閣僚の靖国神社参拝問題  

靖国参拝は他国への配慮ではなく
自分の心に問え

大西五郎    


  今年も「終戦(敗戦)記念日」が近づき、8月15日に閣僚が靖国神社に参拝するのかどうかが、注目されています。
靖国神社
   高村外務大臣は外遊先のインド・ニューデリーで記者団の質問に答え、「外相として参拝は差し控えると決めている」と答えました。高村外務大臣はその理由として「中国、韓国にとどまらず米国でも戦争指導者に参拝しているとの誤解がある」ということを上げました(8月6日中日朝刊)。

   しかしこれはおかしい。外国の懸念は誤解ですますことができないものです。
  私は戦争中に小学生でしたが、その頃「戦争に行って天皇陛下の御為に立派に死ね。死んだら靖国神社に神として祀られる。こんな名誉なことはない」と教えられました。靖国神社というのは、そのように日本国民を侵略戦争に駆り立てる役割を果たしました。その上侵略戦争を推進したA級戦犯が合祀されています。
  政治家がその靖国神社に参拝するということは、侵略戦争を肯定することになります。戦争でわが父、わが夫、兄弟を奪われた人が、慰霊のために靖国神社に参拝するのとは意味が異なります。「外国がどう思うか」ではなく、政治家として自分の心に問うて、態度を決めるべきだと思います。
愛西市立田の蓮花
   なお、新内閣の閣僚のうち、福田首相は「8月15日は全国戦没者追悼式に参列する。また、千鳥ヶ淵の戦没者墓苑にも参りたい。私の過去の行動を見てください」と、参拝しない考えを示しましたが(6日読売)、それならなぜ参拝しないのかを国民に明らかにするのが、一国の首相としての責任です。
  この他保岡法務大臣は当初「法相保岡興治として参拝する」と明言しましたが、その後文書で「参拝は私人の立場で行う」と訂正しました(6日読売)。谷垣国交大臣は「京都府遺族会会長でもあり、行く理由はある」と述べましたが(6日朝日)、国務大臣の立場を考えるべきでしょう。

   靖国参拝問題は、政治家、就中国務大臣としての資質を問う問題でもあると思います。



やぐら「目次」に戻る









  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ