感動した広島・長崎の平和への誓い


大西五郎    



  今年も例年と同じように、8月6日と9日に、テレビを通じて広島と長崎の平和祈念式典に参加し、原爆被災者のご冥福を祈って黙祷を捧げました。
サルスベリの花    広島平和宣言、こども代表平和への誓い、長崎平和宣言、被爆者代表の平和への誓いは、それぞれ感動的でした。
  今年の広島・秋葉市長の平和宣言、長崎田上市長の平和宣言は、共にこれまでの平和宣言より具体的に平和への道を述べていて、訴えを強く感じました。二つの平和宣言については、佐藤隆三さんが詳しく紹介しておられますので、私は広島のこども平和への誓いと長崎被爆者代表の平和への誓いを紹介したいと思います。



ヒロシマで起きた事実に学び、伝えていく


  まず広島の小学校6年生の今井穂花さんと本堂壮太くんの子ども平和への誓いから。
  「忘れてはならない原爆の記憶や、核兵器に対する怒りは、年々人々の心から薄れていると思います。しかし、人の命を奪う戦争や暴力は、遠い過去のことではありません。
   この瞬間にも、領土の取り合い、宗教の違いなどによって小さい子どもや大人、私たちと年齢の変わらない子どもたちの命が奪われています。
   失われた命の重さを思う時、何も知らなくては平和は語れません。だから私たちは、大きくなった時、平和な世界にできるよう、ヒロシマで起きた事実に学び、知り、考え、そして、そのことをたくさんの人に伝えていくことから始めます。」
クマゼミ   来賓席でこれを聞いていた福田首相はどう思ったか聞きたいところです。

   次に長崎の被爆者代表  森重子さんの平和への誓いです。森さんは両親と兄を原爆で失った経験を語ったあと、「東西の冷戦が終わっても、民族や宗教の違いや貧富の差からくる戦争は現在も世界中で絶え間なく続き、多くの人々が苦しんでいます。
   しかし、わが国は戦後63年間一度も戦争をすることなく、一人の日本人も戦争で殺されたり、他国の人を殺したりしていません。これは、多くの人々の犠牲の上に定められた平和憲法のおかげです。
   私は、この平和憲法と非核三原則を日本のみならず世界中にひろげていくことが、戦争をなくし、核兵器の増大と拡散をとめる有効な手段であると考えます。」と語りかけました。

   これこそ、私たちが求めている「九条を守る」意義だと改めて深く思いました。


        (二つの平和の誓いは、
            正確を期すため毎日新聞6日夕刊と10日朝刊を参考にしました。)



やぐら「目次」に戻る









  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ