「憲法に国民が命を吹き込む」
ことを訴えた中日新聞の社説

大西 五郎



  集団的自衛権の行使に当る自衛隊のイラク派兵、インド洋での米艦船への給油など、なし崩し的に憲法第九条を実質改憲する政治が進む中で、読売新聞の改憲論をはじめ護憲の主張をしていた朝日新聞、毎日新聞も現実に進む事態を半ば受け入れて次善の「改良的」論旨の社説に揺らいでいる中で、2月3日付けの中日新聞の社説は「憲法に命を吹き込む」と題して、国民が「英知の結集である日本国憲法の血肉化に主体的に取り組む」ことを訴えていました。
ニセアカシアの花
   この社説は、「日本國憲法には、人類の長い歴史の中で培われた近代民主主義の思想と理想が詰め込まれています」と「日本国憲法に盛り込まれた考え方、言葉を通していまを生きる人たちが過去と向かい合い、将来を見据えることで憲法に命が吹き込まれます」と説いています。

   「昨年夏の参院選で自民・公明の与党を少数勢力にした有権者の選択が『二院制』に命を吹き込んだ」といいます。「『ねじれ国会』『法律がなかなか成立しない』など否定的な受け止め方もありますが、衆議院での三分の二多数に加え、参院でも多数を握っていた安倍政権の時は、時代錯誤のようなテーマを掲げて強行採決が繰り返されたのと比べてどちらが民意をより多く繁栄した政治になるか、いずれは明らかになるでしょう」としています。

   「米艦船などへの給油を可能にする法案は、参院で否決後、衆院で三分の二以上の賛成で再可決、成立しました。政府は自衛隊が海外活動できる一般法制定も計画しています。衆院の選挙も近づいています。憲法に命を吹き込み、血肉化、社会化できるか…判断、選択の重要なキーワードです」と国民が憲法の思想・理想を自分のものとする取組みを求めています。
   重要な指摘と思い、紹介しました。



中日新聞社説全文紹介



やぐら「目次」に戻る