愛知35、岐阜22、三重は全市町村

非核宣言の自治体が全国で約1500


2009.3.13    大西五郎    



  名古屋市長選に立候補を表明している太田よしろうさんが、去る6日に発表したマニフェスト(第一次案)の中に「憲法9条をいかし、平和的生存権に基づき、市民の安全を守ります」という項目があるのを見つけました。


名古屋栄の木蓮 (09.3.12)

1) 小牧基地の米軍利用と基地機能強化に反対し、事故を頻発させている名古屋飛行場の訓練飛行の中止を求めます。小牧基地に配備されている空中給油輸送機は、直ちに撤去を求めます。

2) 名古屋港への核兵器搭載可能な米艦船と自衛隊の入港を認めず、「非核・平和名古屋市宣言」「非核名古屋港宣言」を行います。

3) 名古屋空襲をはじめ戦争の悲惨を伝え、平和の尊さを学ぶ平和教育に積極的に取り組みます。

4) 1978年の名古屋市と中国・南京市の友好都市提携をいかし、「南京虐殺記念館」の展示物を紹介するなど、平和と友好の絆を深めます。

  と書かれていました。

隣の庭の杏の花 (09.3.12)   九条の会は、特定の政党や政治的運動を支持したり、一緒に行動することはしないことになっていますが、「憲法9条を生かし…」という項目を見つけましたので、参考までに紹介しました。今後、他の立候補者のマニフェストに「憲法9条」関連の項目があれば、それも紹介しようと思います。

   ところで、太田さんのマニフェストに「非核・平和名古屋市宣言」ということが述べられていましたので、全国で非核宣言をしている自治体がどのくらいあるか調べてみました。「日本非核宣言自治体協議会」(事務局:長崎市原爆資料館内)のホームページに、宣言を行った自治体の数と協議会に参加している自治体名が紹介されています。
   それによりますと、非核宣言をした自治体は1500余りあります。愛知県では62自治体中35自治体、岐阜県では43自治体中22自治体、三重県は30の全ての自治体が非核宣言を行っています。 県単位では、この地方で唯一三重県が「非核平和県宣言」(1997年)を行っています。愛知県議会も非核ではありませんが「平和県宣言」(1963年)を行っています。



三重県の「非核平和県宣言」(1997年)


  人類共通の願いである世界恒久平和は、三重県民すべての願いでもある。しかしながら、今なお核兵器は存在しすべての人類に脅威を与えつづけている。
   三重県議会は、過去5回にわたり核兵器に反対する決議を行い、非核平和の志を表明してきたところであるが、この度の県下全市町村の決議と共に非核平和県を宣言する。
   なお、この際、領土侵犯、局地戦争、紛争、核物質の不法投棄など、人々の生活を脅かすすべての行為の絶滅を求め、自らもそのために努力することを表明する。
   以上、決議する。

三重県議会      



比較的早い段階での
    [愛知県半田市の非核宣言](1958年)抜粋


  本議会は人類の生存をおびやかす実験を止めさせ、核兵器持込みを許さぬため7万市民の期待に応え次の各項を厳粛に確認し決議とする

名古屋栄の木蓮 (09.3.12)

(1)政府は次のことを速やかに実現させるため努力すること。

(イ) 米、英両国に原水爆の実験を即時全面的に停止し、東西首脳会談を開いて実験禁止協定が速やかに結ばれるよう努力すること。
(ロ) 日本本土、沖縄への核兵器持込みをさせないよう速やかに米国と協定を結ぶこと。
(ハ) 日本の「核非武装宣言」を行い自衛隊の核兵器武装化を行わないことを世界に宣言すること。


(2)本議会は

(イ) 八月東京で開かれる原水爆禁止第四回世界大会を支持し代表を送る。
(ロ) 核兵器実験を続ける国々に即時実験禁止を要請する。
(ハ) 本市は永久に核兵器による武装化がなされないことを保障し半田市の「非核武装宣言」を行う。



琴線に触れる訴え
   [三重県菰野町の非核平和都市宣言](1985年)


  鈴鹿山麓のまちからの呼びかけ


鈴鹿の山嶺ができていく億万年
雲ながれ、しゃくなげの花がさき
平和の使、かもしかが走る
ほとばしる岩清水にうるおされた
その山麓の野辺でたわむれ歌う子どもたち
      (中略)
しかし、この平和の営みも
この世に核兵器がある限り
いつ幻とついえるかわかりません
ひとたび核戦争がおこったとき
私たちのまちだけでなく
全人類が絶滅の危機にさらされます
過去の過ちや
平和をおびやかす現下の熾烈な国際情勢をみつめるとき、
単なる杞憂とは言っていられません
平和を願う私たちひとりひとりの努力と
核兵器廃絶をもとめる強い叫びの波紋を
全世界に拡げてこそ
真の平和が生み出され
私たちのまちにも静かな営みがゆるされるものと信じます。
       (中略)
ここに私たち菰野町は
非核平和のまちであることを誓い
核兵器をすてた世界の恒久平和を期して訴えつづけることを

宣言します。  

菰野三山が平和の陽光に輝くのを
みんなでみることができるように
歓びの日でありますように願いながら。




やぐら「目次」に戻る









  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ