最近のNHK不祥事に思う

NHKの「自己検閲」体質にメスを

沖野 皓一


  「慰安婦」問題を扱った番組の改変をめぐっての裁判で、番組改変は政治家の直接介入の事実は認定できないとしながら、NHK首脳が「国会議員等の意図を忖度して、できるだけ当たり障りのないように」番組を改編したという東京高等裁判所の指摘は、NHKのほとんど体質化した「自主規制」「自己検閲」の問題に鋭いメスを入れたものだった。しかし、経営首脳はこの指摘を受け入れずに上告した。
梅の花
   この裁判の経過と判決に対して、NHKの現場からの声がほとんど聞こえて来なかったこと、また経営の上告を批判する声や行動が聞こえてこなかったことに、私は深い悲しみを感じざるを得なかった。

   かつて放送の現場にいたころ、この「自主規制」「自己検閲」を批判しながら、いつのまにか自分自身がその泥にまみれてしまっていることに気が付いて愕然としたことを思い出し、この判決が現場のジャーナリストとしての意志を支える素晴らしい武器になると思ったからだ。
   それなのに、この判決に対して上告を選んだ経営首脳の無自覚さに絶望感すら覚えた。  そして、今回を含めて一連の不祥事が、その経営首脳の無自覚さと通底していることを感じる。



現場での本音の青い議論を

  放送の現場で「ジャーナリスト」という言葉が聞かれなくなったと嘆く声を耳にする。しかし、特にここ一、二年のNHKの番組を見ている限りでは、ジャーナリズムとして優れた番組が何本も出ている。
  黙々と頑張っている人たちがたくさんいるのだと思う。しかし、一方で今回のような恥ずかしい事件が起きるのは何故なのだろうか。
咲き始めた桜
  私は現場での本音の議論が無くなっているのではないかと思う。
  振り返ってみれば、私自身ジャーナリストとしての自覚を持つようになったのは、職場の仲間との、時間が経つのを忘れた激しい議論と、先輩たちの仕事への厳しい姿勢だったと思う。
   そして、もうひとつ、取材の中で触れ合う人たちの、NHKに対する信頼と批判という一見相反する厳しい目にどう応えるか、という重い課題に常にさらされているという実感だった。

   では、NHKを根底から変えるには何をなすべきか。
  組織が変わらなければ仕方がないと逃げるのではなく、もっと本気で怒り、組織を変えようとする下からの行動を起こすことしかないと思う。
   忙しさを逃げ口上にするのではなく、一人ひとりが一生懸命にやれば良いというのでもなく、日常的に、職場で、NHKという公共放送はどうあるべきかという青い議論が大声で交わされ、個々人の問題意識が共有される職場を作ること。
  効率と保身だけを考える上司がいたら皆で逆らえば良い。組織が硬直していると思ったら組合の問題として改善を要求すれば良い。それぞれの現場が声を上げなければ何も変わりはしないのだから。

  そして今、経営委員会の不当な干渉や会長選任の不透明さを変えさせようという市民運動がかつてなく盛り上がっていることに自信を持って、それらの運動と連帯していくことを考えて良いのではないか。
   かつて、日放労は「テレビが危ない」というキャッチコピーを掲げて、放送法改悪に抵抗する市民運動を展開した歴史を持っていることを思い出して欲しい。





やぐら「目次」に戻る