総選挙で当選した新議員の憲法改正賛成率は68%だが、

「9条は変えるな」が51%と多数  (変えろは34%)

2009.9.1   大西 五郎      



萩の花

  毎日新聞は9月1日付けの朝刊で、今回の衆議院選挙立候補時候補者の憲法問題に対する態度を探ったアンケート結果を、当選した新議員について集計し直して発表した。
   それによると、今度選ばれた議員の中では、憲法改正に賛成する者は68%だが、9条を改正することに反対は51%。自民党議員は9条改正が79%だが、民主党議員では62%が9条を変えるなといっていることが分った。



今回総選挙当選者の憲法問題に対する態度


テーマ

  

賛 成

反 対

憲法を改正することに

全  体

民主党議員

自民党議員

男性議員

女性議員

68% (84%)

60%

94%

69%

58%

18% (8%)

21%

0%

17%

26%

9条を改正することに

全  体

民主党議員

自民党議員

男性議員

女性議員

34%

  

79%

36%

19%

51%

62%

  

49%

66%

集団的自衛権の

見直しに    

全  体

37%

50%

日本の核武装

a. 将来にわたって検討すべきでない

b. 今後の国際情勢によっては検討

c. 検討を始めるべきだ

d. 核兵器を保有すべきだ

  

87%

7% (14%)

1%

0%

  

※かっこ内は05年当選者における割合




やぐら「目次」に戻る









  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ