明けましておめでとうございます

今年はさらに九条運動を発展させましょう

2010.1.1    代表運営委員 大西 五郎      



   東海放送人九条の会の会員の皆さん、ホームページを愛読してくださっている皆さんに新年のごあいさつを申しあげます。
南天の実
  昨年は憲法九条を守り、生活に生かす年として大きく発展した年でした。どの世論調査でも「憲法九条を変えるな」が多数を占めました。昨年の衆議院総選挙は多数の改憲派の議員に国会の議席を失わせ、毎日新聞の調査では「九条を改正すること」に反対の衆議院議員が51%と多数になりました。
   愛知県下でも、5月に「あんじょう九条の会」(安城市)が、11月には名古屋市天白区で「平和を愛する大坪九条の会(準備会)」が新しく結成されるなど、各地で新しい九条の会が誕生しています。
   これまで保守系といわれていた人たちが各地の九条の会の集会に参加するようになったのも昨年の特徴です。つしま、かにえ、さやの合同の講演会では津島市の商工会議所会頭や市医師会長が講演会の告知ビラに協賛の名前を載せてくださったり、講演会に津島市の総務部長、蟹江町の副町長、隣の弥富市から元弥富町長も参加しました。
   津島市、同教育委員会、蟹江町、同教育委員会がこの講演会を後援してくれました。知立市でも九条の会の3周年のつどいに市の教育委員会が後援してくれました。甚目寺町では九条の会の講演会(講師はあいち九条の会代表世話人の天野鎮雄さん)のビラをいくつかの「区」で町内会の回覧板で周知してくれました。
葉ボタン   このように九条を守る運動が発展している一方で、憲法改正の手続を規定する「国民投票法」が公布から3年経って5月には施行されます。国会では護憲勢力のがんばりで改憲案を審議する憲法審査会のメンバーもまだ決めさせていませんし、政権の中心をなす民主党も今のところ憲法改正に向けての論議を行おうとはしていませんが、今年はこの憲法審査会が動き出さないようにする運動を強めなければなりません。
   情報公開権、プライバシー権などを憲法に盛り込むべきだという「目くらまし改憲論」が一定の影響力を持っていて、世論調査で「憲法の改正が必要」が多数を占める面もあります。こうした世論には配慮しつつも、それを中心的に担っている勢力が九条改正を狙ったまやかしの論議をしかけてきていることを明らかにして、「九条を守れ」の運動をいっそう広く、誰にでも訴え、世論の輪を広げていく年にするため、お互いにがんばりましょう。



やぐら「目次」に戻る









  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ