「原子力の憲法」に
   安全保障条項を忍び込ませる

2012. 7. 1    代表運営委員  大西五郎




 溢れんばかりの「税と社会保障一体化」「オーム特別手配犯逮捕」報道に目を奪われている間に、 赤ハス 原子力規制委員会設置関連法案が6月20日の参議院本会議で、民主、自民、公明などの賛成多数で成立しました。原子力規制委員会は、原発の安全を監視する役割を負った原子力安全・保安院や内閣府原子力安全委員会が規制の役割を果たしてこなかったとして、それに代わって経済産業省や文部科学省から高い独立性を持った委員会として生まれたものです。
 この原子力規制委員会設置法に、国民が知らない間に(委員会でほとんど審議されずに)同法の付則で、「原子力の憲法」ともいうべき原子力基本法の基本方針が34年ぶりに変更されました。基本法の第2条に「原子力の研究や利用は平和の目的に限り、安全の確保を旨として、民主的な運営の下に行なう」と規定されていますが、この付則12条に「原子力利用の安全確保は、国民の生命、健康及び財産の保護、環境の保全並びに国の安全保障に資することを目的として行う」というとんでもない項目が付け加わり、原子力の平和利用の基本がくつがえされました。

赤ハス

 「安全保障に資する」は政府の法案にはありませんでしたが、自民党が入れるよう主張し、民主党が受け容れたそうです。自民党の塩崎恭久衆議院議員(元官房長官)は「核の技術を持っているという安全保障上の意味はある」と法改正の目的を語っています(6月21日中日新聞)。
 これに対してノーベル賞受賞者の湯川秀樹博士らが創設した「世界平和アピール七人委員会」は「実質的な軍事利用に道を開く可能性を否定できない。国益を損ない、禍根を残す」と緊急アピールを発表しました。(世界平和アピール七人委員会の声明はインターネットのhttp://worldpeace7.jpで)
 また、韓国のマスコミは「日本が法的に核武装への道を開いた」(文化日報)「事実上、核の軍事開発を可能にするのではないか」(朝鮮日報)などと一斉に日本の核武装を憂慮する記事を掲載しました



JAXA法からも「宇宙開発は平和目的に限る」を 削除


 そればかりではありません。小惑星探査機ハヤブサや気象衛星を打ち上げたり、宇宙船に日本人乗組員を派遣する仕事をしている「航空宇宙研究開発機構(JAXA)」の設置法から「研究・開発は平和目的に限る」(第4条)を削除する改正も行われました。現在は内閣情報室が運用している情報収集衛星やミサイル発射を探知する早期警戒衛星の軍事衛星の開発にJAXAが関わることを可能にしました。そして従来は文部科学省と総務省が所管官庁でしたが、事案の内容によっては防衛省が所管官庁として関わることができるようにしました。



衆議院憲法審査会が条文ごとの議論開始


 国民投票法(憲法改正の手続き法)によって衆議院と参議院に設置され、憲法改正原案の審議や発議を行なう憲法審査会は、同法成立(07年)から長い間発足できませんでしたが、昨年10月に衆参両院で委員を選出して活動を開始しました。
 このうち衆議院の審査会は5月24日から憲法の各条文について各党の委員が意見を述べ合う審議を開始しました。24日には第1章の「天皇」について各党が意見を述べ合い、同月31日の第2回では第2章の「戦争の放棄」(第9条)について議論しました。民主党の委員は意見がバラつき、改正の是非には踏み込みませんでしたが、自民党は自衛隊を「国防軍」と明記し、集団的自衛権が行使できるように憲法を改正すべきだと主張しました。公明党、日本共産党、社民党は「現行9条を堅持すべきだ」と主張しました。まだ具体的に改正の案を論議するには至っていませんが、毎週1回各章ごとに論議することになっており、論議の行方に目を離せません。



国会に初めて憲法改正案が提出された


 これに先立って4月27日には、民主・自民・公明・みんなの党などの各党議員らでつくる「衆参対等統合一院制国会実現議員連盟(衛藤征四郎代表)」が、国会を定数500人以内の一院制にするという憲法改正案を衆議院議長に提出しました。現行憲法第42条「国会は、衆議院及び参議院の両院でこれを構成する」を改正しようというものです。憲法改正案が国会に提出されたのはこれが初めてです。
 議員立法では各党の機関決定の手続きを得ることが必要とされていますが、この改正案はその手続きを踏んでいないため、横路衆議院議長は仮受けにとどめ、議院運営委員会で扱いについて協議してもらうことにしました。



日本の自衛艦が米・豪の軍艦と        
        一列に並んで標的の艦を撃沈


 2010年の7月にハワイ沖で行なわれた環太平洋合同演習(リムパック)で、各国の軍艦(日本は自衛艦と言っている)が標的となった退役した米国の強制揚陸艦「ニューオーリンズ」に向かって砲撃し、これを撃沈する訓練を行なっていたことが、先月(5月)になって分りました。
ガクアジサイ  この訓練には海上自衛隊の護衛艦「あけぼの」とイージス艦「あたご」が参加しました。訓練では、第1波の攻撃として米・豪・加(カナダ)の軍艦が標的の艦に対艦ミサイルを打ち込み、第2波で米のB52が爆撃し、最後に「あけぼの」と「あたご」の2隻と米・豪の計6隻で一列になって航行し、順次射撃を行なって標的の「ニューオーリンズ」を沈没させました。最後の攻撃では、6隻が米・日・豪の順で1列に航行し、先頭の艦から順次砲撃を行なったということで、アメリカの記録によると、米艦の砲撃と日本の自衛艦の砲撃が時間的に重なる場面もあったということです。
 これはまさしく集団的自衛権行使の訓練です。自民党が4月に発表した「新憲法改正草案」(新しい憲法改正案)では、集団的自衛権の行使を認めるべきだとしていますが、憲法を改正する前に集団的自衛権の行使を当然のこととする訓練を行っていたのです。

 このように改憲派の動きが強まっています。いまこそ「憲法9条の旗」を高く掲げ、これを堅持することを周りの人に呼びかけることが必要になっています。




やぐら「目次」に戻る