鳩山首相衆院予算委答弁で表明

「 アメリカに言われ自衛隊派遣は対米追従 」
「 集団的自衛権についての解釈は変えない 」

2009.11.3    大西 五郎      



  新しい国会での予算委員会審議がはじまり、2日に基本的質疑が行われ、この模様をNHKが中継しました。また3日の新聞各紙も報道していました。

ピラカンサ    野党になった自民党からは「米軍普天間の移転問題で閣僚の間から異なった意見が述べられている。内閣としていつまでに、どのように解決するのか」「マニフェストを実行しようとすると多大な財源が必要になるが、それをどうするのか。マニフェストが実現しなかった場合にはどのように責任を取るのか」などの質問がなされましたが、質疑の中で新政権の自民党と違いを感じさせる質疑・応答がありました。
   自民党の町村元官房長官・外相の「これまでの日米関係は、どこが対等ではなかったのか」という質問に対して鳩山首相は「対等のパートナーというのは、問題が起きた時に意見がアメリカと違っても、日本の思いをしっかり訴えていけるような関係だ。私はアメリカがイラクに戦争を始めること自体が誤りだと思っているが、自公政権ではアメリカからBoots on the groundと強く言われるとその方向で日本の外交姿勢が変わった。そのことが『対米従属』だと思っている」と答弁しました。
   また自民党の大島幹事長から「集団的自衛権、個別自衛権の政府見解は継続するのか」と聞かれ、「(憲法が集団的自衛権の行使を禁じている)解釈を変えるつもりはない」と言明しました。
浮釣木(アプチロン)    政治的な問題ではこの他にもいくつものやりとりがありましたが、憲法9条に関連しての首相の答弁がこれまでの自公政権とは変っていたのが印象に残りました。

   なお、「アメリカのイラク戦争は間違いだ」「アメリカに言われ自衛隊を派遣したのは対米従属だ」というのは重大な発言だと思いますが、朝日、毎日、読売、中日とも記事としては採り上げず、「国会論戦の記録」欄でふれているだけでした。なお、読売新聞は「集団的自衛権解釈変えず」と一面トップで報じましたが、対米従属派兵には触れていません。そして「日独憲法どう違う」という12〜13面を使った特集記事で、「ドイツでは憲法改正がしばしば行われている。政治的要請が憲法の規定と対立した場合は憲法の条文を改正するのが普通だ」と、憲法改正論の立場から紹介していました。
   3日は憲法施行記念日であることを指摘した記事もありませんでした。新聞が憲法感覚ににぶくなっていることが気になります。



やぐら「目次」に戻る









  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ