緊急!

5月3日のNHK番組に右翼の圧力


2009.5.1    大西五郎    



  放送を語る会の小滝さん(元NHK名古屋)から次のような要請が届きました。日本国憲法誕生の経緯を知るためにも重要な番組と思います。
  右翼からNHKへ攻撃が予想されるということですが、5月3日の放送を視て、NHKに右翼の圧力に負けず、真実を追究する努力を激励したいと思います。



        右翼の標的にされる危険
                 〜5/3  放送「天皇と憲法」


藤の花

  NHKスペシャル「シリーズJAPANデビュー」の第2回『天皇と憲法』が5月3日(日)午後9:00〜10:13  総合テレビで放送されます。
   「日本が近代国家の骨格とも言うべき憲法を定めてから120年。憲法起草者の井上毅が残した6,000点を越える資料、ドイツなど諸外国に残された資料を掘り起こしどのように大日本帝国憲法が制定されたかを分析。さらに政党政治の自滅と天皇絶対主義の国対論の激流をこれまで紹介されていない資料によって描き、大日本帝国憲法下の政治体制がどのように崩壊したかを検証していく」(NHKの番組紹介広報から)
   4月から放送が開始されたこのシリーズを制作する「プロジェクトJAPAN」ですが、4月に放送された2本の番組は早くも右翼からの激しい攻撃に晒されました。
   「プロローグ戦争と平和の150年」(4月4日放送)に対しては、「憲法9条擁護に偏向している」「反日的である」との声が数多く寄せられ、制作現場からは「視聴者の意見は『賛』『否』真っ二つだった」と報告されています。
   シリーズ「JAPANデビュー」第1回『アジアの一等国』(4月5日放送)に対してはさらに激しい攻撃が加えられました。
   「親日的といわれる台湾人に対する侮辱」などの声がNHKに殺到しました。番組でインタビューに応じた台湾在住の人々を調べ上げた右派が、「本当にあんなことを言ったのか!」などとしつこく電話するような攻撃も台湾現地に押し寄せていると聞きます。
ナンジャモンジャの花   右派メディアからの攻撃も展開されています。一面トップに「激怒NHK『偏向番組』」と報じた「夕刊フジ」(4/20)、「歴史歪曲と台湾人が激怒したNHK『超偏向』番組」(「週刊新潮」4/23)など。
   「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」「日本李登輝友の会」などの質問書や抗議声明提出の動きも伝えられています。
   いま私たちにできるあらゆる手段で、NHKや制作現場がこうした攻撃にひるむことなく毅然として自主・自律を貫いた制作をつづけるよう励ますことが私たちに求められていると思います。5月3日に放送される「天皇と憲法」を多くのみなさんがモニターし、意見や感想を伝え番組制作者をはげますよう呼びかけたいと思います。


<意見・感想のあて先>


(メール)

NHKオンライン→ドキュメンタリー/教養「NHKスペシャル」→感想・問い合わせ

http://www.nhk.or.jp/special/onair/090503.html

(FAX)

03−5453−4000

(手紙)

〒150-8001 NHK放送センター NHKスペシャル『天皇と憲法』担当者行

(電話)

視聴者コールセンター 0570−066−066

または044−871−8100



やぐら「目次」に戻る









  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ