広島平和記念式典

核兵器は廃絶されることにだけ意味がある


佐藤隆三    

オニユリ

  8月は日本人にとって特別の月です。

  南太平洋、テニアン島の米空軍基地を飛び立ったB29「エノラ・ゲイ」号は、1945年8月6日午前8時15分、「リトルボーイ」と呼ばれたウラン型原子爆弾を投下、広島市の上空約580メートルで炸裂しました。このたった1発の原爆が年内だけで、広島市全人口の約4割、14万人の命を奪いました。

   8月6日、広島は63回目の原爆の日を迎えました。広島市中区の平和記念公園で催された「原爆の日」平和記念式典には、約4万5千人が参加。海外からは、核保有国  中国、ロシアを含む過去最多となる55ヵ国の代表が参列しました。
   この1年間に死亡、または死亡が確認された5,302人の被爆者名簿2冊が原爆慰霊碑下の奉安箱に奉納されました。これで原爆死没者名簿は計93冊、死没者数は計25万8310人になりました。

   式典では秋葉忠利広島市長が平和宣言を読み上げました。
   「平均年齢75歳を越えた被爆者の脳裡に、63年前がそのまま蘇る8月6日が巡って来ました。『水を下さい』『助けて下さい』『お母ちゃん』――『こんな思いを他の誰にもさせない』ための決意を新たにする日です。」
ランの花
   平和宣言は、「被爆者の心身を今なお苛(さいな)む原爆の影響は永年にわたり過少評価され、いまだに被害の全貌は解明されていません。中でも、心の傷は深刻です」と強調、広島市が2年かけて原爆体験の精神的影響などについて科学的な調査を行うことを明らかにしました。
  「この調査は、悲劇と苦悩の中から生まれた『核兵器は廃絶されることにだけ意味がある』という真理の重みを私たちに教えてくれるはずです」と訴えています。
   また、「核兵器廃絶のために必要なのは、子どもたちの未来を守るという強い意志と行動力」と指摘し、核保有国による核兵器の配備、使用の即時停止に関する条約の2015年までの締結など、核兵器廃絶に至る道筋を具体的に提示し、世界の市民の協力による実現を訴えました。



認定患者は被爆者の1%以下


  被爆者の高齢化が進んでいます。被爆者健康手帳を持つ被爆者は24万3692人(3月末現在)。平均年齢は75.1歳です。
睡蓮    被爆者が全国各地で取り組んでいる原爆症認定訴訟は、7月18日の大阪地裁判決まで原告側が勝ち続けています。被爆者救援をかたくなに拒絶してきた被告・国を司法が断罪し続けています。
   しかし、、原爆症と認定された人は2,188人にすぎず、被爆者手帳を持つ被爆者の1%にも及びません。原爆症の認定に当たっては、高齢化した被爆者の実態に即した暖かい援護策の充実が求められます。

   広島・長崎の悲劇を繰り返させてはならないという被爆者の叫びが人々の心をとらえ、核兵器廃絶の声は世界の大勢となっています。しかし、核兵器は人類の生存と世界平和を脅かし続けています。いまなお、核保有国は2万6千発の核兵器を貯蔵、配備しています。そして、数千発が即時発射態勢におかれています。
   日本は、人類史上唯一、原子爆弾の惨禍を体験した国です。また、戦争と戦力を放棄する憲法九条を持ち、非核三原則を国是とする国です。すみやかな核兵器廃絶のためにイニシアチブの発揮を日本政府に強く求めたいと思います。

被爆直後の広島

被爆直後の広島市内



やぐら「目次」に戻る









  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ