学習会詳報

学習会「田母神発言と15年戦争への道」

文責:佐藤隆三      



  東海放送人九条の会は4月7日、名古屋市公会堂第1集会室で、「田母神発言と15年戦争への道」と題した学習会を行いました。講師は、CBCで論説委員を勤め、退職してから20年経つという下島光男さんです。下島さんは東海放送人九条の会の運営委員でもあります。
   以下はその講義の詳細な報告です。




田母神発言と15年戦争への道



下島講師

  先日大騒ぎしたテポドン騒ぎ、あれを迎撃すると云って大騒ぎしていたのが、実は航空自衛隊なんです。不勉強で航空自衛隊がミサイルまで担当していることは、この間初めて知りました。航空自衛隊というのは飛行機のことだけやってると思っていました。
  田母神空幕長も飛行機乗りから空幕長になったと最初は想像していたのですが、彼の履歴を見ましたら、防大を出てからミサイル関係、ナイキの部隊に配属されて、若いときはずっとそれをやってきたようです。このあいだ大騒ぎをして、未だ飛び出してもいないのに、発射した、発射したという情報を流したのは田母神空幕長の後輩のようでございます。
   田母神氏が事件を起こし、自衛隊をクビになった直後に田母神論文に関心を持ちまして、彼が懸賞論文を応募したアパグループのホームページを見ましたら、田母神論文が全文載っておりました。そんなのを参考にして今日の講演の原稿を作ったわけでございます。



大陸進出は相手国との条約に基づくものだったのか


  この論文は「日本は侵略国家であったのか」というタイトルですけれども、この中に、いろんな彼の発言が載っております。
カタクリの花   戦前の日本の大陸進出は相手国との条約に基づくもので決して侵略ではない。今のアメリカ軍が日本に駐留しているのと一緒だと云っている。
   それじゃ今の日本はアメリカに占領されていないとはっきり言うことが出来るのか。そこからして、彼の論点が間違っているんじゃないかなと云う感じがするわけです。私は、アメリカが日本に軍事基地を置き駐留していること自体が、アメリカに日本が占領されているんじゃないかとこういう風に思っているんです。
   ところが田母神氏は、戦前の日本は現在のアメリカ軍と一緒で相手の了解を得て向こうに進出して行ったんだと。例えば日露戦争、日清戦争なんかで勝ちまして、国際法上の条約に基づいて合法的に進出して行ったんだ。義和団事件があってその始末をつけたときの最終議定書に日本の軍が中国に何名か進出してもいいんだという駐兵権に関する条約を当時の清国と結んでいるんだと云っております。
   更には「対華21ヶ条」というのは、日本では大正年代に入ってからだと思いますが、大連の租借、それから南満州鉄道の経営、その期限を99年延ばすという条約なんですが、これなんて、実に強引な話でして99年というのは永遠にというのと同義語です。その99年の権利を獲得しただけではなくて、南満州鉄道における土地の権利までも中国にむりやり押しつけて結んだものなんです。それを論文の中で、条約を結ぶとき、或いは外交には多少の押しつけがあってもそれほどおかしなものではない、と云っております。
徳川園の牡丹   この「対華21ヶ条」というのはその後中国民衆の反感を買い、排日運動の原点となった条約です。つまり、これをきっかけに中国の人たちが日本に対する憎しみを非常に強めてきたというものです。が田母神氏に言わせれば、それほどおかしなものではない、しかも最初は袁世凱政府が承諾したじゃないかと云うことになります。
   それから更にもっと酷いのは中国進出は蒋介石と話し合いをしてやったんだと云う主張です。
   一体何のことを言っているのかといろいろと調べて見たんですけれども、蒋介石との話し合いで中国に進出したと云えそうなのは、実は1935年に結ばれた「何応欽(カオウキン)・梅津協定」しかありません。
   ところがこの時には既に満州国は出来てるんです。満州国は中国の土地です。中国東北部です。そこから更に北京を含む河北に進出するときには「何応欽・梅津協定」を結んで出て行ったんだと言うんですが、当時中国は国共内戦の真っ最中で、国民党は毛沢東共産党と戦っておりました。そのどさくさに、強引に何応欽にこの条約を押しつけて河北に進出して行ったわけです。それがたぶん田母神氏の言っている「話し合い」の唯一理論的根拠になっているんではないかなと、そんなふうに考えるわけです。



日本は戦争に引きずり込まれた被害者か


  更に彼は、「むしろ日本は戦争に引きづり込まれた。その証拠には、国共合作をして、その結果国民党内に中国共産党の分子が入りこみ、蒋介石がコミンテルンに動かされ日本に戦争を仕掛けてきたんだ」と云っております。
   国共合作というのは国民党と中国共産党が一緒になって日本に対抗しようと合作したものです。その結果、蒋介石はコミンテルンに動かされて日中戦争を仕掛けてきたというわけです。
ムスカリ   更には、張作霖の爆殺事件は日本軍がやったということはこれはもう歴史的に証明されているにも関わらず、田母神氏は関東軍の仕業とは断言出来ない、中国共産党或いはコミンテルンの仕掛けたものではないかと言っております。ただし、出典は示しておりません。
   ほかにも、日米戦争はルーズベルト政権が日本に対して仕掛けたものだと云っています。その証拠は、太平洋戦争が始まる前に早くも中国にフライングタイガーと云う義勇軍を送り込んでいる。それによって既に日本軍と戦争していたんだ。だから真珠湾を攻撃する前に彼等は日本に戦争を仕掛けていたんだ、こういうことですね。
   しかも、日本とアメリカが戦争になる誘因となったハルノートはコミンテルンのスパイであるハリーホワイトという財務次官補がこれを書いたんであって、これが太平洋戦争の切っ掛けになった。とまぁ、そういう話をしているわけです。
   それが「日本は侵略国であったのか」の内容です。



日本の植民地統治は穏健だったのか


  更にもっと酷いのは「日本の植民地統治は非常に穏健であった。植民地の内地化を図ろうとしたものだ」と云っていることです。
   植民地を内地化しようとしたのは日本だけだ。満州国の建国の理想は五族協和ということで、満州に王道楽土を創ろうという理想があった。それで、日本と漢民族、満州民族、朝鮮民族、蒙古族、この五族が手を取り合って満州国を建設しようと考えた。
   それが日本の理想である、と。
桜の花   しかも満州国が出来てからは非常に治安が安定したと書いています。その証拠として人口が増えていることを上げています。治安が良好だったから人口が増えたという口実で、人口が増えたことを治安が安定した証拠としています。
   人口が増えたと云っても日本から大勢の移民が渡っています。
   むかし分村と云って日本の農民が向こうに村を作りました。ところが、この村を作るために何をやったかと云うと、当時土地を持っていた満州人、或いは中国人からその土地を強制的に取り上げて、それを日本から行く移民に配ったわけです。ところがそういう事実を彼はまったく書いていません。
   分村で思い出しますのは、私の田舎、長野県の今は南木曽町と云いますけれども、当時の村の名前は読書村(よみかきむら)と云いました。あの辺は木曽谷ですから土地もあまりありません。私たちの村からも満州国に読書村の分村を作っています。
   その人たちは、敗戦のときにはソ連の侵攻によって非常に酷い目にあって、たいへん苦しい思いをして日本に帰ってきたわけなんですが、その人たちが与えられた土地というのも、こういった中国人、或いは満州族が持っていた土地を分け与えられたわけです。
   そういうことで、植民地統治が非常に穏健だったということはあり得ないわけで、田母神氏は細かいデータを調べもしないで、簡単に言い切っているわけです。
   もっとおかしいのは、大阪帝大や名古屋帝大より先に京城帝大や台湾帝大を作った。非常に現地教育に熱心だった。現地の人たちの教育のために一所懸命尽くしたと云っていることです。
   しかし、当時の台湾帝国大学、あるいは、京城帝国大学は、現地の人たちのためではなく、日本人のための大学だったんです。自慢しているように現地の人たちのために大学を作ったというようなものではありません。



創氏改名はなかったのか


  更に創氏改名などあり得ないとも書いています。
   陸軍士官学校を出た人に、洪思翊(ホンサイク)陸軍中将や、金錫源(キンソグオン)大佐というような有名な朝鮮人の士官が、或いは将官がいる。日本軍は決して彼等に差別をしなかった。創氏改名などとんでもない、そんなことはあり得ない、と云っています。
カタクリの花   が、実は創氏改名というのは、1940年、昭和15年になって初めて云われたものです。ですから、そのとき既に軍の相当の地位にあるホンサイクさんだとか、キンソグオンさんがあわてて名前を変える必要はないわけです。もう実力者になっているわけですから。
   名前を変える必要がないから変えなかっただけです。
   しかし、一般の朝鮮の人たちはむりやり名前を変えさせられたわけです。それが日本の目指す植民地の内地化だったのです。
   それから、もっとおかしいのは、朝鮮李王朝に梨本宮方子(まさこ)さんが嫁いだとか、それから満州国の皇帝の弟、溥傑氏に嵯峨浩(ひろ)さんが嫁いだことをあげています。
   列強と言われる国々が植民地の王族に対して、或いはトップに対して、自分の国の人間を嫁がせた例はない。これらの国々に対する思い入れで、植民地統治がうまく行った、穏健にいったと主張してるわけです。



日本が侵略国というのは濡れ衣か


  そして、大東亜戦争は愚劣な戦争ではなかった。白人支配からアジア諸国を開放した正義の戦いであった。これは、多くのアジアの国々の人たちが評価していると云っています。しかし、おかしなことに、列記されたアジアの国々の中に中国と韓国、北朝鮮は入っていません。
灯台(どうだん)つつじ   更に東京裁判は勝者による押しつけ裁判であって、このマインドコントロールは今も続いている。そのために自衛隊はがんじがらめで身動きが出来ない。例えば領域の警備、竹島とか尖閣諸島の警備が出来ない。集団的自衛権の行使が出来ない。それから武器は正当防衛のときしか使えない。また、攻撃的兵器は持っちゃいけない、と。
   そういうことをまとめて云って、挙げ句、日本が侵略国であるというのは正に濡れ衣であると、こういうことを彼は、主張しているわけです。
   まあ、いままで私が申し上げたことでみなさん、彼の云っていることが、如何に可笑しなものであるかお気づきになったと思います。



退職後にますます過激になる言動


  彼は退職後すぐに、まったく待ってましたとばかりに本を出しているんですね。どうも退職前から本を書くのを準備していて、自分が自衛隊を辞めたら書いてやろうと思っていろんな準備をしていたんじゃないかと思うくらい素早い出版でした。最近出た本が「自らの身は顧みず」。これはワックという出版社から出ていますけれども、ワックという出版社はウイルという雑誌を出している会社です。それから「田母神塾」という本も最近出されました。そのなかで云っていることは、更にヒートアップしています。
   例を申し上げますと、例えば従軍慰安婦も南京大虐殺も真っ赤な嘘であると、はっきりこういうことを云っています。で、従軍慰安婦について云うならば、当時世界中で合法的だった売春という職業である。商行為である。だから、そんな従軍慰安婦なんてあるわけがない。彼はそういう酷いことを云っています。
   更に南京大虐殺では、中国が歴史を武器にして仕掛けてきたいわゆる情報戦争であって、30万人もの人間を虐殺すれば、狭い南京の街は死体がゴロゴロしてたはすだ。だけど、当時南京には外国の通信社もあり、それが通信を出せば世界中に広まるはずなのに、そんなものは何もなかった。そういうふうに言い切っているわけです。



不都合な資料は無視


  だけれども、私が読んだ歴史の本のなかでは、例えば当時の外務省の東亜局長であった石射猪太郎さんという方が、回想録を書いているんですけれども、その回想録のなかに南京で多数の人が殺された。虐殺されたと、当時南京にいた外務省の役人が報告しているんですね。報告には人数までは書いてありませんけれども、そういうことがあったと、しかも、それは占領した日本軍がかなり乱暴なことをしてるということで、外務大臣を通じて軍に、こういうことをさせちゃ困るじゃないかと石射さんは抗議しているわけなんです。
徳川園の牡丹   そういう石射さんの回想録があるんですが、そういうものに田母神氏はまったく眼を向けないで、とにかく、南京大虐殺も従軍慰安婦も真っ赤な嘘だと、こういう言い方をしているわけです。

   しかも、現役のときには村山談話は自分の考えには合わないけれども、それを真っ向から批判したことはないと云っておきながら、辞めたあとは、直ちに村山談話を破棄せよと主張しています。村山談話はようするに日本は悪い国だと云う自虐史観に則ったものであり、左翼の総理大臣が過去に発した談話など、何の法的拘束力もない。村山談話を踏襲するということは自衛隊の士気を低下させるだけでなく、国民の命を危険に曝すことになる、とここまで村山談話を批判しているわけです。
   また、専守防衛では国が守れない。専守防衛というのは金のかかる政策で、非効率な戦略であると書いています。
   大人の暴力から子どもが身を守るためには、いろんな武器を身につけなければ大人の暴力には勝てない、というような例え話を引いて、専守防衛は金のかかる政策であって、非効率な戦略であると、こんなことを云っております。
   更に非核三原則は撤廃して核兵器で国防と外交を強化せよと、こういうきついことも云っております。
   三木内閣のときに武器輸出の三原則が出来ました。その三原則というは、共産圏諸国への輸出をやめる、国連決議によって輸出禁止国になってる国には出さない、紛争やそのおそれのある当事国には輸出しないと。それを中曽根内閣のときになって少し変え、武器輸出に関する政府統一見解というのをまとめています。それは先の三原則に加えて、憲法や外国為替、或いは外国貿易法の精神に則り輸出を慎む。或いは、武器を作る機械、つまり武器製造関連の設備というものも輸出はしないということを決めています。
   田母神氏は、これもやめてしまえと主張しています。これは国益を毀損していると。もっと乱暴な言い方をしているんですけれども、武器を欲しがってる国は世界中にあるんだからそこへ武器を輸出して儲けりゃいいじゃないかと、田母神氏はヌケヌケと言ってるわけなんです。



教育勅語と修身の復活を目指す


  そして、更に日教組の左傾化教育が日本をダメにしてしまったと云う主張も展開しています。
カタクリの花の群生   左傾化教育というのがどうして出来たかと云うと、東京裁判のマインドコントロールということもあるんですが、それ以外に、公職追放によって日本の立派な人たちがみんな抜けた。そのあとへ戦前例えば京大事件だとか人民戦線事件などで大学を逐われた左傾化した先生方を戦後みんな大学に呼び戻した。その先生たちが生徒を教育して、その生徒がみんな各地に散らばって、日本の左傾化教育が今に続いているんだと。で、日本には教育勅語という立派なものがある。戦前には修身という本もあった。それによって日本は立派な伝統ある日本人だったんだから、教育勅語と修身を現代に復活せよと、こういうアナクロニズムと云うのか、とにかくムチャクチャなことを云っているんです。
   田母神氏は幕僚学校長の時にそういった勉強をさせようと講座を作るわけですね。「田母神塾」という本は、この幹部自衛官を教育した時の教科書の中身をそのまま本にしたみたいですね。こんな酷い話をずっと幕僚学校では教えていたわけです。
   こういった田母神氏の発言を見ていきますと、事実に基づくより、自分に都合のいい情報だけを寄せ集めて書いていく、或いは主張していくわけです。これが田母神氏の歴史認識だとすれば、実はこれは歴史認識という域にも入らない、本当に薄っぺらな内容にしかすぎないわけです。



このような人物がなぜ空自のトップに


  実は週刊朝日のなかにこんな記事がありましたので、ちよっと拾ってまいりました。
   田岡俊次さんという軍事ジャーナリストがいます。このごろよくテレビに出ておりまして、このあいだのテポドン騒ぎのときにも出て話をしておりましたが、この田岡さんという人は決して左の人ではありません。 愛知県の県の木、ハナノキ この田岡さんが田母神氏を指して、こんな人物が司令官だったら戦争になったら負けると云っている。自分の情念に合う説ばかりを結びつけて、論文の内容はと云えば、可笑しいところを上げていけばまったく切りがない。まさにこれは論文になっていないと言っています。
   それからこれはテレビでたまたま見たんですが、軍事アナリストの小川和久さん、この方もテポドン騒ぎではよくテレビに出ていました。この小川さんが読売テレビの番組で田母神論文について訊かれたときに、「私の知っているアメリカ軍関係者に聞いたところ、彼はゼネラル田母神ではなくて、キャプテン田母神だ」と。つまり、田母神将軍ではなくて、田母神大尉にすぎないと云うアメリカ軍関係者の発言を小川さんが紹介しておりました。しかし僕はキャプテン田母神にも値しないという気がするんです。いずれにしても、田母神論文にはそんな批判が出ております。
   それから、たまたま、インターネットで田母神ブログというのを引いてみましたら、田母神批判のブログというのはずいぶん出ているんですね。田母神を支持するブログより、批判するブログの方がえらいたくさん出ておりまして、驚きました。もちろん、田母神氏を支持しているブログもないわけではありません。



「閉鎖社会」自衛隊での田母神思想の拡がり


  田母神氏がこんなことを言っても通用してきたのは、ある意味閉鎖社会と云える自衛隊のなかだからじゃないかという気がするんです。
桜の花   田母神氏が学校長をやったという統合幕僚学校というのは、昔の海軍大学とか陸軍大学に匹敵するような幹部学校です。ある程度現場を踏んで佐官になった幹部の中から各自衛隊が選んで入校させ、将来トップに行くような幹部を作る学校なんです。そこで先ほど申し上げました「田母神塾」の内容が教育されてるわけです。受講した佐官クラスというのは年齢的には30代の後半から40代にかかる士官だと思うんですが、その人たちが「まるで眼から鱗が落ちた」と田母神氏のところに言ってきたと書いています。
   ということになると、いったい自衛隊の諸君というのは何を勉強しているのか、何をいままで勉強してきたのか。いい年こいて何だ、という気がしないでもないですね。
   「正論」3月号にも自衛隊の幹部連中が匿名で出てきて、座談会をやってますが、全員がこの田母神発言を支持している。今の自衛隊、陸海空それぞれに田母神思想というのが拡がっているんじゃないかと、非常に怖い感じがします。



文民統制が危惧される曖昧な処分


  さて、その田母神氏に対して日本政府が何をしたかと申しますと、まったく、「臭いものに蓋」という形ですね。
   論文が受賞した10月31日、航空幕僚長を解任したあと幕僚幹部付けにして、翌月の11月3日に定年退職、円満退職ということにして、退職金も支払うというような、慌てた処理の仕方をしているわけです。
   実はこれは、田母神に対して自発的に辞表を出せ、もし、懲戒処分に入った場合には審理するのを辞退しろと、政府側から田母神氏に要請した。ところが田母神氏は「辞表は出しません。もし懲戒して審理をするのなら、私は全部喋らして貰います。」と云ったもんだから、とてもじゃないけど、こんな田母神を相手にしてるとえらいことになるというんで、バタバタバタっと11月3日というヘンな日に田母神氏を円満退職させたわけです。
馬酔木の花   で、11月11日に参議院の外交防衛委員会がありまして、そこに彼は参考人として呼ばれました。既に彼は自衛官ではありません。もう制服を脱いでいる田母神氏ですから、審議の方も通り一遍の審理で終わってしまいました。それで国会審議も終わりということになっているのですが、ただその時の審議のなかで田母神氏の発言のなかに非常に怖い言葉がありました。
   質問者が、応募論文235件のうち94件が自衛官だったというのは本当かということを田母神氏に訊きました。それに対し田母神氏は、98とか70なんぼとかいう数字ではなくて、私が指示をすれば1千を超えるような論文が集まるんじゃないかと、胸を張っております。これは非常に怖い話です。
   そうなりますと、今の政府の文民統制というのはどこまで行き届いているのか、実はこの辺も非常に心配なところであります。文民統制によって田母神のクビを切ったと言っておりますけれども、実際には臭いものに蓋という形で、彼を自衛隊から追い出したに過ぎない。そして野に放たれた虎は現在あっちこちでマスコミを巻き込んで、自分の主張を続けているわけです。
   たまたま調べてみましたところ、田母神氏が航空幕僚長に就任したのが、2007年3月です。当時は安倍晋三総理、防衛相が久間章生さんです。と云うことは、田母神氏を航空自衛隊のトップに引き上げたのは安倍氏と久間氏だと云えるんじゃないかという気がします。



旧陸軍にもあった曖昧な事件処理


  この田母神氏に対する「臭いものに蓋」と似た状況が、じつは旧陸軍時代にもあったというところが、私の話したいところなのです。それが結局15年戦争、そして日本の敗戦というものにつながっているんです。
   じつは、田母神氏がああいう形で曖昧に辞任させられた直後に、ああ、これではあの時と一緒じゃないかと、そういった事件があったことが頭に浮かび調べて見たんです。
つつじ   1931年、昭和6年になりますか、3月事件、10月事件という未遂に終わったクーデターが陸軍部隊内で起こっています。
   この1931年という時代を考えますと、非常に現在と似てるんですね。1929年の秋にアメリカで株が暴落したのを切っ掛けに、世界中で不景気が始まります。大恐慌と云われる時代です。
   そのころ中国では、ナショナリズムが高まって、例の「対華21ヶ条」反対の声が中国の民衆のなかに拡がっていく。中国政府もそれを放っておけなくなり、そうした民衆の力を背景に「99年」を変えてくれという強い要求を出す。一方軍縮問題ではロンドン条約が批准される時代でありました。
   553ということで、アメリカ、イギリスが5、日本が3という、いわゆる軍艦の持分を決める条約が結ばれました。ところが日本海軍はこれが気に入らない。それで、ロンドン条約を締結しようとした政府に対して、統帥権の干犯だということで抗議をする。陸軍も便乗して、政府はケシカランというような気持ちになっていく。しかも、議会の方も政友会と民政党という、今で云う二大政党がありましたが、これが党利党略で対立している。軍が政府批判を始めると、片方の政党が軍に尻尾を振って軍の肩をもつということで、議会そのものの論議も進まない。選挙ではお金をバラ撒くような選挙をやっている。
   そう云った現在とよく似た時代だったわけです。そういった時代を背景にして、この3月事件、10月事件は起きるわけです。



クーデター未遂でも処分なし


  この3月事件、10月事件の中心になったのは、参謀本部所属の若手佐官クラスの将校たちが集まって作った桜会というグループです。これが中心になり、軍首脳を巻き込んで、それに民間の右翼も加わってクーデターを計画した。
タンポポ   3月事件のときには当時の陸軍大臣であった宇垣一成を総理にしようとしました。3月事件が失敗におわり、10月事件のときには荒木貞夫中将を担いで軍事政権を樹立しようとした。荒木という人は当時は中将だったがのちに陸軍大臣になり文部大臣にもなっているはずです。髭の中将、髭の大将と云われておりました。この人を担いで軍事政権を樹立しようとしたそういうクーデター事件です。
   いずれも、内部通報する者があったり、それから、この連中維新の志士気取りで料亭などで気勢を上げるもんですから、バレちゃいましてどっちも未遂に終わりました。
   未遂に終わったんですが、3月事件のときにはこれに関わった人間は誰も処分されていません。というのは、軍首脳も関わってるわけですから、この桜会の連中を処分するだけでは済まなくて、処分するとなれば軍首脳まで処分しなければならない。しかし、軍首脳は俺はイヤだと。俺たちもちょっと関わってるから止めようやと、で3月事件についてはまったくの処分なし。
   また、10月事件はその3月事件よりもっと大掛かりに計画したわけなんですが、これについても、関わった将校たちに、10日から20日の謹慎処分を科したあとは、地方や満州の前線へ分散して復帰させ、勤務に当たらせています。



満州事変と10月事件の関わり


  10月事件のときには既に満州事変が始まっておりました。
   この満州事変を起こすに当たって、この10月事件のメンバーたちも関わりをもっておりました。満州事変を起こした関東軍の参謀、板垣征四郎なんかと桜会のリーダーであった橋本欣五郎が連絡を取り合っている。ということになると、板垣たちが満州事変を起こし、10月事件はそれに呼応して国内でクーデターを起こし軍事政権を作ろうとしたものと思われるわけです。
   それにしても、これら処分の仕方というものは誠にいまの田母神処分とよく似ているわけです。
浮釣木(アプチロン)   事件が曖昧に処理されたために、軍首脳が若手の将校たちを統制する力が弱くなって、いわゆる下克上の時代がやって来ます。その後、中堅将校たちがいろんな意味で独走する。満州事変を起こしたことだって関東軍の独走です。この時には司令官を無視した形で参謀クラスの連中が満州事変を起こしています。この関東軍の独走で満州事変はどんどん戦火が拡がって、上海に飛び火をし、そしてその後日中戦争になり、太平洋戦争になる、ということになるわけです。
  この3月事件、10月事件はその後のいろんなテロを誘発しているわけなんです。それくらいのことをやっても、そんなに酷い罪にならないんじゃないかという気持ちが軍の中に、或いは右翼のなかに、拡がったんじゃないかなという気がします。
   相次ぐテロ事件としては、例えば血盟団事件というのがあります。それから五・一五事件がありますね。五・一五事件では海軍の軍人と士官候補生が犬養毅首相を殺害しているわけなんですが、この時でも処分が非常に軽くて、一人無期懲役が出ただけで、後は禁固15年から4年ということですんでいます。首相を殺してもその程度だったらということが最後の軍部のクーデターである二・二六事件につながっていくわけです。



皇道派を一掃して統制派が軍を握る


  ただ二・二六事件の特異点は、3月事件と10月事件で中心になった桜会の連中が、二・二六を起こした若手将校から排除されます。排除されてどうしたかと云うと、桜会に所属していた連中は、逆に二・二六事件の中心になった皇道派の将校たちを排除する統制派という形でもって固まるわけです。ですから、この二・二六事件によって皇道派が排除されると、日本陸軍というのはすべて統制派のものになります。そしてその統制派がその後の日中戦争、太平洋戦争に繋がっていきます。
ラン   先ほど申し上げました桜会に関連した軍首脳はみんなそれぞれ所を得て、軍の中枢をずうっと歩んでいるわけです。ですから、最初に3月事件、10月事件をきちんと抑えておいたならば、或いはその後の日本は変わったんじゃないか、そんなふうに感じるわけです。
   田母神氏は最近聞くところによると国会議員に立つんじゃないかという話もありますし、既にオファが来ているという噂も伝わっております。ああいう人物が出てきて大きな声でやり出すと、意外に小泉さんと一緒で非常に短い言葉でワァワァと云っちゃうと、成る程と納得する人が多いもんですから、そういう意味では非常に怖い存在ではないかなというような気が致します。

   以上、私が田母神発言について感じたことを申し上げたわけなんですけども、あと何かありましたら、質問を受けたいと思います。




参加者の感想など(要旨)



  田母神発言は私たちが戦中に受けてきた教育よりもっと酷い戦争賛美の発言だ。空自のトップとして自衛隊幹部にこんな教育をしていたかと思うと本当に恐ろしいことだ。政府はもっとしっかりした懲戒処分をやるべきだ。


  田母神発言の底辺が心配だ。毎年夏に戦争展がある。そこで右翼も会場をとって、「もう一つの戦争」というのをやっている。それを見ていると、田母神発言に出てくるものが全部書いてあって、写真や文献などが展示されている。
  そのような考え方が広くあって、田母神さんは宣伝の「係り」ではないかと思われる。


  1機300億円のステルス戦闘機F−22を買おうとしたが、アメリカが生産を中止しようとしているので、買うことはなくなったと思うが、それだけのお金があれば福祉や暮らしに使うべきだ。自衛隊は予算を使いすぎだ。


  田母神氏が自衛隊を辞めてからテレビ局の出演が多い。テレビ局の感覚が私たちの当時とは違ってしまった違和感を感じる。


下島講師

  田母神氏が出ると数字が稼げるので呼ぶのだろうが、それでいいのか。小泉さんとよく似た言い回しでパッと言っちゃうと、そのウラを忘れてしまってその言葉だけポンと一人歩きして、胸にストンと落ちるというところがある。それが非常に怖い。
   それと、田母神氏が出ているのは、報道番組ではなくて報道を装った芸能番組ですよね。数字がとれるというのでああいう番組を作っていると思うけれども、視聴者からは報道番組と受け取られかねない怖さがありますね。
   政府が彼の退職のときにきちんと処分しておけば、テレビ局も数字が取れるからと田母神氏の宣伝に利用されることはなかったのでしょうが、円満退職ということで「田母神さんは可愛そうだ」という誤解が生まれ、その側面も利用された。


  「田母神と15年戦争」ということでぜひ来なくてはと思ってやって来ました。田母神ですけども、このあいだ岡崎で講演をしました。一つのお寺でやり満杯だったんです。390人くらい。
   田母神はあちらこちらに講演で歩いているんですけど、この3月〜9月で27回の講演を予定するそうです。その中で、8回はこの愛知。ですから愛知が正に田母神右翼の講演の一番のターゲットになっている。
   空自のイラク派兵に名古屋高裁が違憲判決を出した4月17日には、田母神が全国の改憲派、右翼に名古屋に集まれと号令を掛けている、と云われています。

   名古屋市と南京市が友好都市になって30周年です。それを記念して、名古屋駅に近い国際センターで3月24日から29日まで、南京大虐殺の写真展が行われました。名古屋市も後援をしてくれたのですが、岡崎に拠点のある右翼が何度も押しかけてきて、とうとう名古屋市は負けて、こともあろうに後援を取り消したんですね。
   展示されているのは、南京市にあるいわゆる虐殺館で展示されている写真です。民間人が虐殺され、拷問された写真です。南京まで行って見るのはタイヘンだから、名古屋で展示しようという企画です。6日間も展示したわけですが、毎日のように街宣車がやってきました。
   中日新聞が3月28日の夕刊トップで「戦禍は知ることから」というもの凄い大きな見出しで報道しました。それでみなさんに知られることになりまして、29日は朝から押すな押すなのもの凄い数の方が展示を見に来て下さいました。東京から、また京都から滋賀県から全国的にもね。
   やっぱりいま押し返す力を作って行かないとタイヘンだなぁと思っています。
   田母神が愛知をターゲットにしているという点では、私たちも元気よく、押し返していく世論を作っていかなければいけないかなあと今思っています。


  田母神氏に引用された秦郁彦さんがコメントのなかで「田母神論文というのは私の論文を引用しているけれども、いいとこ取りだけで、私の云ってる本旨を書いていない。」と云っています。


  名古屋高裁の違憲判決のときに田母神空幕長が「そんなのカンケーネー」と云ったが、あのとき彼は公務員だったので、憲法99条に明白に違反している。あの時に処分すべきだったと思う。最近は公職者の改憲発言をよく聞きます。これも憲法99条違反ではないか。酷い場合は憲法99条違反で訴追すべきだ。


  田母神氏をおもしろおかしくテレビに出してはいけない。テレビ局や担当プロデューサーに電話やハガキで抗議する運動に取り組みたい。


  ドイツと違って日本は戦争責任の反省が不十分なために、調子のいい話に惑わされてしまうのではないか。
   私は13年生まれですから、終戦の年に教科書に墨塗りされて育ったんですが、学校教育で満州事変とか盧溝橋事件、二・二六などを教わった記憶がありません。高校の時に世界史という授業はありましたが、当時の教科書を今読んでみましてもあまり詳しく載ってないですね。
   日本の恥部を隠そう隠そうとする傾向が非常に強くなってきている、というところが問題ではないか。


  下島さんがご指摘になっているように、田母神論文というのは何冊かの本の中から自分に都合のいいところだけを抜き出してつなげた程度の論文だと思うんですが、逆にだからこれは大した論文じゃない、ということで、マスコミの上では田母神問題は終わったような感じになっている。
   ただ、テレビ局が視聴率稼ぎのために田母神を時々出演させているという、こういう状況になってると思うんですね。
   いま下島さんがお話になった、旧陸軍のクーデター未遂事件が曖昧に処理されたことで15年戦争につながったということをマスコミはもっと重視する必要があると思います。
   それがどうもマスコミに充分その認識がないんじゃないか、そういう気がします。
   産経新聞社が発行している「正論」という雑誌で、田母神を応援する座談会を記事にする状況になっていますが、その辺のマスコミの態度というものを我々は問題にしていく必要があるんじゃないかと思っています。


註) 参加者の質問、感想は録音機の位置で聴き取れた範囲のものとなっています。



DVD「田母神発言と15年戦争への道」のラベル

写真をクリックするとサンプル映像を表示します


※  お読みいただきました、下島光男代表委員・元CBC論説委員の「田母神発言と15年戦争への道」の講演を撮影、録画しましたDVDをご希望の方に5百円(送料別)でお分けしております。  
ご希望の方は佐藤隆三(ryu21318@yahoo.co.jp)までメールでお申し込み下さい。



やぐら「目次」に戻る











< 目 次 >

クリックで飛びます


・ 田母神発言と15年戦争への道
 

・ 大陸進出は相手国との
     条約に基づくものだったか

・ 日本は戦争に引きづりこまれた
            被害者か

・ 日本の植民地統治は
            穏健だったか

・ 創氏改名はなかったのか
 

・ 日本が侵略国というのは
             濡れ衣か

・ 退職後ますます過激になる言動
 

・ 不都合な資料は無視
 

・ 教育勅語と修身の復活を目指す
 

・ このような人物が
         なぜ空自のトップに

・ 「閉鎖社会」自衛隊での
       田母神思想の拡がり

・ 文民統制が危惧される
           曖昧な処分

・ 旧陸軍にもあった
           曖昧な事件処理

・ クーデター未遂でも処分なし
 

・ 満州事変と10月事件の関わり
 

・ 皇道派を一掃して
         統制派が軍を握る

・ 参加者の感想
 



  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ