愛知県知事選立候補者と憲法九条

2011.01.27    代表運営委員 大西 五郎  



 愛知県知事選挙が始まっています。候補者の動静や誰が有利、不利といったこれまでの選挙報道と違って、 シナマンサク マスコミの選挙報道が候補者の政策中心の報道になっているのを好ましく思っています。
 27日の中日新聞は「(候補者が)さまざまな政治課題をどう考え、どのようなスタンスで取り組むのか。有権者が投票する候補者を選ぶ際の判断材料になるようアンケートで尋ねてみた。」として、「政治スタンスを聞く」国政編を紹介しています。
 その中から九条の会として関連する「憲法改正問題」と「沖縄の米軍基地問題」を抜き出して紹介します。



九条改正には「賛成」や「積極的検討」の回答も


 憲法九条の改正をどう考えるかでは、


大村秀章候補(無所属、減税日本・公明党県本部支持)は

「平和憲法の理念は堅持しつつ、北東アジアをめぐる国際情勢の変化に対応すべきだ。」と改正に賛成でした。


重徳和彦候補(無所属、自民党県連推薦)は

「慎重かつ丁寧な議論が必要」


御園慎一郎候補(無所属、民主、社民、国民新党推薦)は

「必要性は全く感じない」


土井敏彦候補(無所属、共産党推薦)は

「絶対反対」


薬師寺道代候補(みんなの党公認)は

「国民の広い議論を喚起し、積極的に検討していくべきだ」と改正の方向。



米軍基地の一部本土受け入れは全員が否定


 鳩山前首相が全国知事会で提起した沖縄米軍基地の(愛知県内への)一部受け入れについては


大村秀章候補(無所属、減税日本・公明党県本部支持)は

「非現実的」


重徳和彦候補(無所属、自民党県連推薦)は

「受け容れは困難」


御園慎一郎候補(無所属、民主、社民、国民新党推薦)は

「全く考えられない」


土井敏彦候補(無所属、共産党推薦)は

「戦争と武力の行使には一切協力しない」


薬師寺道代候補(みんなの党公認)は

「実際に打診があった時点で検討する」


の回答でした。


 なお、候補者回答の紹介は届出順。政党との関係は中日新聞の表記に従がいました。



やぐら「目次」に戻る









  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ