麻生首相の支持率低落は

首相の憲法感覚も原因か

大西 五郎      



  12月9日に新聞各紙やNHKそれにJNNが世論調査に基づく麻生内閣の支持率を発表しました。
コスモス   それによりますと、支持率は朝日新聞の調査で22%、毎日新聞で21%、読売新聞は20.9%、中日新聞が25.5%、NHKが25%、JNNは23.9%と、軒並み20%台前半まで急落し、政権を維持するためには危険水域といわれる30%を大きく割り込みました。
   新聞やテレビ報道の解説によりますと、麻生首相は「政局より政策」と言っておきながら、追加景気対策を盛り込む第二次補正予算案を今の臨時国会には提出せず、1月の通常国会に先延ばししたことや定額給付金の不人気などが原因と指摘しています。
   もちろんそれが大きな要因と思いますが、それだけでなく、憲法改正を進めようとする麻生内閣の政治姿勢に国民が拒否の反応を示したことが底流にあると思います。



憲法感覚が問われる麻生首相


   明治憲法(大日本帝国憲法)は、国家が国民を統制するという考えに貫かれた法典でした。それに対して現憲法(日本国憲法)は国民が国家権力を縛るという立場で作られたものです。第9条は、国家に戦争の道具である軍隊をもたせないぞ。国家が勝手に外国と戦争をすることを禁ずるぞという宣言です。憲法というものをどう考えるかの根本問題です。
   改憲派は、国民を統制するための憲法を再現しようとしています。安倍元首相の「戦後レジームからの脱却」というのは、憲法で国民が国家権力を規制するという現在の体制を明治憲法の時代に戻そうというものでした。だから国民がそれに「ノー」を突きつけ、安倍氏は自信を失って政権を投げ出したのです。
香嵐渓のもみじ    麻生首相はどうでしょうか。麻生内閣の閣僚には第9条をなくせという改憲派(靖国派)といわれる人たちが多数入閣しています。麻生首相は、集団的自衛権の行使について解釈を変更し、他国(米国)の軍隊と一緒になって軍事行動がとれるようにしようと言っています。そしていちいち新しい法律を作らなくても、いつでも自衛隊を海外に派兵できるようにする「恒久法」の成立を目指しています。
   麻生首相は、産科医不足問題で「自分は病院を経営しているからわかるが、医師には社会常識に欠ける者が多い」と言いました。医師が不足している中で麻生家が経営する病院で医師に無理な勤務を要求し、それを断られて、経営者である自分の権力に従おうとしないのは常識のない奴だという意味で言ったのだとしたら、麻生首相の方こそ社会常識に欠けています。憲法で国民を統制しようという考え方と同じです。
   また麻生首相は、「同窓会に行くと同級生がよぼよぼしている。自分は健康に気をつけているから医療費はかかっていない。私の方が税金は払っている。たらたら飲んで食べて何もしない人の分の金を何で私が払うんだ」ということを言いました。首相でありながら社会保障制度が分かっていないことを露呈しましたが、分かっていないというよりは、国が国民を守る義務を負っていることを拒否し、国民は国に奉仕すべきだという考え方のあらわれです。ここでも憲法感覚が問われます。
   国民は、こうした麻生氏の憲法感覚にキナ臭さを感じているのではないでしょうか。それが低支持率をもたらしている底流にあるように私には思えます。



やぐら「目次」に戻る









  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ