自民党が憲法改正の原案まとめる
天皇を元首に、自衛軍を保持する

2012. 2.28    代表運営委員 大西 五郎  




自民党は憲法の改正案を練っていましたが、28日の憲法改正推進本部の会議に起草委員会の原案が示されました。
マンサク  それによりますと、「わが国は、長い歴史と固有の文化を持ち、日本国民統合の象徴である天皇を戴く国家である。」と前文に明記し、天皇を「元首」とするとしています。そして国旗、国歌について「日本国の象徴として法律で定める。」とした上、国民が尊重することを義務付けています。



集団的自衛権の行使に道を開く


 第9条については、「戦争の放棄」は維持するものの、「首相を最高指揮権者とする自衛軍を保持する。」とした上、集団的自衛権の行使も念頭に、「自衛権の発動を妨げるものではない。」
としています(朝日新聞)。有事やテロ、大災害の際の緊急事態が発生した場合は、首相は閣議で「緊急事態」を宣言し、法律と同じ効力を持つ政令を制定し、「何人も国その他の公の機関の指示に従わなければならない。」と規定することにしています。
 憲法改正の発議についても、現行の衆参両院で3分の2以上の賛成を得て、国民投票にかけるとなっているのを、衆参両院で過半数の賛成で発議できることにするとしています。



    憲法を「国民が権力を縛る」ものから
               「国民を統制する」ものに


 大阪の橋下市長も「天皇の元首化」を唱えており、「維新八策」は自民党案と共通する部分がいくつかありますが、あえて今「元首」を持ち出す意味は何でしょう。共通しているのは、上に立つ者が方針を示し、国民(市民)はそれに黙って従えという国家主義の強権思想です。
 近代国家が生まれる過程で人民の権利を保障し、国家権力の行使を制限するものとして憲法が誕生したのが世界の歴史です。自民党の改正案は、憲法が国民を統制支配するためのものという旧帝国憲法時代の考え方に逆戻りするものです。
 自民党は今後この原案を基にサンフランシスコ平和条約発効から60年にあたる4月28日までに党としての憲法改正案を決定し、国会に提出するとしていますが、党内の一部に「改正原案は右傾化しすぎている」という意見も出ている(毎日新聞)ということです。



「元首」って何ですか


 ここにきて急に「元首」問題が浮かび上がってきましたが、「元首」って何でしょう。いろいろな辞典で調べてみました。


岩波・広辞苑

国家を代表する資格を持った国家機関。君主国では君主、共和国では大統領あるいは最高機関の長など。

講談社・日本大辞典

一国を代表する国家の最高機関または行政府の首長。Head of state

角川大字源

君主・天子・帝王。今では君主制、民主制を問わず、国家の代表者・最高位者。大統領・国家主席など。

三省堂・大辞林

@国家の首長 A国際法上、外部に向かって国家を代表する資格をもつ国家機関。
 君主国では君主。共和国では大統領。日本では旧憲法下の天皇。現行憲法には規定がない。

小学館・国語大辞典

@国の首長。国家の統治者。君主。天皇。 A国際法上、外部に対して一国を代表する資格を持った国家機関。君主国では君主、共和国では大統領。

新潮社・国語辞典

一国の君主。一国の統治者。国際法上、外部に対して国家を代表するもの。君主国では君主。共和国では大統領など。

平凡社・世界大百科事典

有機体としての国家の首部だとか、国家権力の全能者という元首の観念はほとんど歴史的役割を果たし終え、今日では、通例、対外的に国家を代表する地位にある国家機関をいい、条約の締結、外交使節の任免、全権委任状・信任状の発受などの外交権能を伴なう。元首を、君主のように世襲によるものとするかどうか、合議機関(例、旧ソ連邦最高会議幹部会)とするかどうか、また実質上行政の首長として国政を統轄するものとするかどうかは、それぞれの国の憲法の定めるところによる。
 明治憲法では天皇は<国ノ元首>(4条)として統治権を総攬したが、日本国憲法では天皇は主権者・統治権者としての地位から象徴の地位に変わり、対外面でも全権委任状・信任状、批准書その他の外交文書の認証、外国の大公使の接受など限られた国事行為を行うにとどまる。したがって、天皇を元首とみることは困難で、むしろ外交関係の処理や条約締結の実権をもつ内閣が元首的地位に近いといえるが、それも決定的ではない。元首条項を排除している国民主権の憲法下であえて元首を求める意義自体が問われよう。
      ――高野真澄(香川大学名誉教授・憲法専攻)


 天皇を「元首化」しようとする考えの中に、国民主権や民主主義を嫌い、「天皇の権威」を利用して自分たちの考えを国民に押し付ける政冶にしようとする意図が私には感じられてなりません。




やぐら「目次」に戻る