、9条に関して違憲判断が出たのは、砂川判決と長沼判決しかないということは誰でも知っている。それはいずれも地裁段階の判決です。高裁段階では、かつて一度も違憲判決が出なかった。そのことを十分に知ったうえで、あえて違憲判決を下そうと考えた。

   これについて、私は大きな時代背景をみる必要があると考えます。
   日本が先の大戦の反省で平和憲法をかちとった。それからの逆流現象が生じてきたときに出てきたのが砂川判決だと考えています。長沼判決は1970年代のあの70年安保を経たあとに出ている。まさに日本が新たな形で軍事協力をしていく、自衛隊の役割が変わろうとしつつあるときに出た判決だと思います。今回の判決はまさにアメリカ軍と一緒になって海外で武力行使をする、しつつある時期に出ている。ここに裁判体、三人の裁判官の危機感が現れていると言うことが出来るのではないかと考えます。
   日本が武力行使をし、海外の人たち、他国の人たちを殺しつつあるというきびしい認識、それと同時に今後さらに海外に出ていって、人殺しに手を染めるという状況、時代認識があり、これに対するきびしい危機感、これに基づいて出したのだろうと私は考えております。
   違憲判決の意義についてはいくつも言われております。現実に自衛隊が行っている活動を9条違反と言われたことことに対する政治的意義というものがあります。
   政府の憲法解釈を前提にし、しかも、イラク特措法まで合憲だとしても、いまのイラクで行っている活動というのは違憲だと言わざるを得ない。イラク特措法違反、憲法9条1項違反、こういうふうに言っているわけですから、これは政府と全然違う立場から判決を下しているわけではありません。政府としては中身についてなかなか異論が言いにくい。これに対して反論しにくい。先ほど司会の方が言われたように、単に関係ないとか傍論だとかいう批判に留まらざるを得ないのも、その辺にひとつの原因があると思います。



法律家が高く評価する論理構成


  この判決が出て、直ちに全国の弁護士会の声明が出ました。 日弁連は、愛知県弁護士会に次いで2、3番目ですね。全国で10の弁護士会が、既にイラクから撤兵せよということを声明として掲げ発表しています。日弁連や弁護士会というのは全員加入、右から左まで全て加入する強制加入の団体ですから、中には強固な改憲論者もいます。その団体がイラクから撤兵をせざるを得ないと考え、それが決議として上がってくるということはタイヘンなことなんです。
サルスベリの花   全国各地の弁護士会、法律家にこの判決は非常な衝撃を与えた。法律家の受け止め方は概して好意的です。
   なぜ好意的か。
   政府はこれを無視したり、軽視しています。しかし、法律家、とくに実務家はこの判決を読んで、極めて丁寧な事実認定をしている、これは実務にとっては当たり前のことなんですが、丁寧な事実認定を前提にし、それに基づく法解釈を政府の法解釈に則って、そして今まで積み上げてきた国会での答弁を前提にしながら、当てはめを丁寧にしている。政府は傍論だとか言いますが、これは要らない論ではありません。
  国家賠償法では、公務員の違法な行為があって、損害があればそれを賠償することになる。この違法があるかどうか、公務員の行為、自衛隊の行為に違法があるかどうかを判断するなかで、自衛隊が違法、イラク特措法に違反する行為をしているという認定をし、そしてそれがいままで国会のなかで答弁してきた憲法違反の歯止めになっているはずの条件に違反する、だから違憲だという論理。これは法律判断としては必要な判断を必要な順番でしているんですね。その意味で立場に拘わらず、意外に実務家受けはいいんです。
   非常に丁寧な、堅固なきちんとした論理を踏んでいるということで実務家には評価する声が多かった。



裁判体に2つの選択肢


  次は、この判決の評価についてです。
   平和的生存権について総論部分は立派なことが書いてあるけれども、各論部分は非常にお粗末ではないか、各論部分がこれほどお粗末なのは総論が間違っているからではないかと書いている方がいらっしゃいます。しかしこれは、実務家の観点、私たち弁護団の観点からするとあまり訴訟の現実を踏まえない議論だというふうに考えています。
   1月31日に結審されました。山田朗証人の尋問を終えた直後に結審しました。私たちはこれはあり得ると読んでいました。弁護団としては昨年、それから今年の初めにかけて、私たちはズーッと証拠調べをしろと、原告本人を調べろと、小林先生と山田先生のあとは、原告本人尋問に入れという意見書を出しつづけていました。そういう交渉をつづけていました。
オニユリ    しかし、一方で結審がありうるという風に考えていました。それは青山裁判長が3月末で退任すると判ってきたからです。青山裁判長がそのまま続くんであれば私たちも証拠調べ、原告本人尋問をして貰いたかった。それを経ておればおそらく先ほどの批判のような、お粗末だと言われるような結論部分の書き方にはならなかったし、もっともっと踏み込んだ、もっと丁寧な書き方をされただろうと思います。しかし、原告本人尋問を経ないで国家賠償訴訟の損害部分を言おうとすれば、反対尋問を経ない証拠に基づいて議論するしかないんです。薄くならざるを得ない。
   裁判官たちには、1月末で結審するときに二つの選択肢があったはずです。
   この段階で憲法違反という問題、自衛隊の違憲問題について判断するのか、それともこの裁判体で判断せずに、その後丁寧な審理を経たうえでどうなるかは判らないけれども新たな裁判体に任せるのか。この二つの判断です。
   私たちがずーっと裁判の過程で迫り続けてきたのは、いま自衛隊がイラクに行って何をしているのか、無辜の民を殺し、子どもを殺しているこの事態を見て、あなた達は違憲判断をしないのか、憲法判断をしないことは司法としての責務の放棄ではないのか、と迫り続けてきたわけです。私たち原告も含めて求めていたことがここにあるということは、彼らは十二分に知っていました。そして、彼らとしては時代のなかでの裁判官の役割を認識し、いま自分たちが違憲判決を下すべきだろうと判断した。そこでは憲法に対する見解を明らかにすることが第一義的に彼らに求められたことだったし、彼らが判断したかったことだったわけです。その時に手続き上やむを得ず各論部分が薄くなるのはしょうがない。当たり前のことであって、それが総論部分の間違いなんてことには繋がりません。そういう意味であの批判は当たっていないと私は考えます。



イラクの実態を詳細に具体的に


  なぜあの判決を勝ち取れたのか。
   第1は、非常に丁寧な事実認定に現れているように事実を極めて綿密に丁寧に証拠上明確にしたことです。 法廷でDVDを流しました。目の前で事実を見るというのはひじょうに人を動かします。とくに子どもたちが殺されていく姿を見ているとき、それからアメリカの兵士たちが何をしているかを見ているときに、それはひじょうに大きく心を撃っただろうと思います。
   それと、名古屋訴訟の特色は単に人が死んでいくことを数字として現さなかったことです。何人死んだではない、どこどこの誰々さんがここで殺されているんだということを、本当に丹念に小さな新聞記事を集めて、毎日どんなことがあったかということを積み上げていった。 クマゼミ そのなかでどこどこの誰々さんが殺されたんだということを涙ながらに語っていく、それと映像を見ることで、自衛隊が現実にやっていることがなんなのか、人殺しをしているんだということを十二分に示すことが出来た。このことが一番大きいだろうと思います。

   第2は、このような裁判は政治的パフォーマンスだと裁判所で受け止められるんですね。政治的なパフォーマンスには付き合わないよと真剣に向き合わない裁判官が沢山いる。だが、そうではないということを示したことです。 なぜそうではないと示すことができたのか。1つは原告の広がりです。全国11地裁で起こしたこの裁判の原告は合計すると5千8百人近くになります。みなさん出来れば陳述書を読んでいただきたい。この陳述書を読めば原告の人たちが単なる政治的パフォーマンスをやったんではないということが判ります。いわゆる活動家と言われる人たちだけではなく、普通の人たちが立ち上がり、自分の人生をかけた。今ここで反対しなければならないという震えるような思いが出てくる。これには私も非常に感動しました。
   そういう感動のなかで、これは単なるパフォーマンスでやっている裁判ではないということを受け止めさせました。原告の方の意見陳述はいずれも胸を打つ、自分の体験から人生をかけてこれをやらざるを得ないということを訴えるものでした。そういう、原告の外での活動も含めて、単なるパフォーマンスでやってるわけではないということを裁判官に十二分に訴えることが出来た、というふうに考えています。

   第3は、小林武先生や山田朗先生の証言が判決に直結したことです。
   山田先生は軍事史の観点から装備等を詳しく読み解いて、自衛隊、航空自衛隊が何をやっているかということを証言しました。それから、現代戦において補給活動というのはどういう意味をもつかを明らかにした。そのことは判決文の中で違憲論に直結する武力行使だと言わせた証言でした。
   小林先生の証言は、平和的生存権、極めて精緻な平和的生存権論を組み立てられています。証言が終わってから、私が失礼にも小林先生に「今日、先生からお話をお聞きして、一番最高だった、すばらしかった」と申し上げたのは、本当にあの姿勢ですね。命をかけたような証言ではないかと思うぐらいの姿勢や気迫が裁判官の心を動かしたことは、私は間違いないだろうと思う。それぐらい素晴らしいものでした。



一審の無茶苦茶な訴訟指揮にも鍛えられ


  この判決を得たあと、いろんなところに行くと、「なぜ、名古屋なのか、大阪でも京都でも良かったではないか」という反応を受けるんですね。しかし、名古屋でなければならない部分もあった。
   それはなぜかと言うと、私たちも最初に訴えたときには気賀沢さんという普通の裁判長、裁判体で、真面目に聞くよ、正面から聞きますよという態度を示してくれました。私たちも期待したんですね。期待したけれども、きっと、やるべきことをやって、終わって負けてたでしょうね。
ラベンダー   ところがその後、悪い裁判官、最悪の裁判官と言っているんですが、内田計一裁判長が派遣されて来てですね、民事訴訟法は無視する、無茶苦茶な訴訟指揮をどんどんやるで、1年間に渡ってその無茶苦茶な裁判官たちと原告および弁護団は対峙を強いられました。対峙を強いられる中で原告も弁護団も鍛えられました。
   原告の人たちは、「私たちは普通のことを普通の裁判で訴えたいだけだ」そう言うことをねばり強く、そして非常に紳士的に訴えた。この姿は裁判所内外の共感を得ました。それを毎週毎週ですよ、最初は毎日、毎朝、毎晩裁判所の前に立って、こんこんと説かれ、そして毎週月曜日には栄に立って訴えられた。この姿は心打つものがありました。
   弁護団は無茶苦茶言われましたですね。失礼な弁護団だと内田計一に言われましたし、川口君はビラを撒くなと言われました。打ち合わせの場で表現の自由があると抗議すると、発言停止と言われました。弁論を分離する、結審だと流れたときには異議を言ったのを無視され、忌避だと言ったのに、忌避も無視される。そういった中で荒れる裁判になっていきました。
   その後それについては国賠訴訟を起こし画期的成果を得ています。裁判長の訴訟指揮がおかしかったんだと、当を得たものでないと一審、二審において言わせるという成果を上げました。国賠訴訟のなかで国側の代理人がやってきたことについては、訴訟に携わるものとしてあってはならないと言うことすら裁判所に書かせました。

   裁判所に対してそのようにきびしい迫り方を私たちはした。だけどもう一方、高裁に持って行った控訴審において私たちは非常に丁寧で、かつきちんとした裁判をやることが出来ました。
   これは考えてみると流れなんですね。
  一審で最初にいいわと思ったでしょ。そこでガツッとやられて、何もしゃべれない状況が一年も続き、ここでちゃんと聞いてあげますよという裁判体が出てきたときには、私たちは天にも昇る気分でしたね。ああ、この裁判官たちだったら、違憲判決をとれるんじゃないかと。私たち本当にそう思っちゃいましたね。この人たちに対して、まともに訴えれば違憲判決とれるんじゃないかと思って訴訟やったのはおそらく日本全国どこの裁判所でもなかっただろうと思います。
  その意味では私たち本気で控訴審では違憲判決をとろうというつもりになりました。その前の落差があまりにも激しかったからですね。そのお陰で私たちは主張としてもかなりつっこんだところまで主張しました。主張がまだ十分判決に生かされない部分もあります。だけど私たちの主張を十二分に汲んでくれた部分もある。今回生きた部分、判決を下して頂いたそういう違憲部分というのは最終準備書面のかなりの部分をそのまま採用して頂いた。
睡蓮    裁判所が意図的に採用しなかった部分もある。
  それがひとつは法令違憲、法令違憲の部分は私が書いたんですが、意図的に採用しなかった。だけど裁判所は私と同じ立場に立っているなあと思うようなところがあります。「政府の憲法解釈に立っても」と書いているところは、実は私は政府の憲法解釈に納得していませんよと思っているんではないかと、全体的にはそう思わせられます。「仮にイラク特措法が合憲としても」とこういう言い方もしているので、私は、極めて私たちの主張に近いものが本当は根底にあっただろうと思いますね。
   皆さんにお願いしたいのは、最終準備書面を読んでください。これは私たちの自慢のものです。弁護団全体の力を結集して作ったものです。これを読んで貰って、判決を読んで貰うと、判決が最終準備書面の中から何を採用し、そして、どんな立場に立ったのか。私たちの一番言いたいことですね、そこを採ってくれたのだということがよくわかります。

  1月27日、結審される少し前の日に私が弁護団の人たちにメールを流し、1月31日、今度の裁判で結審されるかもしれないと書きました。それでも違憲判決を勝ち取れる道はあり得る。それに向けた準備を今から始めよう、ということで具体的に憲法違反と事実問題と自衛隊の実態を中心に準備書面を書き始めようという提起をしました。
   私たちの闘いは原告団の頑張り、それから全国に及ぶ弁護団や原告団のつながりの大きさ、これはほんとに大きかったんですよ。私たちが何か主張を組み立てるときに、原告団の交流会の中で出る原告の人の発言がどれほど参考になったか。
  人間がどれほど傷つけられやすいものか。他人が死んでいくのを見たって傷つくんだよということは私たち頭の中で考えただけでは判らないんです。だけど原告の人たちはそれで傷ついているんです。どんなに傷ついたかということを語ってもらうことによって私たちは、人間ってそういう存在なんだ、だから裁判官たちにそれは他人事ではないんだ、傷ついていない人が言っているんではないんだ、傷ついた人たちが言っているんだよということを判って貰うように準備書面に書き、理論化することが出来た。ほんとに多くのものを原告の人たち自身から学びました。
愛西市立田の蓮花
  それからもうひとつ言っておきたいのは、長沼や恵庭の闘いを戦われた内藤功先生の力が大きかったですね。全国弁護団連絡会に来てくださっただけでなく、名古屋は特別に数が多いということもある。札幌と名古屋は特別にテコ入れが必要だと思われたのか、助けてやらんと危ない弁護士たちと思われたのか、よく来ていただいた。特に内田裁判官との苦闘をしているときには。
   私たちはあまり経験していませんからね。私は25年目ですけれどもあれほど荒れる法廷、あれほど訴訟法を無視した裁判は1回も当たったことがない。どうすればいいのか、忌避の申し立ての仕方やどうやって異議を言うのか、一般的な知識しかない。どうやって喧嘩するのか知らんということです。
   法廷内での喧嘩の仕方を教えて貰いました。法廷内での喧嘩の仕方を教えて貰い心構えだけは生きたけれども、残念ながら、恵庭、長沼のとおりにやっても上手くいかなかったですね。
   でも恵庭、長沼の闘いも私たちは引き継いだんだと今は言っています。そういうことが、時間の流れと横の広がりのなかでこの判決を勝ち取れる力になった。だから全国の皆さんに、この判決はみんなで勝ち取ったものだと、ぜひこの判決をみんなで使っていこうじゃないかと申し上げています。



マスコミが報じなかった国会のやり取り


  最後に1つだけ。この判決、それから判決後の問題をひとつ申し上げます。
   判決のなかで非常に詳細な事実認定が出ているでしょう。この詳細な事実認定は実は雑誌、新聞のほんの小さな記事やブログだとか、インターネットに流れた情報のなかの信頼できるもの、これらをつなぎ合わせたものです。政府が国会に対して何の情報も流さなかった。国民の情報開示に黒塗りでしか応えなかった。これらを総合判断しながら、国会答弁等も併せて認定したのがあの事実認定です。
   今年の4月25日に開かれた衆議院の安全保障委員会のなかで、その点について訊かれています。高裁判決は詳細な事実認定をしているではないか、我々が知らなかったことが書かれているじゃないか。この裁判官に政府は特別な資料を与えたのか、という質問が行われています。
愛西市立田の蓮花    そんなことはあり得ないんですけれども、それくらい国会では批判されているんです。
   何も知らされないまま物事が進んでいる。これに対する批判というのが強くあるんですね。いま私はイラク特措法を読んでみて、それから自衛隊法が改正されて、有事法制をもう一回読んでみて、最終準備書面を書くときに感じたのは、この国はいかに民主的統制をなくしてしまったか。国会の関与なしに自衛隊が出て行き、戦争に巻き込まれるような国にしてしまったか。
   そして今私が言ったような4月25日のやり取りをマスコミがほとんど報じないということの怖さ、このことから、私たち国民の知らないところで事態がどんどん進んでいくという恐ろしさを感じました。
   私たちはこの判決を全国に拡げて、全国の皆さんにこういう事実も広めながら、監視をし、頑張っていきたいと思います。


イラク訴訟の会のホームページで準備書面を読めます  (クリック)


4.17名古屋高裁判決全文紹介



関連記事

    注目  イラク派兵違憲判決、池住義憲原告団長の講演を聴く

    注目  九条の生命力を示すイラク派兵違判決 (小林武愛大大学院教授)

    注目  名古屋高裁が画期的判決  〜空自イラク活動は違憲〜

    注目  空自のイラク派遣、違憲判決  〜新聞により反応さまざま〜



やぐら「目次」に戻る












< 目 次 >

クリックで飛びます


・ 覚悟がないかぎり
           書けない判決

・ 法律家が高く評価する
             論理構成

・ 裁判体に2つの選択肢
 

・ イラクの実態を詳細に具体的に
 

・ 1審の無茶苦茶な
       訴訟指揮にも鍛えられ

・ マスコミが報じなかった
          国会のやりとり



  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ