TBSの見識を疑う

「ニュースキャスター」への田母神前空幕長の出演

大西 五郎      


南天の実

  12月27日のCBC「ニュースキャスター」(TBS発)という番組に田母神前空幕長がゲストとして出演しましたが、いわゆる田母神論文の問題について航空自衛隊の最高指揮官の立場を問題にするのでなく、彼に今年多発した防衛省不祥事件の原因を問い、制服組から背広組への不満を述べさせるだけで終わったのを視て、次のような批判文をTBS編成局長宛に送りました。



  TBSテレビ編成局長様

  12月27日のニュースキャスターは「一年の総決算」ということで防衛省で不祥事が次々に起こる原因は何かも話題にしました。そこに田母神前空幕長がゲストとして招かれましたが、原因は制服組と背広組(内局)のコミュニケーションの不足ということに焦点を絞り、田母神氏が制服組の不満を述べる形で終わりました。
   司会の安住アナが「田母神さんについては論文問題などもありますが」と言いながら、論文問題には一言も触れない構成でした。
   田母神前空幕長を番組に出演させるならば、航空自衛隊の最高幹部であった人間が憲法九条の専守防衛では国を守れない。集団的自衛権を行使すべきだという主旨の発言をしたこと、文民統制を無視する態度を公にしていることこそを問題にし、問い詰めるべきでした。
サザンカ   それを一方的に田母神氏に制服組の主張(と彼が称する)に基づく発言の場を与えて終わりました。
  それならば、制服組の主張の中身を検証すべきでしたが、それは行われませんでした。また、田母神氏をゲスト出演させるならば、少なくともTBSの防衛省担当記者なり、解説委員を同席させるべきでした。

   番組の内容に唖然としたというより、「TBSは何をやっているのだ」という憤りを感じました。田母神前空幕長といえば話題性があり、高視聴率がとれるということで彼をゲストとして出演させたというのなら、テレビ局のジャ−ナリズムとしての役割、矜持を放棄したものと言わざるを得ません。できればTBSとしての見解を伺いたいです。



やぐら「目次」に戻る









  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ