朝日新聞世論調査

「憲法9条 変えるな」 が64%

2009.5.2    大西 五郎      



  5月3日の憲法記念日を前に朝日新聞が行った世論調査では、憲法を「改正する必要がある」が53%、「改正する必要はない」が33%でした。
ニセアカシアの花   しかし「憲法9条を変えない方がいい」は64%に達し、「変えた方がいい」は26%にとどまりました。

   「憲法を改正する必要がある」と答えた人に理由を聞いたところ、「新しい権利や制度を盛り込むべきだから」が74%で、「第9条に問題があるから」は15%にとどまりました。
   新聞の記事では一目では分かりにくい点があったので、表を作り直してみました。
   「目くらまし改憲論」の影響が出ている一方、「九条を守れ」が依然大勢であることがわかります。




世論調査結果

今回調査

前 回

  

理由比

全体比

今の憲法を変える必要があると思いますか

  

憲法を改正する必要があると思う

53%

 

 

56%

  

(理由)

新しい権利や制度を盛り込むべきだ

 

74%

39%

 

    

第9条に問題があるから

 

15%

8%

 

    

自分たちの手で新しい憲法を作る

 

9%

5%

 

  

憲法を改正する必要はない

33%

 

 

31%

  

(理由)

第9条が変えられる恐れがあるから

 

44%

15%

 

    

国民に定着、改正するほどの問題点はない

 

36%

12%

 

    

自由と権利の保障に役立っているから

 

14%

5%

 

憲法9条を変える方が良いと思いますか

  

変える方がよい

26%

 

 

23%

(変える方がよいと答えた人に)        どのように変えると良いですか

    

自衛隊の存在を書き込むにとどめる

 

50%

13%

 

    

自衛隊を他の国のような軍隊と定める

 

44%

11%

 

  

変えない方がよい

64%

 

 

66%

自衛隊の海外活動はどこまで認められますか

  

武力行使をしなければ海外での活動を認める

9%

 

 

15%

  

必要なら武力行使も認める

56%

 

 

64%

  

海外での活動は一切認めない

9%

 

 

15%

「国民は健康で文化的な最低限の生活を営む権利がある」は、どの程度実現されていると思いますか

  

ほぼ実現されている

6%

 

 

 

  

ある程度実現されている

45%

 

 

 

  

あんまり実現されていない

41%

 

 

 

  

ほとんど実現されていない

6%

 

 

 

※ 憲法25条についての質問は08年調査では行わず、97年調査で肯定は65%、否定は32%だった。

※ 前回調査は2008年4月19,20日に行った。

 

  なお、2日の朝日新聞は13頁のオピニオン面で、東ティモールやシエラレオネの国連PKOで紛争処理に当たった東京外語大伊勢崎賢治教授の「憲法9条は日本人にはもったいない」を掲載し、「ソマリア沖の自衛隊派遣は国益のための軍隊の派遣=9条違反なのになぜ反対しないのか。護憲派の中で憲法前文と9条の関係を忘れている。」という問題提起を伝えています。