学習講演会報告タイトル

2012. 4. 4    文責: 佐藤隆三




 昨日の雨は曳きずらなかったものの、寒波の襲来で花見は大丈夫かと不安な気持ちで鶴舞公園に向かいました。4月1日なのに桜は遅れています。処どころの枝で一部が咲いている程度です。でも、若い人たちは寒さにも風の強さにもめげず、ブルーシートの上で楽しそうに宴席を作っていました。
 名古屋市公会堂の3階にある小さな部屋に着きました。今日はここが会場です。
 今回の東海放送人九条の会春の学習講演会は、今までにない29名という大勢の参加で盛り上がりました。
桜の花  定刻の2時に大西五郎代表運営委員がこれまでの活動などを紹介した挨拶を行い、いよいよ「歴史の目でマスコミを検証する」が始まりました。

      ★    ★

 去年の大震災で、米軍が友だち作戦と称して自衛隊と共同訓練を兼ね、遺体の収容など辛い作業で活躍をしてくれました。年配の人の中には、兵隊を経験させれば若者がもっとシャキッとすると言う人もいます。しかし、本当にそうなんだろうかと言うところから沖野晧一講師は講義を始めました。
 アフガンの戦争やイラクの戦争で、人間性が如何に踏みにじられたかをよく伝えてくれた番組に「兵士はどのように戦わされてきたか」があります。まずその番組の一部を見ました。
 サンディエゴにある新兵訓練場。ここでは、上官命令への絶対服従が叩き込まれます。直接的な暴力を除けば、かつての日本軍と少しも違わないのではないかとさえ思いました。
 アフガンやイラクの戦場から戻った兵士は辛い戦闘場面から逃れることが出来ません。ある兵士はアルコールに溺れ、別の兵士は何度も敵兵を殺した夢を見ると云います。もう一人の兵士は金を巻き上げようと近寄ってきた人を銃で射殺しました。その兵士は「待ち伏せ攻撃を受けました。訓練で教わった手順で交戦しました」と述べています。PTSDを患い、戦場と日常生活の区別がつかなくなっていました。
 映像が終わったあと沖野さんは次のように述べました。このような番組は戦争が始まりつつあるときや戦争中には絶対に放送されません。戦争が終わった後でも、優れたドキュメンタリーなどでわずかに出てくるだけです。これは戦争の本質を探ろうとする人たちの努力の結果であって、ふつうに新聞やテレビを見ている限りでは、こういった事実は出て来ません。戦争が如何に兵士にとって過酷なものであるか、人間が人間を殺すということが如何に耐えがたいことかがこのビデオから判ると思います。
杏の花とメジロ  ではなぜ、そんな戦争に人間は簡単に巻き込まれるのでしょう。ヒットラーはどのようにしてドイツ国民を戦争に巻き込んで行ったのか、それが次のビデオです。
 沖野さんは大学で教えていたときに学生に問いかけました。ヒットラーのような宣伝がなされたときに果たして自分たちはその中に巻き込まれずいられるだろうかと。
 ヒットラーの卓越した演説。将来に希望の持てない社会。国民はヒットラーの指し示す先に新しい未来を期待したのです。同じ言葉の繰り返しが効果を生むとヒットラーは知っていました。第一次大戦後の戦後補償で経済的に困窮していた国民には、ドイツが誇るワイマール憲法も自分たちを苦しめるものにしか見えなかったのかもしれません。
 ヒットラーの演説の凄さは、民族の問題や、国家の問題を誰かがやってくれるのでなく、自分たちで変えていかなければならないという、一つひとつでは間違っていないのに、それが組み合わさったときにファシズムを生み出したところにあります。
 しかもそれがラジオで全国に放送される。会場に来ている人の興奮と鳴りやまない拍手、そして一斉にうたう歌。それが全国に流れたときにこれに抵抗するのは非常に難しい状況になった。
 では、戦争に向かう時代に日本ではどんなことが行われていたのか、新聞はどんなことを伝えていたのか。
 朝日新聞夕刊が連載「新聞と戦争」で戦時中の新聞を自ら検証している記事には、「贅沢は敵だ」など国策標語で戦争協力を進めたことや、戦地で従軍した記者を起用して演説会を行い、日本の軍隊が如何に強く、正義の味方であるかを国民の中に浸透させる役割を新聞が果たしたと記されています。
 そんな中でもジャーナリストとして戦争に反対しつづけた石橋湛山や桐生悠々、菊竹六鼓、清沢洌などが詳しく説明されました。
 沖野さんは「戦争の報道はきれいごとなんですね。テレビの画面に死体を出さないというのが報道の仕方です。しかし、戦争で実際にどんなことが起こったかを報せるのが大事だと思っています」と述べて、戦争でどんな酷いことが起こったのか、その最大のものはアウシュビッツだと言って、ユダヤ人大虐殺の映像が流されました。
 アウシュビッツを解放した連合軍の兵士が収容所に入ったとき最初に感じたのは臭いでした。毒ガスで殺されただけでなく、餓えでも殺されていた。それが戦争でした。
木蓮の花  NHKの最近のドラマで「開拓者たち」というのがあります。その中で満州移民の問題が取り上げられています。
 広田内閣が国策として満州に移民を勧めました。開拓団として27万人の日本人が満州に移住します。東北や長野の貧しい村からたくさんの人が村を挙げて参加しました。
 昭和20年4月、ソ連が一方的に参戦を宣言すると、満州の首都である新京以南を重要地域と指定し南部に立て籠もっる持久作戦を立てた。その結果、満州国北部の開拓民は国から見捨てられたのです。
 次に東電福島第1原発事故をめぐる原発利権者グループとマスコミの問題を取り上げたビデオを見ました。
 ビデオを終えて沖野さんは、次のように話しを進めました。
 お聴きになって判るようにすべて国策なんですね。その国策によって如何に素晴らしいことが日本列島全体に起こるかと云うことを政府はもちろん言うわけですけれども、それを新聞・放送などのメディアが更に煽るような形で伝えるわけです。朝日新聞の場合ですと、「プロメテウスの罠」や「原発とメディア」などでキチンと原発批判を書いていたのですが、原発は国策なんですね。そのためいつの間にか日本列島が原発列島になって行き、朝日も原発批判を弱めていった。
 国を挙げて原発を宣伝したのが大阪万博です。会場の電気は原発によって作られたものだと宣伝されました。原発が豊かな未来を築くというキャンペーンです。それを支えたのがメディアです。何時の時代も国策は私たちの生活に実にスムーズに入って来る。そして大きな影響を与えます。
ザゼンソウ  そのあと、沖野さんが福島勤務時代に体験した福島第1原発での研修が語られ、事故時には当局の指示に従って、汚染地域には入らないことを学んだ経験から、原発事故を直接取材出来ないこと、従って、大本営発表のような政府や東電発表垂れ流しの報道になることを指摘し、原発問題に批判的な立場で研究し行動してきた人たちがいっぱいいるのだから、そこを取材することで大本営発表型の報道から脱却できる可能性があったのに、そうはならなかったと指摘しました。
 では、ものごとを歴史の目でみて、未来を見通すにはどうするか。東京大学教授の高橋哲哉さんが新聞に「原発も米軍基地も『犠牲のシステム』」と書いています。
 犠牲のシステムとは「或る者の利益が他のものの生活を犠牲にして生み出され、維持される。(略)この犠牲は通常、隠されているか、共同体にとっての『尊い犠牲』として美化され、正当化されている」というものです。
 このように、全体の利益のためという美名のもとに、一部であれ少なからぬ人々に犠牲を強いるシステムは、無くしていくしかないのではないか。今日見ていただいた満州移民の問題にしても、貧しい東北或いは信州の農民たちを送り込む。ただしそれはその人たちのためではない。国家の発展のための犠牲なんですね。だから終戦間際に一番初めに切り捨てられる。その犠牲のシステムというのを見抜いて物事を見ていかなければいけないんじゃないか。
カタクリの花  日米安保条約も沖縄の米軍基地問題も、原発問題も犠牲のシステムの上に成り立っており、これ以上続けるのかという視点で犠牲のシステムから切り取ってみる必要があります。
 昔やられたことが今も同じようにやられている。国策という形をとって犠牲のシステムが作られる。国策という形をとったときに如何にマスコミ報道が弱いか。その弱さがその後の悲劇につながっていった歴史の目でマスコミをみる。沖野さんの講義を聴いて、新しい視点を得ることが出来たと感じました。

      ★    ★

 頭を使う時間は終わりました。今度は楽しむ時間です。本来は鶴舞公園の桜を楽しむ予定でしたが、今日は寒波が襲来して風が強く最高気温は11度です。講演が始まったころには突然雨も降りだしてきました。今は雨も上がっていますが、とても年寄りが公園で花見を楽しむ環境ではありません。多数決で公園は止めることにして、中央線ガード下の中華料理店に出掛けました。
 ここは安い。「お疲れさま」という仕事帰りに一杯のセットを頼み、飲み助は自腹で追加注文することにしました。私は日本酒を注文したのですが、これがコップの冷や酒でした。と言ってもコップから溢れるようなものではありません。小さめのコップにやっと7分目くらいでしょうか。もう1杯追加注文し、今日の講演を肴に2時間ほど楽しいひとときを過ごして解散となりました。




やぐら「目次」に戻る










< 目 次 >

クリックで飛びます


・ 戦争は人間性を壊す

・ ヒットラーの凄さ

・ 戦争中の報道

・ ドラマ「開拓者たち」

・ 原発事故と報道

・ 「犠牲のシステム」と国策



  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ