愛知で新しい九条の会が   
      続々生まれています

2010.3.11    大西 五郎      



 九条の会は全国で日々増え続けていますが、この愛知でも次々に新しい九条の会が生まれています。  一番新しいところでは、名古屋市守山区の守山西中学校の学区の人たちが2月20日に「守西九条の会」の結成集会を開きました。 杏の花とめじろ
 守西九条の会の準備委員の人たちは、昨年の夏から学区内の八百屋さんやお風呂屋さん、理髪店などに働きかけて発起人になってもらい、発起人が30人になったところで、会を立上げました。結成集会を開くに当たっては、学区内の1万3000戸の全戸にビラを入れて、会の発足と賛同を呼びかけました。

 また、名古屋市天白区の大坪学区でも新しい九条の会の準備会が作られ、世話人会を中心に学習会などを開いています。これまでに90人の賛同者を集め、5月に結成総会を開くことにしています。

 この他、昨年は安城市でも「あんじょう9条の会」が結成され、あいち九条の会代表世話人の天野鎮雄さん(私たち東海放送人九条の会の会員でもあります)の講演を聞きました。
 結成総会には200人が参加して発足を祝いました。
 天野さんは結成総会に200人も参加したのを見て「これからは、いつでも、どこでも、憲法9条を守ろうと呼びかけていくことが大切だ」と感想を述べていたそうです。



やぐら「目次」に戻る









  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ