愛大九条の会と共催で記念講演会

飯室勝彦さん『メディアの憲法報道を問う』


大西五郎    



  第3回総会に続いて「メディアの憲法報道を問う」と題する記念講演会を愛知大学九条の会と共催で行いました。講師は中日新聞論説委員でもある飯室勝彦中京大学教授です。70名の参加がありました。



◆憲法体制を揺るがす田母神論文"問題"


香嵐渓のもみじ

  飯室氏はまず、「真の近現代史観」という論文で、日本を侵略国家というのは濡れ衣だと主張した田母神航空自衛隊幕僚長(当時)の論文問題をメディアがどう報じたかを取上げました。
   飯室氏は、メディアの報道は「侵略を認め謝罪した村山内閣の政府見解と異なる」という点にとらわれ過ぎていて、自衛隊のトップが憲法を否定するような考え方を公然と唱えたことの危険性という視点が欠如している。田母神前空幕長は「文民統制」を無視し、政府(首相及び防衛相)はその逸脱に対して厳しい態度をとっていないことの指摘が弱すぎる。自衛隊のトップがあのような論文を発表できる雰囲気が自衛隊の中にあった、侵略戦争を美化し、平和憲法を否定するグループが存在するということは大変なことである。その背景を掘り下げる報道が欠如している。「私は2・26事件を起こした時と同じではないかという危機感を持っている」と述べました。



◆改憲報道の四つの問題点と"風"の怖さ


  続いて飯室氏は、現在のメディア(主に新聞)の報道の問題点を四点に亘って指摘しました。

(1) 改憲に突出する読売、産経の姿勢 ジャーナリズムの基本は自由な報道と言論だ。メディアは様々な事象や意見を紹介しつつ、そこから問題点を提起すべきで、初めに「改憲賛成」があって、世論をそこへ誘導するような報道は疑問である。 萩の花
(2) 改憲問題にニュートラルはあり得るか――現実主儀の落とし穴 考える「基軸」を定めないで議論すると現状肯定に陥り易い。「論憲」といって羅列紹介するだけでは正しくない。中日新聞は「戦争を起こしてはイカン」「戦後培ってきた価値観・秩序を大切にしよう」「憲法は国民を縛るものではなく、国民が権力を縛るものである」ということを基準にして考えるという立場を貫いている。
(3) 訳知り顔で愚直になれない報道姿勢 事情通を誇示するだけで原理原則を論じない。実現しそうもないことは報道しない。その結果政治より政局報道になっている。国民には問題が見えない。
(4) 誤った「客観報道」「公正」論 ひところ「70%が憲法改正容認」という世論調査結果が報道された。70%の中身が分析されず、数字だけ「客観的」に報告する。しかし「九条は変えるな」は多数。改憲勢力が「新しい人権」などを持ち出すと、その狙いを真正面から指摘することを躊躇してしまう。
その結果、いつの間にか改憲へ向けて感覚的手法のテレビによって"風"が吹いてしまう恐れがある。



◆楽観できない伏流水、それでも若者への期待


ススキ

  世襲、松下政経塾出身の自民党議員の単純、保守思考、権力に寄り添い補完する公明党、擬似自民党になりかねない民主党の危険性、自信を持って発言し始めた財界と、改憲への伏流水が増している。
   若い人は生まれた時から繁栄と平和がそこにあった。憲法は特別に考えない空気のような存在。そうした若い人に憲法を身近なもの、大切なものと実感させる工夫が必要だが、中日新聞が行った「憲法の現場」「記者が見た戦争」という連載は、若い人から提案された企画で、担当の職場以外の若い記者から「俺にも取材させてくれ」という希望がどんどん出された。「私は若い 記者に希望を持っている」と述べた時、飯室氏は思わ ずハンカチで目を拭っていました。




関連記事

    注目  〜二周年記念講演〜『メディアの憲法報道を問う』 講師:飯室勝彦中京大学教授



やぐら「目次」に戻る









  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ