兵士供給の背景は戦前・戦後、米でも同じ


大西五郎    



  朝日新聞が8月14日から5回に亘って「二つの戦後」という連載行いました。その第1回で連載開始の理由を「イラク戦争から5度目の夏になる。 オニユリ 日本はイラクへ自衛隊を派遣し、クウェートを拠点にした空輸活動が今も続く。戦争とどう向き合うのか。間もなく63回目の終戦記念日。『二つの戦後』の足元をみる」と述べています。

   1回目と2回目は、イラク戦争に従軍した若い海兵隊員の男女の「戦後」と、かつて中国大陸で戦い、捕虜を殺す現場に立ち会った人の戦後も引きづる心の痛みの話でした。
   読んでいて重要なことに気付きました。アメリカで海兵隊員のリクルートに白人の貧困層やヒスパニック系の応募が多く、「奨学金で大学に行ける」というリクルーターの言葉に促がされて海兵隊に入隊(イラクの戦地に行く)するという事実です。

   たまたまNHKのラジオ深夜便が[戦争インタビュー]というシリーズを放送していましたが、その中で15日(正確には16日午前1時)から「高度4000メートルの別れ」という、元海軍飛行機関士へのインタビューが放送されました。
ラベンダー    海軍に「桜花隊」という特攻隊がありました。人間魚雷といわれた回天に翼を付けたような「桜花」というプロペラを持たない飛行機を、大型機が吊り下げて敵艦近くまで行って切り離し、「桜花」が3本の小型ロケット推進で敵艦めがけて突っ込んでいくという話です。この話をした人は「桜花」を吊り下げる大型機に乗り組み、上空で特攻兵が「桜花」に乗り組むのを手伝って、往ったら還らぬ隊員と別れたときのことを証言してくれました。

   この人は、徴兵を待たずに海軍飛行隊に志願して入隊したということですが、その入隊の動機を「当時は私ら農家の次・三男は、警察に行くか兵隊になるかしかなかった。私しゃ軍隊を選んだ」と言っていました。疲弊した農村が兵士の供給源になっていたということですね。
   この話と現在のアメリカでの海兵隊リクルートの話との符合に胸を塞がれました。これは過去の日本の話でも、アメリカだけの話でもないと思いました。
   現在の日本では、「丸山真男をひっぱたきたい。31歳フリーター 希望は戦争」という論座に掲載された文章が話題を呼んでいます。「希望は戦争」は逆説としても、これが一部の人には同感をもって話題として広がっていく社会的背景が、今の日本にはあるということです。

   この二つの報道は、貧困と戦争ということを深く考えるべきことを教えてくれました。



やぐら「目次」に戻る









  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ