学習会報告

愛知の驚くべき軍事状況

佐藤隆三   


  4月12日、民主会館で行われた、愛知憲法会議主催の学習会「愛知の驚くべき軍事状況について」を聴いてきましたので、報告します。

  会場の第2会議室は10人程度で満員になる狭い部屋でしたが、主催者の期待を上回る大勢の参加者になり、急遽となりの部屋との間仕切りが外され、広い部屋になっての学習会となりました。

自衛隊のHPから、C130輸送機

自衛隊のHPから、C130輸送機

  講師は愛知県平和委員会事務局長の矢野創さんです。落ち着いた優しい語り口は聴く人を安心させます。パソコンの映像をスクリーンに映し出して説明が行われました。
   最初に、読売新聞の世論調査で憲法9条を守れという声が6割を超えたという話しがあり、また、「我自衛隊を愛す、ゆえに憲法9条まもる」や「自衛隊の国際貢献は憲法9条で」という本の広告が、自衛隊の機関誌「朝雲」に載るようになったと指摘。自衛隊のなかにも憲法9条を守れという声が拡がる土壌があり、いま、私たちが手を繋ぐ人たちの条件が大きく拡がっていると述べました。
   特にはっとしたのは、憲法9条が改悪されて一番犠牲になるのは、市民であり、自衛隊員であるという指摘でした。

  では、矢野さんの講義を出来るだけ詳しく報告します。



高蔵寺弾薬庫にはクラスター爆弾が

  はじめは愛知県の軍事基地についての説明です。

クラスター爆弾

クラスター爆弾

  小牧基地は全国で唯ひとつ、C130という輸送機が置かれている基地で、輸送部隊の中心になっています。それに附属する高蔵寺弾薬庫。ここには、1つの爆弾から200個の子爆弾を破裂させるクラスター爆弾を保管しています。クラスター爆弾はその被害がほとんど一般住民であることと、不発弾で子どもが殺傷される事件が多発しているのが特徴です。
   名古屋市守山区には陸上自衛隊の第10師団司令部があります。
   陸上自衛隊の基地はほかに、春日井、豊川に駐屯地があります。それと基地ではありませんが、名古屋港、衣浦港、蒲郡港にも、海上自衛隊の軍艦、米軍の艦船が次つぎと入港してきている実態があります。
   また、渥美半島の大山という300メートルの小山にもヘリ訓練施設をいま作ろうとしています。
   これらの基地がどんな役割を果たしているのか1つずつ見ていくことにしましょう。



イラク戦争に直結する小牧基地

  航空自衛隊小牧基地。県営名古屋空港と隣接していますが、ここでは自衛隊の訓練、三菱など軍需産業による戦闘機等の点検などが随時行われております。
   小牧基地の全国的な位置づけとしては、輸送部隊が配備され、中枢的な兵站基地としての役割があります。戦闘機などはありませんが、米軍の支援拠点基地としてはC130が全国で唯一置かれている基地であり、特筆すべき役割を果たしています。
   C130は、クウェートの空軍基地を通じてバグダッドやモスルの米軍基地に武器弾薬を輸送しています。
   2004年3月13日から今年の3月13日まで、イラクへの往復は676回を数えています。輸送した物資の総重量は591トン、延べ2900人余りを輸送しています。いまや「タクシー」というあだ名が付いているほどです。
   輸送回数の86%、輸送重量の93%が多国籍軍の物資の輸送にあてられています。その多国籍軍のほとんどが米軍であることは実態として明らかになっています。

自衛隊のHPより、KC767空中給油輸送機

KC767空中給油輸送機

  小牧基地の基地機能が海外派兵型につぎつぎと強化されてきています。まず、空中給油・輸送機KC767Jの配備です。これは、戦闘機に空で給油する「空飛ぶガソリンスタンド」で、2月と3月につづけて2機配備されました。C130という輸送機にも空中給油機能と給油を受給する機能が付加されました。スクリーンにはC130からヘリコプターへ給油しているところが映しだされていました。
   KC767というのは最新鋭の空中給油輸送機で、これまでの給油機にくらべ給油にかかる時間が非常に短縮されたと言われています。
   KC767は大量の航空燃料を積み込みます。その量は、11万リットル、大型タンクローリー5台分に相当します。KC767が墜落したら、県内の消防能力を最大限発揮しても消火・救助は難しいといわれています。
   また、飛行航続距離も非常に伸びています。C130は5トンの荷物を積んだときに、4000キロの飛行ができますが、KC767は30トンの荷物を積んで7400キロの航続が可能です。荷物を積まなければ南アフリカ共和国まで飛行することが出来ると言われています。なぜこのようなものが専守防衛の日本に必要なのでしょうか。
   イラク開戦時の03年3月から4月にかけて一番使われた航空機は戦闘機でした。2万228機使われました。その次に使われたのが空中給油機で9064機使われています。(雑誌軍事研究による)
   戦闘機というのは燃料が満タンでは飛び立てない航空機だと言われています。なぜかと言うと、満タンで飛び立つと滑車が折れ曲がってしまう。だから、いつも燃料を半分ぐらい入れて飛び立ち、空中で給油する必要があるのです。
   ところで、基地機能強化に不安を覚える地元自治体、春日井市や小牧市、豊山町では、米軍機の名古屋空港使用には反対を表明したものの、空中給油機については配備を許容するという態度をとっています。愛知県も地元自治体を尊重するということで、空中給油機を黙認しています。

   小牧基地の新しい部隊として、航空機動衛生隊が防衛省直轄部隊として新設されました。戦場における戦傷者救助を目的としています。航空機のなかで、集中治療が可能なように、必要な各種高度医療器材がユニットとして搭載されます。C130では2ユニット搭載可能です。
   また、名古屋空港の管制塔が2009年度末をめどに小牧基地内に移転するという報道もなされています。管制塔の移転で名古屋空港が「自衛隊空港化」する懸念も生まれています。



白昼、迷彩服で銃剣持って

  次は陸上自衛隊の問題です。 守山に第10師団の司令部がありますが、この守山の部隊は春日井や豊川の部隊を指揮しています。いま自衛隊の部隊は海外派兵の任務、テロやゲリラに対する即応近代化師団に再編するということが行われています。とりわけ豊川の部隊は8700人、25%の人員を動員するというということが決められています。この部隊の師団長が着任のときの発言で、「陸上自衛隊の本質は武力集団であり、その基本は野戦部隊である。」と言っています。
スズラン   愛知県平和委員会の調査によれば1年間に48回以上の訓練が基地や演習場を出て行われています。その訓練の参加者は延べ2800人。その訓練の内容は「徒歩行進訓練」と言われる行軍訓練、地形を読み取る「地図判読訓練」それから「施設偵察訓練」「山岳訓練」なども行われています。注目するのは、その訓練のときに携帯する装備です。
   以前は自衛隊が迷彩服を着て外に出るということは憚られたのですが、今は堂々と迷彩服を着る。そればかりではありません。鉄帽や背のう、小銃、銃剣、防護マスク、酷いときには、対戦車誘導弾というバズーカ砲のようなものや機関銃まで持ち歩くということが行われています。
   銃を持った自衛隊員が街中を歩く。それだけでも異様な光景ですが、訓練は子どもたちの生活の場所でも平気で行われています。スクリーンには、ライフル銃や銃剣を持った自衛隊員が子どもたちの通学路の前で寝そべって休憩を取っている。子どもたちが道の隅を怖そうに通り抜けている。そんな写真が映しだされています。
  こういう訓練の特徴的なものの1つが、岐阜県の白川町から名古屋市守山区まで1泊2日かけて歩く訓練でした。これは昨年の11月20日から21日にかけて行われました。岐阜県の白川町、八百津町、可児市、愛知県の犬山市、小牧市、春日井市、名古屋市守山区を歩き通す訓練でした。この訓練を行った部隊は35普通科連隊レンジャー部隊です。レンジャー部隊というのは歩兵隊から選抜された激しく戦闘するための部隊です。顔にも迷彩の塗料を塗って、まさに戦闘するための部隊の様相です。並んでライフル銃を持って歩いています。ライフル銃の持ち方も三点式という持ち方でベルトを肩に掛け、ライフル銃に両手を当てて持ちます。この持ち方は市街地での戦闘訓練での持ち方だと言われています。いつでも戦闘が始まれば撃つことができる態勢になっています。こういうことが白昼堂々と市街地で行われているということが特徴です。
梅の花    自衛隊はこれまで市街地での訓練をやってきませんでした。沼地や山岳訓練が中心でしたので、ブーツは厚底になっています。その厚底靴で市街地の舗装道路を歩いたため、足の皮を痛めた人が続出したと伝えられています。それだけ、自衛隊の訓練の質が変わってきていると言えます。
   こういう訓練の裏側には、日米共同訓練の常態化があります。これは米兵から自衛隊員が市街地訓練を教わっている写真です。倒れている敵兵に対して本当に死んでいるかどうか確認をする、こういう訓練です。イラク帰りの海兵隊員から自衛隊員が伝授されるということが全国どこででも行われています。
   その裏付けとして市街地戦闘訓練施設が全国各地で作られてきています。一番大きい施設には学校、デパート、それから病院、コンビニなどが模擬戦闘訓練施設として作られています。
   愛知県の部隊が訓練する施設は滋賀県の饗庭野というところにありますが、若い自衛隊員が訓練の過酷さに悲鳴をあげ、ライフル銃を持ったまま脱走するという事件が昨年起きています。



武器弾薬は軍艦の「通常搭載物」

  つぎは海の部分です。
   愛知県には海上自衛隊の基地はありません。しかし名古屋港で軍事利用が進められてきている実態があります。98年8月に米軍艦船モービルベイが名古屋港の沖合に停泊しました。それ以前には米軍艦船の入港がほとんど許されない実態がありました。
   しかし、01年8月には米軍艦船ゲアリーが23年振りに名古屋港に入港する。04年3月と06年1月にはブルーリッジが入港しています。ブルーリッジはイラクに攻撃したときの旗艦です。07年5月にはイージス艦ポールハミルトンが入港しています。このポールハミルトンはイラク戦争でもっとも弾道弾ミサイルを多く発射した艦船と言われています。これは、米軍や自衛隊が軍港だけでなく商業港も使っていこうという方針の現れです。
   これに対し、名古屋港管理組合は
     1.岸壁が空いていれば受け入れる
     2.武器弾薬は軍艦の「通常搭載物」であり危険物としては取り扱
         わない
     3.米艦船の入港は、外務省を通じているので非核三原則は守ら
         れていると見なす
   という対応をしています。
   ポールハミルトンは核搭載可能艦船です。



適齢者情報の提供を求める

  最後に自衛官募集の問題です。
   昨年11月末に愛知県が主催して、各自治体の自衛官募集事務担当者会議が小牧基地で行われました。このような会議は初めてで、しかも基地の中で行われています。自衛隊愛知地方協力本部という機関が愛知県に要請して開催が実現したものです。この会議に愛知県下63自治体のうち45自治体が参加しています。
リンゴの花    イラク戦争開戦以来、自衛隊の募集業務は非常に厳しい事態だと自衛隊自身が認めています。
   自衛官の募集業務は自治体ぐるみで行われています。
   立て看板が117ヶ所、募集を掲げた懸垂幕や横断幕が6ヶ所、電光掲示板は5ヶ所、そしてポスターの掲示は538ヶ所もあります。広報誌への掲載は8回行ったところを筆頭に97%の自治体の広報誌に募集が掲載されています。
   97%の県立高校が自衛隊員募集のポスターを貼り出し、中学生の職場体験授業として自衛隊艦船の見学が行われています。
   とりわけ深刻なのは、適齢者情報の提供を自治体に迫っているという問題です。住民基本台帳に基づき、15歳から18歳の青年の氏名、年齢、性別、住所を自衛隊に提供しろということが上記募集会議で一番強調された中味だったそうです。
   既に3自治体で適齢者情報が提供されたと言われています。また、岐阜県では半分の自治体が、三重県では93%の自治体が個人情報を自衛隊に提供しているということも明らかになっています。
   こんなことが許されていいのでしょうか。



変貌する自衛隊

  いま自衛隊では、米軍再編に伴い、陸海空の司令部一体化が進められており、自衛隊の態勢や装備が専守防衛から海外派兵型に変えられようとしてしています。
   また、陸上自衛隊のなかに中央即応集団という海外派兵専門集団が作られ、訓練の中味も都市型訓練に変わり、日米共同訓練が増加しているという特徴があります。
   新潟県の関山演習場では、「イラクの自由作戦」に参加し、主に首都バクダッドでの武装勢力掃討作戦に従事した米陸軍歩兵部隊と、陸上自衛隊普通科連隊約220人が共同戦闘訓練を行い、岡山県の日本原演習場では同じく陸自が、ファルージャ総攻撃に参加した米海兵隊第31海兵遠征部隊と共同訓練を行っています。
   これらの戦闘訓練の特徴は近接訓練と言って、10メートルとか15メートルというように本当に目の前で戦闘する訓練だということです。これはイラク戦争を想定したゲリラ戦やテロ対策訓練で、いつでも米軍と一緒に海外で活動できる軍隊が目指されています。
   海外派兵の装備としては、新型空中給油輸送機やヘリコプター空母の配備があります。
   憲法9条を解釈改憲して作られた自衛隊が専守防衛といいながら、いまこのような実態にあることを私たち国民は主権者として知っておく必要があります。



画期的な違憲の判断が

  この原稿を作っているとき、名古屋高等裁判所で画期的な判断が出されました。
  元外交官や市民ら約1100人が国にイラク派兵差し止めや慰謝料などを求めた訴訟の控訴審で、名古屋高裁は派兵差し止めと慰謝料請求の訴えを棄却しましたが、米軍兵士など多国籍軍の兵士を輸送する航空自衛隊の活動について、違憲との判断を示しました。その判決なかで、「多国籍軍の武装兵員を戦地であるバグダッドに空輸した行動について、他国の武力行使と一体化した行動であり、憲法9条に違反する」との判断を示し、「イラク特措法にも違反している」と述べています。
   これにより、政府の政策変更が迫られますが、同時に、KC767による米軍戦闘機 F15への給油も不可能になったものと思われます。
  画期的な判断です。


< 追記 >
  報道によれば、政府は2008年6月24日に閣議決定した答弁書で、イラク特措法に基づき航空自衛隊がクウェート、イラク間で実施している空輸活動について、2004年の派兵当初から2008年6月18日までに、合計723回運行し、約597.7トンの物資を輸送したことを明らかにしました。
   このうち国連への支援については、2006年9月の開始から今年3月末までに合計78回運行し、約41トンの物資を輸送したとしています。




やぐら「目次」に戻る











< 目 次 >

クリックで飛びます


・ 高蔵寺弾薬庫には
        スラスター爆弾が

・ イラク戦争に直結する小牧基地
 

・ 白昼、迷彩服で銃剣持って
 

・ 武器弾薬庫は軍艦の
          「通常搭載物」

・ 適齢者情報の提供を求める
 

・ 変貌する自衛隊
 

・ 画期的な違憲の判断
 



  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ