「伝えたい戦争の真実」

重い口を開き始めた戦争体験者


沖野皓一    



  八月の戦争と平和について考える番組、何本かご覧になりましたか?
楠公園のキンモクセイ    ETV(NHK教育)特集の「シリーズBC級戦犯」のように、加害者になってしまった人たちの戦争体験は、自身の行為に対する自責の念からも、これまでほとんど語られて来ませんでした。同じようにレイテ、マニラなど東南アジアの戦場で、飢餓と病いの中、仲間たちを見捨てて辛うじて生き延びた元兵士たちは、異口同音に、「これまで家族にもその体験を語ることはなかった」と証言していました。(「証言記録・兵士たちの戦争」)

   なぜ彼等は今語り出したのか。証言者のほとんどが80歳から90歳という高齢で「今語らなければ死んでいった戦友たちの口惜しさが、誰にも知られずに埋もれてしまうという危機感と責任感から、敢えて自分の恥にもなる体験を語る決心をした」といいます。
   また、彼等の口を開かせたのが、戦争を知らない若い制作者たちの誠意と情熱であったことが、素晴らしいと思いました。
   それにしても、捕虜になるくらいなら死を選べと命じた『戦陣訓』(東条英機が陸相の時に作られた)が、兵士だけではなく沖縄などの市民をも巻き込んで、たくさんの人たちが死んでいったことへの怒りと悲しみを感じさせる番組でした。



見る者の心を凍らせる米軍新兵養成


  今年は八月だけではなく、九月に入っても見応えのある番組が放送されました。
  九月の14日と15日に放送されたNHKスペシャル「兵士はどう戦わされてきたか」「ママはイラクへ行った」は、戦場で心の傷を負った兵士や、母親である女性兵士の家庭が壊されてしまう現実を描いて、戦争の残酷さを伝えていました。
   「殺せ、殺せ、殺せ」と叫ばせ、命令に対しては絶対服従のロボットのような兵士を作り出す訓練。人間性を破壊することを目指す新兵養成の実態は見る者の心を凍らせるような映像でした。
   番組では時間の制約もあってでしょう、志願するアメリカの若者の社会的な背景については十分に触れていませんでしたが、9.11のアメリカの同時多発テロの体験をきっかけにジャーナリストになった堤未果さんが書いた本が実情を詳しく伝えています。
木曽三川公園のコスモス   その一冊は「報道が教えてくれないアメリカ弱者革命」(海鳴社 2006)、もう一冊は「ルポ 貧困大国アメリカ」(岩波新書 2008)です。
   堤さんは、「ルポ 貧困大国アメリカ」のあとがきで、「生存権という、人間にとって基本的な権利を取り戻すことが戦争のない社会につながる」という真実に気がついた人々がアメリカにも現れ始めていることに希望を寄せ、「一つの国家や政府の利害ではなく、人間が人間らしく誇りを持って幸せに生きられるために書かれた憲法は、どんな理不尽な力がねじふせようとしても決して手放してはいけない理想であり、国をおかしな方向に誘導する政府にブレーキをかけるために私たちが持つ最強の武器でもある。それをものさしにして国民が現実をしっかりと見つめた時、紙の上の理念には息が吹き込まれ、民主主義は成熟しはじめるだろう」と書いています。



許されない、自民総裁選報道の偏向ぶり


  また、10月5日夜のNHK・BS1では、イラクのアブグレイブ刑務所で行われていたイラク人捕虜虐待の実態を告発した米軍憲兵隊員の証言を中心に、捕虜虐待の実行者として処分された兵士へのインタビューで構成したドキュメンタリーを放送しました。驚いたのは兵士たちにそうした行為をとらせたラムズフェルド元国防長官やチェイニー副大統領、将軍らは全く裁かれず、逆に実態を暴露されたことを怒って告発者を危険な状況に追い込んでいたことでした。
   戦争を民営化して捕虜虐待を禁じるジュネーブ協定を無力化する(兵士ではなく社員の行為とする)など、戦争で儲けようとする人々が権力を握っている今のアメリカの実態についても、堤さんのルポは詳しく書いています。ぜひご一読を。
   それにしても、こうした良い番組を放送する一方で、自民党総裁選に関する報道に膨大な時間を費やしたり、各地の「九条の会」の活動については一切触れないNHKニュースの偏向ぶりは厳しく批判しなければなりません。 刻々と近づいてくる国民投票に向けて、マスコミの動向を厳しく見守っていきましょう。



やぐら「目次」に戻る









  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ