自衛隊が韓国軍と防衛秘密保全で協定へ
防衛秘密の適用拡大が心配される

2012. 4.23    代表運営委員 大西 五郎  




 ジーソミアという言葉聞いたことありますか。General Security of Military Information Agreement の各単語の頭文字をならべるとGSOMIAとなります。 ドウダンツツジ 軍事情報包括保護協定と訳されます。同盟関係にある二国間で軍事秘密情報を提供し合う際、第三国への漏洩を防ぐために結ぶ協定のことです。
 そういえば聞いたことがあると思った方もおられるでしょう。わが国は2007年にアメリカとの間にこの協定を結びました。この時、戦前の軍機保護法の復活になるのではないかと反対運動も起こりました。アメリカはNATO加盟国やイスラエルなど60数カ国とこの協定を結んでいます。  4月21日の朝日新聞夕刊によりますと、「韓国国防省が、日韓両国政府の正式な協定ではなく、防衛当局同士のMOUの形で結ぶ方針を固めた。金寛鎮国防相が協定締結に向けて5月中にも訪日する見通しだ。」ということです。(MOU=Memorandum of Understanding=了解覚書)
 日本と韓国の間には、日韓が互いに領有権を主張する竹島問題や従軍慰安婦問題などがあるため韓国外交通商省は慎重な姿勢でしたが、北朝鮮の長距離弾道ミサイルの発射実験などで、防衛当局が北朝鮮に関する情報などを日韓が共有する必要があるという認識から、正式協定の前にMOUをとなったようです。また、アメリカも日韓両国間のGSOMIA締結を呼びかけていました。
 アメリカが各国と結んでいるGSOMIAでは、情報の受領国は提供国の承認なしに、提供される秘密軍事情報を第三国に提供しない。受領国は提供された情報に対して、提供国と同等の保護措置をとる。提供される情報には、文書、口頭で伝達される情報、映像等あらゆるものが含まれる。契約企業とその施設も、秘密軍事情報取扱資格(セキュリティ・クリアランス)を取得しなければならない。提供国は受領国の秘密保護措置を査察するため、受領国の施設を定期的に訪問できるなどの規定があります。例えばアメリカ軍の武器などのライセンス生産や修理などを行なう企業の従業員も秘密情報取扱資格の取得が求められ、漏洩した場合にはその国の国内法で処罰することが求められています。
 アメリカ軍によるベトナムへの枯れ葉作戦がベトナムの人たちに与えた被害を明らかにしたフォトジャーナリストの中村悟郎さんは、 ドウダンツツジ GSOMIAにまつわるこんな経験をジャーナリスト会議のブログに紹介しています。中村さんの友人20人ばかりが川崎市で風景写真を撮っていたところ、突然警告灯をつけたパトカー5台と覆面パトカー数台に取り囲まれ、「誰がリーダーか」「名前、団体か云え」と言われ、警官は全員の顔写真を撮ったそうです。その場所は米軍横田基地への航空燃料供給基地の近くだったそうですが、基地にカメラを向けたのではないのに、スパイ行為を疑われたのだそうです。
 政府は秘密保全法を作ろうとしています。表向きは公務員による国家機密の漏洩を防ぐためとなっていますが、GSOMIAの中に「受領国は提供された情報に対して、提供国と同等の保護措置をとる」という条項があることを思い出してください。秘密保全法で公務員が報道機関の取材に対して情報を明かにしないようになることが予想され、取材の自由=国民の知る権利を狭めるものとして反対運動が起きています。
 軍機保護法の復活にならないように日韓防衛秘密保全協定に関心をもって、見守っていきましょう。




やぐら「目次」に戻る