改憲への流れは止まっていない

立松 清隆


〜憲法9条の具現化へ、地道でも取り組みましょう〜


  昨年の参議院選挙で「2010年の改憲発議」を公約に掲げた自民党の惨敗、 水仙 「戦後レジームからの脱却」を主張した安倍前首相の突然の政権投げ出し、集団的自衛権行使解釈拡大答申の延期など、明文改憲・解釈改憲ともにその流れは大きく後退したかに見えました。
  しかし、テロ対策特別措置法の執拗なまでの再議決、自衛隊海外派兵恒久法制定の動き、生活者重視と言いながら改憲論議を求める福田首相の政治姿勢などを見ると、改憲への流れは水面下では間違いなく動いているといえます。



憲法審査会で真摯な議論を    〜福田首相表明

  1月18日に始まった第69回通常国会での就任後初の施政方針演説で福田首相は、次のように憲法に関する議論の深化を期待しました。
   「国の基本を定める憲法に関する議論につきましては、昨年の通常国会で関係各位のご努力により、国民投票法が成立しました。もとより国会が決めるべきことではありますが、今後は国会のしかるべき場において、国民投票法の審議過程で積み残された諸課題や、改正するとすればどのような内容かなど、全ての政党の参加の下で、幅広い合意を求めて、真摯な議論が行われることを強く期待しております。」
   梅花 また福田首相は1月23日、参院本会議の各党代表質問における社民党福島瑞穂党首への答弁でも、昨年8月に衆参両院に設置された憲法審査会について「すべての政党が参加し、幅広い合意を求め、真摯な議論が行われることを強く期待する」と述べ、設置以来開かれていない憲法審査会の早期始動に期待を表明しました。

   自民党は今年の運動方針に、「新憲法制定に向けた国民的議論の喚起」を掲げています。
   自民、民主、国民新各党などの改憲派議員でつくる新憲法制定議員同盟(会長は中曽根康弘元首相)も、憲法審査会の「早期始動」を働きかけているようです。すでに賛同国会議員は300人以上になっているとのことです。



自衛隊の海外派兵恒久法のうごき

  また、立法改憲の動きも出てきました。昨年の福田首相・小沢民主党代表との大連立会談で判明した自衛隊の海外派兵恒久法制定の動きです。
   福田首相は、年頭会見で「迅速に活動できる態勢があっていいのではないか。そういうことが可能になる恒久法を整備してもいいんじゃないかという考えはもっている」と明言。1月21日の衆院本会議では鳩山民主党幹事長の質問に対して、「わが国が迅速かつ効果的に国際平和協力活動を実施していくためにふさわしく検討を進めていく。野党とも十分議論させてもらいたい」と答弁しています。
   民主党の小沢代表は、国連決議がある場合には海外での武力行使も可能というのが持論で、民主党が昨年末に国会に提出し継続審議とされた「アフガニスタン復興支援法案」には、その方向での恒久法の「早期整備」が明記されています。
福寿草
   このように、日本国憲法は明文改憲、解釈改憲、立法改憲の危険にさらされているというのが現状です。 昨年秋に行われた全国の「九条の会交流会」では、全国津々浦々に「九条の会」の運動が広がっていて、昨年11月現在で6,802に増え、さらに日々新しい「九条の会」が結成されていることが報告されました。このことに自信を持って運動を進めましょう。

   またこの交流会では、ただ「九条を守れ」というだけでなく、「九条を生かす」ことも考えていこうと提起されました。日本の政治を積極的に九条の立場に変えていく運動が必要なのです。
   本会第二回総会で記念講演をしていただいた前田哲男さんも、「憲法9条の具現化」を強調されました。 改憲の流れに負けないように、取り組みを行ってゆきたく思います。



やぐら「目次」に戻る