ここへきて改憲派が蠢きだした

九条の輪をさらに大きくして包囲しよう

2009.4.25    大西 五郎      



@ 自・公が憲法審査会の始動めざす


自民党と公明党は4月23日、衆議院議院運営委員会に憲法審査会の委員数や議決要件を定める規定案を提出し、与党案に沿って審議するよう動議を出しました。
徳川園の牡丹   憲法審査会は、2007年安倍内閣のときに憲法改正のための国民投票法と同時に憲法改正原案を審議・提案することを目的として設置が決められました(国会法改正)。しかし野党の反対で審査会の委員数やどのように運営するかなどの規定が決められないままできました。それをここへ来て規定を決め、審査会が活動できる(改正案の審議を可能にする)ようにしようというのです。
   与党の規定案は、委員の数を50人とし、政党の所属議員の比率に応じて人数を割り当てる。議決は出席議員の過半数とし、国会が閉会中でも審査会を開くことができるというもので、憲法改正案の原案審議を急ぐ狙いがあります。
  これに対して民主、共産、社民の3党は、国民投票法そのものが与党の単独採決で成立したとして、与党の規定案作成の動議に反対しました。
  しかし与党側は憲法記念日の5月3日前にも委員会で動議を可決し、衆議院本会議に上程する構えだといわれます。
   九条の会が全国的に増えるなど、憲法を守る運動が広がる中で、改憲派は鳴りを潜めていましたが、ここへきて巻き返しに出ようとしているのです。9条を守る運動をさらに広げて、改憲派の策動を阻止しなければなりません。



    A 安倍元首相が麻生首相に
            集団的自衛権行使の憲法解釈変更を迫る


  24日の産経新聞(インターネット判)は、麻生首相が23日に、安倍首相(当時)の私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(略称安保法制懇)で座長を務めた柳井俊二元駐米大使と首相官邸で会談し、集団的自衛権の行使を違憲とする現行の政府解釈について意見を聞いたと報じました。
   安保法制懇は、安倍氏が政権を投げ出したため首相を継いだ福田首相(当時)に「集団的自衛権を行使できるよう憲法解釈を変えるべきだ」という答申を出しましたが、福田内閣は答申を受け取っただけで、新しいアクションは起しませんでした。
桜通りのヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃ)   産経新聞は「北朝鮮のロケット発射や海上自衛隊のソマリア派遣を受けて、集団的自衛権を行使できるよう解釈変更が必要と判断したもので、解釈変更を本格的に検討することになる」と述べています。
   一方25日の読売新聞によりますと、麻生・柳井会談を仕掛けたのは安倍元首相で、柳井氏に首相官邸を訪問させたということです。
  安倍氏自身も「その夜、首相公邸に密かに乗り込み、首相に「憲法解釈の変更を衆議院選の公約に掲げたらどうか」と迫りましたが、首相は元々解釈変更論者ですが、「慎重に進めたい」とのべただけだった、と首相の態度に不満というような論調の記事でした。

   ところで24日の毎日新聞は、呵呵大笑する麻生首相の写真を載せて、「首相気力充実? 支持率もバー通いも回復」と報じていました。小沢代表の西松建設からの献金問題で民主党の躍進に翳りが出ていること。内閣支持率が上向いてきたことで、麻生首相が元気だというのです。
  こんなことで憲法改正に"邁進"してもらっては困ります。支持率が上向いたといっても依然20%台半ばで、政権維持の危険ラインといわれる30%を下回ったままなのです。首相周辺は首相の気が緩んで「舌禍」が起きないか心配しているとも書かれていました。



やぐら「目次」に戻る









  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ