「大西文一郎氏へのインタビュータイトル」

2009年5月8日




四日市に50日間住み込んで撮る


<沖野> 四日市の公害に関心を持たれたのはいつからですか。
<大西> 1960年ごろから大気汚染によってぜんそく患者が増えていると報道されていたんですが、友人の中日新聞四日市駐在の記者から、四日市で大変なことが起こっているよ、と聞いていたんですね。 それで、取材に行くようになっていたんですが、 66年に木平卯三郎さん(76歳)、67年には大谷一彦さん(60歳)が抗議の自殺をしたんですね。
アサガオ   大谷さんは製菓業を営んでいらしたんですが、自分のお菓子を作る工場で首を吊って。 ずっと取材に入っていましたから、知らせてくれる人がいて、遺体を下ろして横たえるところにも立ち合ったんです。 大谷さんは「死ねば薬も要らなくなる」って言い残して。 一人目の木平さんも首を吊って亡くなられた。 そして、67年にぜんそく患者9人が石油コンビナート6社を相手取って提訴する。
   そのころ原告の一人で漁師の野田一之さんに言われたんですよ。 「マスコミは何か事件が起きた時だけ来る。 信用がおけない」って。
   ちょうどそのころ、熊本放送で熊本水俣病のドキュメンタリーが作られて放送されたのを見たんですね。 それで、四日市でも作らなければいけない、それには地元の人たちの信頼が絶対に必要だと思って、何日もの泊まり込みも含めて、四日市にはほとんど住み込みの形で取材を進めたんです。

<沖野> 汚染地区である磯津のうどん屋さんに50日間もですね。 取材についてコンビナートの会社側から制約はなかったんですか。
<大西> いや、工場の中は撮らなかったんです。 常に患者の側からの目線で撮っていこうと思っていましたから。 患者さんには工場の中は見えない。



透明な空気中に目に見えぬ毒


<沖野> 患者さんに密着して。
ガクアジサイ <大西> そうです。 そうすると、今まで見えなかったことが見えてくるんです。 最初によく言われたんですけど、患者さんの症状は咳が激しくないんですね。 普通のぜんそくと違うんです。 四日市の患者さんは「閉塞性気管支炎」といって、息を吸えるけれど吐けないんです。
   「ヒューヒュー」って。 海に潜っていた海女さんが海面に出てきて息を吐く時に出す音がありますね。 あの音なんです。 これが苦しい。 そして、窓を開けても目に見える汚れた空気は入ってきません。 ただ、臭うんです。 だから街を撮すのにも曇った日ではなくて、晴れ上がった日を選んで撮しました。
   つまり、一般的には大気汚染といえば、陰鬱なスモッグで曇った光景を思い浮かべるのだろうけれど、実際は違うんです。 透明な空気の中に、目には見えない毒があるんだということを、知ってもらいたかったんです。
   コンビナートについても、土地の人たちは悪い物だとは思っていなかったわけですからね。 だから、汚染地域のど真ん中にある塩浜小学校の校歌も


港のほとり  並び立つ
化学の誇る  工場は
平和を守る  日本の
希望の  希望の光です。 
塩浜っ小(こ)  塩浜っ小(こ)
僕たちは
明日の日本  築きます


  と、朝礼で歌っているわけですし、番組のために歌ってもらうのにも、何のクレームも無かった。 むしろ、国への感謝の気持ちが込められています。 



優しい半面、鋭く怖い石垣さん


<沖野> 石垣りんさんの詩を使うというのは、最初から考えにあったんですか。
オニユリ <大西> 私がどんなコメントをつけてもカメラを担当する中島洋の映像を超えられないし、説明中心の文章より、見る人の心に訴える詩の方こそインパクトがあると考えました。 そこで中島と話し合っていて、たまたま石垣さんの詩を見つけ、「この人なら」と一致してお願いすることにしたんです。
   石垣さんはすぐ了承して下さって、私たちと一緒に四日市に入りずっと行動を共にして下さったんです。 石垣さんは普段はにこにこして優しいおばさんって感じですが、私たちの要望や説明が好い加減だったりすると、鋭く突っ込んできて怖いんですよ。 取材にもずっと同行して。 だからお頼みして良かったな、としみじみ思いましたね。
   完成して試写したときには、私たちの後ろに会社の偉い人たちがみんないたんですけど、かなり厳しい詩の表現についても何も言われませんでした。

<沖野> 映画評論家の瓜生忠夫さんは、老婆の火葬にかぶせての詩、「ほんのおしるし」が強く印象に残ったようですね。


〔 のこされた白い骨(美しく)の映像にかぶせて 〕


ラベンダー

白い ちいさい骨
一生のうちに戦争も味わいました
公害も味わいました
ごちそうさまでした
これはほんのお返し
ほんのおしるし
土の上にひとかけらの白い骨



<大西> あれはカメラの中島がものすごく長尺で、小さな白い石のような骨を撮っていてくれたんですよ。 それで可能だった場面ですね。 その時だけでなく、中島がよく撮ってくれていて、部長から冗談交じりに「フィルムをたくさん使っているなぁ。 あんまり回すなよ」って言われましたけれど、そんなことは気にせず、じゃんじゃん使いました。 それが出来た時代でした。 今だったら、現地のうどん屋さんに50日も泊まり込んで撮影、取材するなんて、とてもできませんね。 

<沖野> ご自身でのいちばん印象に残っている詩は?
<大西> 若い鬼です。 


〔 ぜんそく発作に苦しむ少女と為す術もない母親 〕


母親がわが子を
自分の力でかばいきれないと知ったとき
母親が自分の手で
子供を救いきれないと知ったとき
母親は鬼になる



<沖野> この詩から、狂言回しに少年少女を使った狙いが分かりますね。 この子たちの未来を奪ってはならないという。
<大西> ええ、このあやまちを再び犯してはいけない、というメッセージです。



圧巻、岸田今日子さんの朗読


<沖野> 岸田今日子さんの朗読も良かったてすね。
釣鐘草 <大西> 最初は女性アナウンサーに読んでもらったんですが、悪いけど、どうも違うんですね。 それで岸田さんにお願いしたんです。 そしたら、収録の日に局に来るなり「台本、タクシーの中に忘れてきちゃった」って言うんです。 「えっ」ってびっくりしたら「台本なくても、みんな覚えているから大丈夫よ。 でも念のため机の上に置いておくから、貸してもらおうかな」って。 
   それで、録り始めたんですけど、すごかったですね。 アナウンサーに読んでもらったのと全然違うんです。 
  石垣さんと二人で本当に喜びました。



  1972年7月、四日市公害裁判判決。
   判決は企業の立地上の過失と同時に、国・自治体の地域開発の落ち度を指摘。 大気汚染による被害について損害賠償責任が問われた日本初の事例。 
   共同不法行為の成立を認め、連帯して賠償すべきだと命じた。 
   疫学的方法による調査のもつ有効性を確認。 コンビナート工場群として立地するにあたっては操業上の過失と並んで、立地上の過失を認めたこの判決の結果、環境アセスメントが政策課題になった。



<大西> 判決が出た段階ではもちろん番組を作ったんですが、再びこの「あやまち」を繰り返さないために、公害反対運動を取材して3本目をつくろうと考えました。 しかし、会社は「四日市はもういい」と。 それで、報道部員が全員集まって報道部長と対決したんですが、やはり駄目でした。 第2次のいわゆる「青空訴訟」で操業差し止め請求運動です。 
   この訴訟は、弁護団もかなり難しいと見ていましたし、企業の側も住民対策に力を入れ出し、自主交渉をもちかけたりしたことなどもあって、住民側の結束も次第に乱れてくる。 
   そして私自身、少し勉強してこいというかたちで営業職場に配置転換になる。 一つの区切りになってしまいました。



自分を律するために作ってきた


<沖野> 当時を振り返って、いま感じていらっしゃることは?
<大西> 1968年1月、佐世保にアメリカの原子力空母エンタープライズが入港して、市民や学生が入港反対のデモをしたのを取材に行ったんですが、警察がデモ隊に向けて放水する水に催涙ガスの液体が入っているんですよ。 私はデモ隊の側に入って取材していましたから、それが目に入るととても目なんて開けていられない。 それでレモンを二つに切ったのをポケットに入れておいて、絞ったので目を拭くと、ちょっと楽になる。 そこでは、警官隊がデモ隊を一人ずつ引き抜いて、数人の機動隊員が取り囲んで足で蹴る。 蹴るだけでなくて、ジュラルミンの盾をガッと叩きつける。
睡蓮    それをリポートして会社に帰ってきたら、報道局長が部屋にいて「大西、何だあのリポートは。 一方的なリポートをするな」って怒ってね。 私も30代で若く燃えていたから、何でこんな酷い仕打ちをするのかって。 事実を伝えたんで、それを叱られて、公正な報道って何だと思いました。 
   実は、最近読んだNHKディレクターだった川島浩和さんの『戦うドキュメンタリー テレビが再び輝くために』(NHK出版刊)という本にも書いてあって、そう思うんですが、テレビは住民の側に立って、住民のために、住民に利することをやる―― それがジャーナリズムなんだ。 そういう視点で、そういう姿勢でテレビ番組を作れば、インターネットがどれだけ増えても、テレビが危機的な状況になっても、テレビはなくならないんだ、と。
   私もドキュメンタリーを数多く作ってきましたが、ジャーナリストとして作るドキュメンタリーは自分そのものですね。 自分を映す鏡だと思います。 そうすると、ドキュメンタリーを作っている時はきついですよ。 くわえ煙草で歩くこともできない。 それぐらい自分を律しないと、ドキュメンタリーは作れない。 ある意味では自分を律するためにドキュメンタリーを作り続けてきたのかなとも思います。


―― 完 ――



  住民の側に立ち住民に利する番組作りこそ  

  東海テレビ放送は、1970年12月に放送された『あやまち…1970年夏 四日市』が第19回民間放送連盟賞銀賞を受賞して以来、1973年には『汚れなき土にまけ』がJCJ奨励賞を受賞するなど、ドキュメンタリーに優れた作品を制作してきた。
   視聴率中心、利益第一主義の経営姿勢による放送の質の低下が批判される中で、質の高いドキュメンタリー作品を制作し続けてきた東海テレビの伝統はどのようにして作られ、維持されてきたのか。 『あやまち…1970年夏』を制作された大西文一郎さんに、制作当時の状況やドキュメンタリーへの思いを聞いた。 

  ドキュメンタリー『あやまち…1970年夏』とは  

  四日市市内に住む少年、少女の眼を通して見るという形で、四日市の大気汚染公害の実態を描く。 公害患者の少女の発作に苦しむ姿、抗議の自殺者が二人も出ているのに、陳情する母親たちに冷たく対応する行政や企業の姿勢を、的確なカメラとマイクで追う。 そして、公害があの戦争と同じように、日本という国家の体制から生み出されたものであることを、石垣りんさんの詩と映像のモンタージュで描き、視聴者の心に迫る。 公害に対する怨念を越えて、この「あやまち」を見過ごすことによって、子供たちの未来を奪ってはならない、という制作者のメッセージが強く感じられた。
                        聞き手・沖野皓一



  このインタビューは日本ジャーナリスト会議東海地区連絡会議が発行している「東海ジャーナリスト」に載ったものを、大西文一郎氏および、沖野皓一氏、同紙の編集長・古木氏の了解を得て転載したものです。お礼申し上げます。
   大西氏と沖野氏は東海放送人九条の会の代表運営委員です。



やぐら「目次」に戻る









  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ