9条雑記 いろんな9条の会で


2009.5.28    井土真杉(東海ラジオ.OB・津市在住)    



ガクあじさい

  「9条の会」が全国で7千以上ともなると、身近にもたくさんの会ができまして、私は勉強のためにも可能な限り顔を出すようにしております。

  「みえ9条」、「津9条」、「津駅西9条」などが地域的に直接私にかかわりのある「会」ですが、他にも近隣でなかなか興味深い催しなどもあって出かけます。そんななかでこの1ヶ月くらいの間の印象的な事柄を紹介してみます。



元特攻隊員の体験談に感動


  四日市の9条の会はいつもたいへん積極的な活動をしていますが、先日その「地域集会」として市北部の富田地区の会合で、特攻隊の生き残りの方の話があると聞き、40分ほど電車にゆられて参加しました。
  会場は浄土真宗のお寺で、まず住職の宗教と平和についてのありがたいお話があり、そのあとに82歳の元「神雷部隊」隊員の約1時間の体験談でした。
花菖蒲   復員以後、自分が特攻隊の生き残りであることを喋ったことがなく、今回が初めてと前置きされて、19歳での入隊以後のことを淡々と時系列で話されましたが、それは胸を打たれるものでした。「赤とんぼ」と呼ばれた練習機にはじまり、ついでゼロ戦での訓練、それもただある一点の目標をめがけての急降下ばかりの訓練。そしてついに「桜花」と称された人間爆弾に乗っての急降下の訓練の話。「桜花」は先端に火薬を満載した一人乗りの「翼のついた爆弾」のようなもので、自分では長く飛べないので大型の攻撃機にぶら下げられて敵艦隊の近くまで行き、離される。もとより余分な燃料も車輪さえもなく帰ることはできない。訓練のときだけはソリが付けてあって、それで着陸したといいます。
  そんな訓練生活のなかで出撃していった多くの先輩たちを見送り、自分も遺書も書いたあと、ぎりぎりのところで敗戦を迎えた複雑な心情が伝わってきてたまりませんでした。



元自民県議も9条の会に


  その後まもなく、私の生まれ故郷である三重南部の過疎の町「尾鷲9条の会」から、例会で何か喋れという依頼があり、「話がヘタでもいいか」と聞いたら「いい」というので、のこのこ出かけました。
アジサイ   私の話はどうでもいいのですが、印象に残ったことといえば、40人ほどと予期以上の人が集まっていたこと、そのなかには元自民党の県議や元校長先生など地域の名士が何人もいたことで、元県議氏は私に「保守の平和主義者は、そこらの革新より筋金入りじゃ」と威張っていました。
  またそのとき私が四日市の元特攻隊員の話を紹介したことから、戦争で片腕を失った元校長さんが「わしも戦争の体験談をもっとしとかにゃいかんな」と言いだし、「じゃあ次の例会で」ということになったそうです。
   尾鷲では話のついでに「東海放送人9条の会」について、特にそのホームページの充実ぶりについて大いに宣伝しておきました。



国民投票法成立下、いま地方自治体では


  国民投票法が2年前に成立して来年5月に施行されますが、すでに各自治体に国の関係予算が付けられているそうです。
  そんななかで四日市の9条の会が、催しに市の後援を要請したところ断られました。曰く「国民投票法ができた以上、市は中立」と。「中立とはおかしい。憲法99条で公務員の憲法擁護の義務が定められている」と突っ込むと、市の役人は「96条では憲法改正の手続きが定められ、いま動き出している。9条の会のアピールに<改憲のくわだてを阻む>とあるのは一方的主張だ」と十分準備されたらしき回答だったとのこと。
   これからはいよいよ「理論武装」も大事なようです。

 

やぐら「目次」に戻る









  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ